新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産フェアレディZがフルモデルチェンジ 【試乗by西川淳】 / navi

クルマニュース

日産フェアレディZがフルモデルチェンジ 【試乗by西川淳】 / navi

(2009/02/09)

これほどコストパフォーマンスが高い車は少ない

今年で生誕40周年を迎える、フェアレディZ。日本が誇る唯一の歴史あるスポーツカーだと言っていい。最新モデルは「Z34」と呼ばれ、6世代目だ。先代モデルと同様に、スカイラインクーペのメカニズムを基本的には流用しているが、ホイールベースを短くしてスポーツ性を高め、シャーシセッティングも専用開発するなど、スカイライン系とはまったく違うキャラクターのスポーツモデルに仕立てられた。もちろん、前作と同じく、2ドア2シーターモデルのみの設定となる。

ホイールベースを100mm短くした結果、ボディサイズは見るからに小さくなり、実にスポーツカーらしい雰囲気。ロングノーズ&ショートデッキというスポーツカースタイルはフェアレディZの伝統で、全体の雰囲気は初代モデルの伝説を思い出させる。走りを予感させる力感たっぷりのリアセクションがたくましい。ブーメランモーションと呼ばれる前後ライトのデザインがかなり個性的。

エンジン仕様は3.7LのV6のみ。これにグレードによって6MTもしくは7ATを組み合わせる。ベースグレードと最上級のバージョンSTには両方のミッションが、バージョンSにはマニュアルのみが、そしてバージョンTにはオートマチックのみが、それぞれ用意された。注目は6MTだ。世界初のシンクロレブコントロール付きとした。これは、シフトダウン時にエンジン回転数を適正に制御するというもので、すでにオートマチックでは実用化されていたもの。マニュアルミッションにも導入することで、プロよりもうまくて素早いシフトダウンを可能とした。MT派が少なくなった今、もう一度注目されるきっかけになりそうな装備である。7ATももちろんシンクロレブ付きで、マニュアルモードでダイレクトな変速が可能だ。

旧型で不評だったインテリアにも、今回は相当力が入っている。ドライバーを鼓舞する凝ったデザインとしただけでなく、マテリアル選びも吟味されており、なかなか見映え質感もいい。やや凝りすぎてごちゃごちゃした印象もあるが、好みの問題だろう。サポートのいいシートや、よく考えられたペダル配置、ギアチェンジの邪魔にならないアームレストなど、すべては“走り”のためにデザインされている。

まずはMTのバージョンSTに試乗した。車体の横に立つと、サイズの小ささがはっきりとわかる。従来型よりもルーフからリアにかけての傾斜がきつい。サイドウインドウも薄く、その形は初代フェアレディZを彷彿とさせる。運転席に腰を下ろすと、まずは着座位置の低さに驚かれるだろう。シートが体をぴったりと柔らかく包み込む。適度な包まれ感がいかにもスポーツカーらしい。

トルクがあるので、MTだからといってスタートに面倒はない。ゆっくりクラッチペダルをリリースすれば、するすると車は動き出す。背中の後ろで砂利を跳ね上げる音がした。後輪がすぐ後ろにあるのだ。19インチタイヤを履くだけあって、乗り心地はもちろん硬め。とはいっても、内臓に直接響くような不快さはない。タンタンタンと小気味のいい、一体感を伴った硬さで、街中をすいすいと気持ちよく抜けていく。ボディサイズが小さくなったことのメリットを肌で感じる。峠道で、本領発揮だ。

意のままのハンドリングは、必要十二分なパワーと鍛えられたシャーシ、そして短くなったホイールベースによってもたらされたもの。手ごたえも良く、かなり安心してスポーツドライブが楽しめる。フェアレディZが、格好だけでなく本当のスポーツカーになったと思った。7速オートマチックのバージョンTにも乗った。こちらは一回り小さい18インチタイヤを履いている。それだけに、乗り味はややマイルド。それでいてスポーツ性はほとんどスポイルされていないから、一般的にはこちらで十分。オートマチックの変速も、マニュアルモードを選べば相当にダイレクトで楽しめる。

今回登場した車、メーカーたち

日産フェアレディZ

手頃な価格で本格スポーツカー

ライバルの車たち

ポルシェケイマン

ミッドシップスポーツカーの完成形

ポルシェ911(旧型)

値段的なライバルとしては最有力候補

日産スカイラインクーペ

兄弟車だけど味つけの異なるエレガンス

マツダRX-8

セダンなのに本格的なクーペスタイリング

アルファロメオアルファブレラ

ラテンな乗り味とマジメな車作りの融合

アウディTT

ユニークなデザインをもつ本格スポーツクーペ

フォトコレクション

写真:安心してスポーツできる車|試乗by西川淳
安心してスポーツできる車

意のままのハンドリングは、必要十二分なパワーと鍛えられたシャーシ、そして短くなったホイールベースによってもたらされた。手ごたえも良く、安心して楽しめる

写真:特徴的なデザインはアイデンティティ|試乗by西川淳
特徴的なデザインはアイデンティティ

ホイールベースを100mm短くした結果、ボディサイズは見るからに小さくなり、実にスポーツカーらしい雰囲気。ロングノーズ&ショートデッキはフェアレディZの伝統

写真:シートの出来もグッド|試乗by西川淳
シートの出来もグッド

運転席に腰を下ろすと、まずは着座位置の低さに驚かれるだろう。シートが体をぴったりと柔らかく包み込む。適度な包まれ感がいかにもスポーツカーらしい

写真:質感も向上してプレミアム感あり|試乗by西川淳
質感も向上してプレミアム感あり

旧型で不評だったインテリアにも、今回は相当力が入っている。ドライバーを鼓舞する凝ったデザインとしただけでなく、マテリアル選びも吟味されており、なかなか見映え質感もいい

写真:文句なしのコストパフォーマンス|試乗by西川淳
文句なしのコストパフォーマンス

この値段でハイパワーリアルスポーツカーを手に入れることは難しいのだが、それを見事に実現させてきた。一度は自分のものとして乗ってみたい、憧れのスポーツカーの一台

Report / 西川 淳

クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027