新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧三菱 ギャランフォルティス スポーツバック 【ニューモデル】 / navi

クルマニュース

三菱 ギャランフォルティス スポーツバック 【ニューモデル】 / navi

(2009/02/13)

使い勝手の良さにスタイリッシュなデザインをプラス
他人とは違うライフスタイルをアピールしたい人に

PERFORMANCEエンジン種類やミッション、最新装備などを解説
ギャランフォルティスの5ドアハッチバックモデル
  • 三菱 ギャランフォルティススポーツバック エンジン|ニューモデル試乗
  • 三菱 ギャランフォルティススポーツバック シフトレバー|ニューモデル試乗
  • 三菱 ギャランフォルティススポーツバック ルーフスポイラー|ニューモデル試乗
同社のスポーティセダンであるフォルティスの5ドアモデル。ラインナップはフォルティス同様にベーシックな「ツーリング」、18インチタイヤなどを装着する「スポーツ」、そしてハイパフォーマンスな4WDスポーツモデルである「ラリーアート」の3種類。全グレードに、セダンのノーマル車種とは異なる、ラリーアートのフロントグリルを採用している。
DRIVING実際に運転してのドライビングフィールを解説
フォルティス同様、改善されたしなやかな足回りは好印象
  • 三菱 ギャランフォルティススポーツバック 走り|ニューモデル試乗
  • 三菱 ギャランフォルティススポーツバック アルミホイール|ニューモデル試乗
  • 三菱 ギャランフォルティススポーツバック 後席可倒レバー|ニューモデル試乗
フォルティスにラリーアートが追加された際、18インチタイヤを装着するスポーツの足回りはしなやかなものに改良されたという。スポーツバックは最初から、この足回りを搭載。高速走行時の乗り味は適度なしっかり感と路面からのアタリの良さをうまく両立させている。静粛性は高いほうだが、車両後方からのノイズの侵入がセダンより若干だが気になる。
SPACE室内空間の広さや演出を解説
リアシートの分割機構により使い勝手は抜群
  • 三菱 ギャランフォルティススポーツバック リアシート|ニューモデル試乗
  • 三菱 ギャランフォルティススポーツバック フロントシート|ニューモデル試乗
  • 三菱 ギャランフォルティススポーツバック ラゲージ|ニューモデル試乗
スタイリングを重視しつつ、ラゲージスペースをうまくデザインしたのがこのクルマの魅力の一つ。ラゲージはテールゲート側からワンタッチで倒すことが可能。床面の高さを簡単な操作で2段階(上下90mm)に切り替えることで高さのある荷物も積載できる。シート自体は見た目の派手さはないが、しっかりとした座り心地と十分なホールド性能をもつ点も好印象。
OWNERSHIPスタイルや品質など所有する喜びなどを検証
他人と違うライフスタイルをアピールしたい人にオススメ
  • 三菱 ギャランフォルティススポーツバック フロントスタイル|ニューモデル試乗
  • 三菱 ギャランフォルティススポーツバック エンブレム|ニューモデル試乗
  • 三菱 ギャランフォルティススポーツバック インパネ|ニューモデル試乗
欧州では確実なシェアが見込めるハッチバック車だが、実は日本でも一定量のファンが市場を支えているとのこと。スポーツバックはその使い勝手の良さにクーペを連想させるスタイリッシュなデザインをプラス。セダンではなく、あえてハッチバックを選ぶという他人とは違うライフスタイルをアピールしたい人にはいい選択肢。大胆なボディカラーも魅力的だ。
SPECIFICATIONS
グレード SPORT
駆動方式 FF
トランスミッション CVT
全長×全幅×全高(mm) 4585×1760×1515
ホイールベース(mm) 2635
車両重量(kg) 1410
乗車定員 5人
エンジン種類 直4DOHC
総排気量(cc) 1998
最高出力 113kW(154ps)/6000rpm
最大トルク 198N・m(20.2kg-m)/4250rpm
車両本体価格 216.3万円
RATING走行性能だけでは車は語れない。そこで快適装備の充実度や安全性の高さ、環境性能、燃費、バリューの5つのポイントで評価する
EQUIPMENT(装備)

カーナビこそオプションだが、セダン同様、装備の充実度が実はこのクルマの大きな魅力。スポーツの場合、18インチアルミホイール、クルーズコントロール、パドルシフトなども標準装備する。

SAFETY(安全性)

星は2つだが、ASC(横滑り防止装置)は4WD車なら標準装備。FF車でもメーカーオプション設定できる。スポーツの場合これを選択すれば、AFSやHIDなどの装備は標準なので一気にポイントが上がる。

ECO(環境性能)

平成17年基準排出ガスは75%低減レベルと星4つを獲得。ラリーアートは50%で星3つとなる。燃料消費に関しては全グレード、平成22年度燃費基準を達成。環境面でのもうひと頑張りを期待したい。

MILEAGE(燃費)

10・15モード燃費はFF車で13.4km/L、4WD車の場合は13.0km/L(ラリーアートは10.2km/L)と、このクラスでは標準的なレベル。レギュラー仕様(ラリーアート除く)というのもありがたい。

VALUE(バリュー)

前述したようにフォルティスは装備の充実が魅力。特にスポーツのFFは216万3000円でスポーティな走りを楽しむためのプラスαの装備が標準装備。コストパフォーマンスは抜群に高い。

総合評価
13
RATING 総合評価|ニューモデル試乗
写真:尾形和美、篠原晃一 文:高山正寛
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027