新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧8代目ホンダアコードが登場 【試乗by西川淳】 / navi

クルマニュース

8代目ホンダアコードが登場 【試乗by西川淳】 / navi

(2009/02/17)

国産ミドルクラスサルーン/ワゴンは難問を抱えている

万事そつなく仕上げられたセダン&ワゴン、なんてフレーズが決して褒め言葉にならず販売にも結びつかないのが、今の日本市場なんだよなあ。新型アコードに乗って真っ先に感じたのは、そういうことでした。悪くないと思いますよ。ことによっちゃ、インスパイアより完成度は高いかもしれない。

ディテールデザインの好き嫌いはともかく、パフォーマンスもユーティリティも、ほとんど問題なく仕立てられています。2.4L一本に絞ったエンジンは不満のない仕事をしてくれるし、ハンドリング関係は硬めの欧州車フィール好きには支持されるものだろうし、直進安定性だって満足できる。特にワゴンのツアラーなんかは、プロポーションがヨーロッパ車風で、その走りのキャラと見合ってますしね。

でも! ボクなら何の迷いもなくオデッセイを選ぶと思うのです。セダンが好き、ミニバンが嫌い、という生理的なものをもはや超えて、オデッセイのほうが乗る買う楽しむ価値がある。ホンダのミドルクラスサルーンに、われわれが求めたいものとは何か? 以前ならハイパフォーマンスもその一つでしたが、それすらも淘汰されました。今、ここに至って、ホンダのアコードという車に、マーケットが望むことも、メーカーが提供したいことも、いずれも訳がわからなくなっている。そういうことなんだと思います。だから、いい車だけど欲しくない。

アコードだけじゃありません。ミドルクラス以上の国産サルーンは、クラウンという歴史と伝統のあるブランド物以外、マーケットイン・プロダクトアウトの両面で、確たる主張や存在理由を失っているのだと思われます。セダンが不必要というわけじゃないことは、クラウンのみならず欧州プレミアムブランドのサルーンたちが堅実に売れ続けていることからもわかりますから。

とまあ、日本におけるミドルクラスサルーン論はなかなか結論の見えない難題ではありますが、それとはウラハラに、世界中で売らなきゃいけないモデルであって日本向けは単なるお裾分けにすぎないと割り切ってしまうことも可能です。そういう観点から、客観的に評価をすると、以下のようになると思います。

実用車としてのアコード&アコードツアラーは、マーケットが巨大なだけあって、非常によく練られた車です。まずはサイズアップによる居住性の向上を挙げましょう。ドライバーズシートに座れば、細められたAピラーと相まって、はっきりと空間の広がりを感じます。左右のカップルディスタンスやショルダースペース、後席のニースペースに至るまで、きっちり進化させてきました。エアコンバルブの付いたカップホルダーや各種収納スペースなど、細かな配慮も行き届いています。

旧型では積載能力を第一に考えてワゴン専用のホイールベース&シャーシを採用していましたが、その名もツアラーと変えた8代目では、セダンと共用になりました。このクラスのユーザーは積載能力よりもサルーンと同じ走りを重用視する、とはホンダの言い分。

なるほど、ユーザーの多いヨーロッパのミドルクラスワゴンはほとんどサルーンと共用で、積載容量もセダンよりたくさん積めればそれでOKのような感じ、ではあります。けれども実際には、それでは飽き足らぬヘビーワゴンユーザーも多くいらっしゃるはずで、たくさん積めてセダン級に走ればそれはそれでほかにはないホンダのアコードの魅力になったはず、と思ったりもするのですが…。

もっとも、荷室の使い勝手は上々です。横幅もたっぷりとあって、フラット。小物用サイドポケットやフロア下収納、カーゴネット、ステンレス製ステップ、タイダウンフックなど、小ワザも利いています。欧州車では常識のロール式トノカバーも装備されました。また、欧州車でもプレミアムブランドにしか設定されていない、パワーテールゲートも嬉しい装備(iLに標準)。運転席からだけでなく、スマートキーやキーレスエントリーからもリモコン自動開閉できます。

最新の電子制御装備も、欧州車のそれに比べれば相当にハイレベルです。VSA協調型操舵力アシスト制御(モーションアダプティブEPS)などは、安全でレベルの高い走りを同時に実現する、実にホンダらしいシステム。その他、アダプティブ・クルーズ・コントロールやレーンキープ・アシストシステムなど、現代のスマートドライブにマッチする装備も盛りだくさん。こういった装備の数々は、グローバル市場において、設定のあるなしにかかわらず、ニッポンのホンダ、ホンダのアコード、にさらなる高い評価を与えることでしょう。

今回登場した車、メーカーたち

ホンダアコード

かつての人気ぶりをどうやって復活させるのか注目

ライバルの車たち

VWパサート

ヨーロッパで直接比較されそうなライバル

プジョー407

フランスのエスプリを感じさせてくれる

日産ティアナ

ステーションワゴンは設定されていないがセダンはライバル

トヨタアベンシス

日本での販売が終了してしまった欧州テイストのトヨタ車

マツダアテンザ

ヨーロッパで思いのほか受け入れられている名車

シトロエンC5

独特な個性をたっぷり詰め込んだマジメな車

フォトコレクション

写真:車としての出来は文句なし|試乗by西川淳
車としての出来は文句なし

万事そつなく仕上げられたセダン&ワゴン。性能、使い勝手に文句なし。ハンドリング関係は硬めの欧州車フィール好きには支持されるものだろうし、直進安定性だって満足できる

写真:世界戦略車らしい万人ウケ狙い|試乗by西川淳
世界戦略車らしい万人ウケ狙い

実用車としてのアコード&アコードツアラーは、マーケットが巨大なだけあって、非常によく練られた車です。まずはサイズアップによる居住性の向上を挙げましょう

写真:ヨーロッパでは意外にウケるかも|試乗by西川淳
ヨーロッパでは意外にウケるかも

旧型では積載能力を第一に考えてステーションワゴン専用のホイールベース&シャーシを採用していたが、その名も「ツアラー」と変えた8代目では、セダンと共用している

写真:上質感と近未来感の融合|試乗by西川淳
上質感と近未来感の融合

なんとなく近未来的なデザインでまとめられたコックピット。質感も悪くなく、VWパサートあたりがライバルになることが想像できる。日本、そして世界市場でどうウケるのか?

写真:すべてがサイズアップしている|試乗by西川淳
すべてがサイズアップしている

左右のカップルディスタンスやショルダースペース、後席のニースペースなどは拡大。エアコンバルブの付いたカップホルダーや各種収納スペースなど、細かな配慮も行き届いている

Report / 西川 淳

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる(2020/05/30)
【試乗】新型 アルピーヌ A110S │腕自慢に乗ってほしい! 本場アルプスで鍛えられた、超ストイックなリアルスポーツカー(2020/05/22)
【試乗】新型 BMW X7|500km以上の道のりでも駆けぬける歓びが絶えず湧き上がるラグジュアリーSUV(2020/05/18)
【試乗】ポルシェ パナメーラスポーツツーリスモ GTS│ワゴンながらその名に恥じない運動性能の高さがたまらない(2020/05/14)
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
3
keep
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
4
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる(2020/05/30)
6
keep
【試乗】新型トヨタ グランエース│後席が快適なことはもちろんドライバーにも気を利かせたモデル(2020/04/12)
7
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
8
down
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
up
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)
10
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027