新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 セレナ ハイルーフ キッズバージョン 【プレイバック試乗記】 / navi

クルマニュース

日産 セレナ ハイルーフ キッズバージョン 【プレイバック試乗記】 / navi

(2009/02/18)

※この記事はカーセンサー関東版32号(2000年8月31日発売)に掲載されていたものをWEB用に再構成したものです

走りは変わらず、子供とクルマの関係を考えた装備が充実

  • 日産 セレナ ハイルーフ キッズバージョン 走り|ニューモデル試乗
  • 日産 セレナ ハイルーフ キッズバージョン リアスタイル|ニューモデル試乗
↑SR20DEエンジンとCVTの組み合わせで、ミニバン系モデルの中では気持ちよい走りが味わえる(左)ボディサイドのストライプやネーミングのステッカーがベース車との相違点(右)
日産のミニバン系モデル5車種にキッズバージョンと呼ぶモデルが追加された。これはオーテックジャパンがプロデュースしたもので、名前が示す通り小さい子供がいる家族に使いやすいような工夫を凝らしたモデルだ。今回はセレナのキッズバージョンに試乗した。

キッズバージョン仕様は、ストライプやステッカーなどの外観のほか、主に内装部分に用意されている。特に好感がもてるのが汚れを簡単に拭き取ることのできる専用シート地。子供に布地のシートを汚された経験をもつ人にはありがたい仕様だ。このほか、ピュアトロンやISO-FIX対応のチャイルドシートアンカーなど、子供とクルマとの関係を考えた装備となっている。

価格はベース車に対して13万円高だが、子供のいるユーザーなら、間違いなくこちらを選んだほうがベター。

吹け上がりのよいエンジンとCVTの組み合わせで走りも良好

  • 日産 セレナ ハイルーフ キッズバージョン インパネ|ニューモデル試乗
  • 日産 セレナ ハイルーフ キッズバージョン シート|ニューモデル試乗
↑カーナビのパネルは見やすい位置にあるが、スイッチの操作性はイマイチ(左)このシート地がキッズバージョンならではのもの。汚れを簡単に拭き取れるのだ(右)
ベースモデルは追加されたハイルーフのJ-Vパック。J-Vパックは従来から売れ筋になっていたグレードで、2LのガソリンエンジンとハイパーCVTの組み合わせが設定されている。追加されたハイルーフは標準ルーフより室内高が105mm高くなり、ラゲージの開口部も120mm高くなっている。

走りの機能については特に変わったところはなく、スムーズな吹け上がりのSR20DEエンジンと滑らかな変速フィールのCVTの組み合わせは相変わらず上々のもの。ミニバン系のモデルの中でも気持ちのよい走りが味わえるモデルだ。強いて難点を挙げるならハンドリングにもう少し確かさが欲しい感じもあるが、ミニバンはもとよりワインディングを楽しむようなクルマではないので問題はないだろう。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード ハイルーフ キッズバージョン
駆動方式 4WD
トランスミッション CVT
全長×全幅×全高(mm) 4520×1695×1940
ホイールベース(mm) 2695
車両重量(kg) 1660
乗車定員(人) 8
エンジン種類 直4DOHC
総排気量(cc) 1998
最高出力[ps/rpm] 145ps/6000rpm
最大トルク[kg-m/rpm] 19.0kg-m/4800rpm
10・15モード燃費(km/L)
ガソリン種類/容量(L) 無鉛レギュラー/60
車両本体価格 246.9万円
松下 宏の責任採点
コンセプト 5点 取り回し 3点 加速性能 4点 ブレーキ性能 4点
フィニッシュ 4点 操作系の使い勝手 3点 乗り心地 4点 環境対策 4点
前席居住性 5点 ラゲージルーム 4点 操縦安定性 3点 燃費 3点
後席居住性 5点 パワー感 4点 高速安定性 3点 ステータス 4点
内装の質感 4点 トルク感 4点 しっかり感 4点 コストパフォーマンス 3点
得点合計 77/100
(Tester/松下 宏 Photo/渡邉 英昭)
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手(2020/03/30)
【試乗】日産 フェアレディZ/GT-R/ノート e-POWER│思わずギリギリまで攻めたくなった! 低・中速域のコントロール性を雪上コースでテスト(2020/03/28)
【試乗】日産 NV350キャラバン/スカイライン│雪上でクルクル定常円旋回! 全く異なる2台を、ドリフト状態に持ち込みテスト(2020/03/25)
【試乗】日産 スカイライン400R/リーフe+/デイズ│雪上でのフルブレーキ&スラローム走行でわかった! モデルごとの車両制御性能の良しあし(2020/03/24)
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)

関連ニュース

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)
4
keep
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手(2020/03/30)
7
up
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
8
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
9
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027