新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧シトロエンC5 3.0エクスクルーシブ 【ちょい乗り試乗】 / navi

クルマニュース

シトロエンC5 3.0エクスクルーシブ 【ちょい乗り試乗】 / navi

(2009/02/18)

輸入車の大試乗会に参加してきました。普段あまりお伝えすることのなかった車にも乗れたので、その中から今回はフランスのミドルクラスセダンであるシトロエンC5 3.0エクスクルーシブをご紹介したいと思います。もちろん、旧型との比較を意識して試乗しました。

昨年末の2008―2009 日本カー・オブ・ザ・イヤーでインポート・カー・オブ・ザ・イヤー賞に輝いた同車。ハイドラクティブIIIプラスという独創的な足回りをもっています。
プレスリリースにはM・ベンツCクラス、BMW3シリーズと競合するとありますが、サイズはこれらの車より大きめ。とはいえM・ベンツEクラスよりは小さいボディです。

シトロエンC5 3.0エクスクルーシブ(新車価格:479万円)

  • シトロエンC5 フロント|ちょい乗り試乗
  • シトロエンC5 リア|ちょい乗り試乗
  • シトロエンC5 インパネ|ちょい乗り試乗
同車のハイドラクティブIIIプラスとは、スプリングとダンパーによるサスペンションの代わりに窒素ガスとオイルを使って独特の乗り心地を提供するもの。普段はソフトだけれど、高速道路などでは引きしまった乗り心地となります。
旧型の足回りは一世代前となるハイドラクティブIII。乗り心地的にはほとんど変わりません。旧型も現行型も、特に高速道路で他メーカーの車では決して味わえない乗り心地を提供してくれます。
もっとも、同車の先々代にあたるエグザンティアに乗っていた私としては、エグザンティアのほうがさらに“魔法の絨毯”っぽかったなと思います。いい意味でも悪い意味でも、ふわふわ。それに比べて旧型&現行型は、ドイツ車などからの乗り替えに違和感のない乗り味です。

下のグレードとなる2.0はいまだに4ATなのが残念ですが、3.0エクスクルーシブは6ATを搭載します。M・ベンツCクラスより大きなボディですが、加速はこれで十分力強いと思えるものです。またインテリアの質感やデザインは旧型C5よりかなり高級感のあるもので、“いい車を買った感”が強いのも、現行型のいいところ。

装備も凝っていて、ステアリングにはクルーズコントロール機能が左側に、オーディオの操作系が右側にあります。それらのスイッチのあるハンドルのセンター部分は、ハンドルを切ってもそこだけ固定されたままとなります。
運転席は背もたれ部分を上下段の二つに分けて調整することも可能で、しかも電動です。
3.0エクスクルーシブには運転席の腰の辺りにマッサージ機能が標準装備されています。実際試してみたのですが、ひなびた温泉施設にあるマッサージ機よりもいい感じでした。

旧型と比べてどうか?


乗り心地は旧型もややドイツ車風味。とはいえエクステリア&インテリア、サイズは新旧でずいぶんと異なり、とても同じ車名だとは思えないほどです。
旧型なら、50万円以下で十分見つけられますが、3Lモデルは100万円近くからと、少々高め。シトロエンマニアは、新型のドイツ車風というか、万人ウケする新型のエクステリアが気に入らないようですが、私はマニアまでいかないので、新型をオススメします。

<カーセンサーnetデスク・ぴえいる>
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
7
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
8
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027