新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧新型ルノートゥインゴ久しぶりに上陸 【試乗by西川淳】 / navi

クルマニュース

新型ルノートゥインゴ久しぶりに上陸 【試乗by西川淳】 / navi

(2009/02/23)

先代ルーテシアベースのシャーシで走りが進化

「ルノートゥインゴ」と聞いて、一部のフランス車ファンはとても懐かしく思うに違いない。1993年に登場した初代モデルは、そのユニークな胴長スタイルと機能性の高さで14年もの間モデルチェンジを受けずに作り続けられた“名作”。日本でも1995年から2002年にかけて約5000台を販売した。

新型トゥインゴは、そんな偉大な初代に遠慮することなく、時代に合ったオールブランニューモデルとして刷新されての登場となった。それゆえスタイルはごく真っ当な3ドアハッチバックタイプとし、初代に比べて広い室内スペースを確保したのが最大の違いだ。とはいえ一見してユニークな存在感を見せるのは、ディテールの作り込みにこだわったため。

日本仕様として導入されるのは、「トゥインゴ」と「トゥインゴGT」の2モデル。前者には1.2L直4SOHC16バルブ75psエンジンとクイックシフト5(セミAT)が、後者には同ターボ100psエンジンと5MTが、それぞれ搭載されている。当然ながらGTを名乗るターボモデルのほうが見た目にもスポーティだ。リアスポイラーや15インチアルミ(ノーマルは14インチホイールカバー)、シルバー塗装ミラー、クロームカッターマフラー、ボディ同色サイドモールなどが与えられている。電動スライディングルーフや横滑り防止システムESPもGTにのみ標準だ。

外観では少し雰囲気の異なる両グレードも、インテリアではほとんど見分けがつかない。シフトノブが当然違うほかは、GTにはオートエアコンが装備されている点が違う程度で、その他はほぼ同じ。ダッシュボードはとてもシンプルな構成で、ほどよくデザイン性もあり、このあたりはさすがに巧いと思う。質感はそれほど高くないが、それをデザインで救っているのだ。

試乗したのはGT。先代ルノールーテシアで使用したシャーシをベースに開発されたというだけあって、その走りは完全に1クラス上のもの。専用チューニングの電動ステアリングはがっちり感とリニア感を両立させていて、前輪はその動きに正確に反応してくれる。特に、コーナリング途中の粘り気のある安定感は絶品。そのあたりを一回りしただけで、誰もが“いいクルマだ”と賞賛の声を上げるはずだ。

硬いブッシュを採用するなど、それなりにアシを固めているはずも、乗り心地だって悪くない。たしかに硬めだが、ごつごつした印象はなく、素直な動きと相まって走れば走るほどに気持ちよくなってゆく。このあたりのチューニングは欧州車、しかもフランスやイタリアのブランドにしかできない技(ワザ)というべきだろう。ルノーは、小さい車を作らせると、本当に天下一品である。ターボエンジンとはいえ、最大トルクの97%をわずか2000回転で発生させるから、取り扱いはラク。4500回転を超えたあたりからターボのオーバーブーストが利きだし、さらに気持ちのよい加速をもたらした。

今回登場した車、メーカーたち

ルノートゥインゴ

かつての人気ぶりをどうやって復活させるのか注目

ライバルの車たち

フィアット500

愛くるしいデザインで新たなブームの兆し

プジョー207

コンパクトでも相当ワイルドなルックス

シトロエンC3

唯我独尊が得意なシトロエンならではのコンパクト

ボルボC30

コンセプトカーがそのまま市販化されたような雰囲気

フィアットパンダ

コンパクトカーでもユーティリティに優れたモデル

ミニ

BMW傘下で復活しキープコンセプトで進化している

フォトコレクション

写真:タイヤは四隅で踏ん張っている|試乗by西川淳
タイヤは四隅で踏ん張っている

大きなヘッドライトやスポーティなエアロバンパー、ぐんと張り出した4つのフェンダーに引き締まったリアセクションなど、小さい車であふれ返る日本の街中でもひときわ目立つ

写真:シャーシは先代ルーテシアがベース|試乗by西川淳
シャーシは先代ルーテシアがベース

先代ルノールーテシアで使用したシャシーをベースに開発されたというだけあって、その走りは完全に1クラス上のもの。専用チューニングの電動ステアリングはがっちり感とリニア感を両立

写真:質感の乏しさはデザインでカバー|試乗by西川淳
質感の乏しさはデザインでカバー

ダッシュボードはとてもシンプルな構成で、ほどよくデザイン性もあり、このあたりはさすがに巧いと思う。質感はそれほど高くないが、それをデザインで救っている

写真:乗り心地は硬めだが素直|試乗by西川淳
乗り心地は硬めだが素直

たしかに硬めだが、ごつごつした印象はなく、素直な動きと相まって走れば走るほどに気持ちよくなってゆく。フランスやイタリアのブランドにしかできない技(ワザ)というべきだろう

写真:リアシートはスライド機構付き|試乗by西川淳
リアシートはスライド機構付き

リアシートもたっぷりの座面が用意されていて、ちゃんと座れる。アクセスの良さもコンパクトカー作りの巧さが表れている。まぁ、ヨーロッパでは1人か2人でしか乗らないだろうけど

Report /西川 淳

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデスAMG GT 4ドアクーペ│スポーツカーのパフォーマンスと快適な移動空間を共存させた走り(2019/10/15)
【試乗】新型 アウディ RS4アバント│単なる移動時間を、最高のひとときへと変えてくれるモデルだ(2019/10/14)
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
【試乗】新型 シトロエン C3エアクロスSUV/C5エアクロスSUV│守り抜く哲学を体現する車(2019/10/06)
【新型】BMW Z4|BMWのオープンスポーツが約2年ぶりに復活(2019/09/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027