新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧アルファ ロメオ アルファ156スポーツワゴン 【プレイバック試乗記】 / navi

クルマニュース

アルファ ロメオ アルファ156スポーツワゴン 【プレイバック試乗記】 / navi

(2009/03/02)

※この記事はカーセンサー関東版33号(2000年9月7日発売)に掲載されていたものをWEB用に再構成したものです

称賛に値する観賞に堪えうるスタイリッシュな外観が魅力

  • アルファ ロメオ アルファ156スポーツワゴン 走り|ニューモデル試乗
  • アルファ ロメオ アルファ156スポーツワゴン リアスタイル|ニューモデル試乗
↑重量増により前後重量バランスが是正され、ワインディングでの挙動がより穏やかな印象に(左)外観にこだわり、あえてリアゲートのハンドルはない。リモコンで開ける仕組み(右)
とにかくスタイリッシュ!アルファ156スポーツワゴンの一番の魅力はこれである。ワゴンでありながら、これだけ観賞に堪える外観に仕上げた点は、称賛に値する。全長×全幅×全高はセダンとは1mmたりとも変更なく、それゆえ斜めリアから眺めると、キュン!と引き締まったオシリがキュート。

リアドアのハンドルをCピラーに“カモフラージュ”する手法はセダンと同じ。できればルーフレールなしのスタイルを選べば、なおGOODだ。また、セダンにはないボディ色も用意されている。

インパネは基本的にセダンと共通。前席に座っていれば、振り返らないかぎりワゴンとはわからない。後席はルーフが長く、シートがわずかにセダンより低いため十分な広さ。ラゲージ下の遮音材や、リアドアのシールなどが追加されていて、静粛性も高い。

アルファらしい爽快な走りをスタイリッシュなワゴンで楽しむ

  • アルファ ロメオ アルファ156スポーツワゴン インパネ|ニューモデル試乗
  • アルファ ロメオ アルファ156スポーツワゴン ラゲージ|ニューモデル試乗
↑基本的にセダンと共通。標準装備のCDデッキは、操作性の点でイマイチ(左)実際の容量はそれほど広大ではないが、2人分の小旅行程度ならこれでも十分(右)
走りは、セダン同様、高回転キープの積極的な走りなら2L直4ツインスパークのセレスピード、もっとジェントルにというなら2.5L V6のQ-システムだ。日本仕様のQ-システムは、156に対しプラス80kgで、これはすべてリア側の車重アップ分。が、この重量増がネガティブには働いてはおらず、むしろセダンより前後重量バランスが是正され、ワインディングでの挙動もより穏やかな印象となった。

一方でシーケンシャルミッションのセレスピードは、セダン同様、ストップ&ゴーを繰り返すような場面でのギクシャク感がでるのは事実。しかし、走り出してしまえば、アルファ ロメオらしい爽快なドライブが楽しめる。 リゾートホテルの駐車場に乗りつけられるスタイリッシュなワゴンである。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード 2.5V6 Q-システム
駆動方式 2WD
トランスミッション 4AT
全長×全幅×全高(mm) 4430×1755×1415
ホイールベース(mm) 2595
車両重量(kg) 1470
乗車定員(人) 5
エンジン種類 V6DOHC
総排気量(cc) 2492
最高出力[ps/rpm] 190ps/6300rpm
最大トルク[kg-m/rpm] 22.6kg-m/5000rpm
10・15モード燃費(km/L)
ガソリン種類/容量(L) 無鉛プレミアム/63
車両本体価格 429.5万円
島崎七生人の責任採点
コンセプト 5点 取り回し 3点 加速性能 5点 ブレーキ性能 4点
フィニッシュ 4点 操作系の使い勝手 5点 乗り心地 4点 環境対策 3点
前席居住性 4点 ラゲージルーム 3点 操縦安定性 5点 燃費 3点
後席居住性 4点 パワー感 5点 高速安定性 5点 ステータス 5点
内装の質感 4点 トルク感 5点 しっかり感 5点 コストパフォーマンス 5点
得点合計 86/100
(Tester/島崎 七生人 Photo/桜井 健雄)
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027