新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧マツダ ロードスター 【マイナーチェンジ】 / navi

クルマニュース

マツダ ロードスター 【マイナーチェンジ】 / navi

(2009/03/11)

中身の濃いマイナーチェンジを実施
今こそ若年層に乗ってほしい一台

PERFORMANCEエンジン種類やミッション、最新装備などを解説
内外装ほか、走りを磨いた中身の濃いマイナーチェンジ
  • マツダ ロードスター エンジン|ニューモデル試乗
  • マツダ ロードスター シフトレバー|ニューモデル試乗
  • マツダ ロードスター BOSEサウンドシステム|ニューモデル試乗
今回のマイナーチェンジは最近のマツダのデザインモチーフを取り込みながら、内外装を変更。グレードは若干整理され、RS&RS RHTが6MT、競技用のベース車両となるNR-AとSが5MT。もっとも上質なVS RHTとS RHTには電子制御6ATを採用する。
エンジンは2L DOHCを継続採用するが、MT車はレブリミットを7500rpmにすることで高回転域の伸び感を向上させているという。
DRIVING実際に運転してのドライビングフィールを解説
切れ味を増したハンドリング。一方乗り心地は大幅に向上
  • マツダ ロードスター 走り|ニューモデル試乗
  • マツダ ロードスター アルミホイール|ニューモデル試乗
  • マツダ ロードスター メーター|ニューモデル試乗
走り出してすぐ、ステアリングを切った際の自然なロール感に「これは進化したな」と感じ取ることができる。さらに特筆すべきはその乗り心地と6MTのフィーリングだ。
17インチを履くRSでも路面からの入力を軽くいなし、突き上げはかなり緩和されている。また6MTは改良され軽い操舵力でスパッと小気味よく入る。これが気持ちのいい走りにプラスに働くのだ。
SPACE室内空間の広さや演出を解説
スポーツカーに求められる機能性と細部の質感を向上
  • マツダ ロードスター インパネ|ニューモデル試乗
  • マツダ ロードスター フロントシート|ニューモデル試乗
  • マツダ ロードスター スカッフプレート|ニューモデル試乗
まず目を引くのがインパネの装飾パネルがピアノブラックからダークシルバーに変更されたこと。好みはあるが、空調ダイヤルにシルバー装飾のリングを追加することでトータルコーディネイトはうまくいっている。
また、スポーツカーの命とも言えるメーターは従来からの5連タイプのフォントなどのデザインを変更。視認性はもちろんだが質感が向上している。
OWNERSHIPスタイルや品質など所有する喜びなどを検証
車好きはもちろんだが、今こそ若年層に乗ってほしい
  • マツダ ロードスター フロントスタイル|ニューモデル試乗
  • マツダ ロードスター リアスタイル|ニューモデル試乗
  • マツダ ロードスター ハイマウントストップランプ|ニューモデル試乗
マツダの車、特にマイナーチェンジではかなり大幅な手が加えられることが多い。そのこだわりと本物の作り込みには拍手を送るが、この車を買う人はやはり少し年配の車好きの層だろう。
そういう人にはこの良さがすぐに伝わるだろうが、やはり若年層にこそ、この車のハンドルを握ってもらい車本来の楽しさを味わってもらいたい。
SPECIFICATIONS
グレード RS
駆動方式 FR
トランスミッション 6MT
全長×全幅×全高(mm) 4020×1720×1245
ホイールベース(mm) 2330
車両重量(kg) 1120
乗車定員 2人
エンジン種類 直4DOHC
総排気量(cc) 1998
最高出力 125kW(170ps)/7000rpm
最大トルク 189N・m(19.3kg-m)/5000rpm
車両本体価格 260.0万円
RATING走行性能だけでは車は語れない。そこで快適装備の充実度や安全性の高さ、環境性能、燃費、バリューの5つのポイントで評価する
EQUIPMENT(装備)

走りにかかわる装備類は充実しているが、オーディオはVS RHT以外、レス設定(4スピーカーは標準装着済み)となる。またフルオートエアコンやスタートシステム付きキーレスエントリーも標準装備する。

SAFETY(安全性)

DSC(横滑り防止装置)はRS、RS RHT、VS RHTの3グレードに標準装備。ディスチャージヘッドランプは全グレード、SRSサイドエアバッグはNR-A以外に標準装備されるなど内容は充実している。

ECO(環境性能)

触媒の浄化性能の向上などにより、全グレードで平成17年度基準排出ガス規制75%を達成。一方、平成22年度燃費基準は公表されていないが、6MT車の6速ギア比を高速化し実用燃費を向上させた。

MILEAGE(燃費)

10・15モード燃費はRSが13.0km/L、6ATを搭載するVS RHTは11.8km/Lとなる。パフォーマンスを向上させつつ、この数値に抑えていることを逆に評価したい。また今回インパネ内に平均燃費計を新採用した。

VALUE(バリュー)

マイナーチェンジではあるが、フルモデルチェンジに近いくらい中身の濃い変更が行われている。改めてマツダの丁寧な車作りには頭が下がる。まさに最新のロードスターが最良である証明だろう。

総合評価
17
RATING 総合評価|ニューモデル試乗
写真:桜井隆幸、尾形和美、篠原晃一 文:高山正寛
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
9
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027