新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧レクサスRXはハリアーとは別物 【試乗by西川淳】 / navi

クルマニュース

レクサスRXはハリアーとは別物 【試乗by西川淳】 / navi

(2009/03/17)

静かで覇気がなく、味もそっけもないところなどもLS譲り

日本におけるレクサスブランド待望のSUV。プレミアムブランドへの言わば登竜門的な存在だ。レクサスRXといえば、以前は日本名ハリアーの対外レクサスブランド用モデルだった。もちろん、海外ではその後継モデルという位置づけだが、トヨタ/レクサスとしてはハリアー後継ではなく全く新しいコンセプトで開発したクロスオーバーSUVであるとした上で、ハリアーの販売を国内では継続(ハイブリッドと2.4L)し、レクサスRXの独自性をアピールしたいようだ。

モデルラインナップはRX450hとRX350という大排気量モデルのみ。前者は3.5Lのアトキンソンサイクルエンジンにリダクションギア付きハイブリッドシステム、そしてE−Fourを組み合わせたモデルで、4.5LのV8モデル級のパワーとクラス最高の燃費性能を実現したとされる。後者には3.5LのV6、6AT、アクティブトルクコントロール4WDを搭載。それぞれのグレードに、よりスポーティで欧州仕様のシャーシと19インチタイヤを採用した「バージョンS」、セミアリニン革シートを装備する豪華な「バージョンL」、そして「バージョンLのエアサスペンション仕様」が用意される。また、350にはFFモデルの設定もある。

“ハリアーの後継車ではない”と関係者が言う通り、外観の雰囲気にそれらしさは微塵もない。わずかに、クーペ風のサイドウインドウとリアクセションのまとめ方がハリアー(前RX)っぽいが、このように思い切った手法は初代ハリアー以降のクロスオーバー車に共通するものだ。特にフロントマスクは、LSなどと共通の最新レクサスモードである。SUVモデルにありがちな“いかつさ&”を抑え、車幅もそれほど広げずに、クリーンな佇まいとした。

インテリアのほうがはるかに挑戦的である。メーターナセルは助手席側に向けて楕円形に出っ張り、上部にメーター系を、下部にスイッチ系を集中させた。シフトレバーがその下から生えている。デザインだけではない。シフトレバーを上方に追いやってまで使いたかったのが、リモートタッチシステムだ。これは、センターコンソールに手を置いたままで、画面上のポインターを遠隔操作するというもの。SUVではナビ用画面を見やすいところに置くと便利な画面タッチが使えないという問題が指摘されてきたが、このリモートシステムはそれを打破するもので、今後、SUVやミニバン、スポーツカーなどにも使用されそうだ。

まずは注目のリモートスイッチの使用感から。遠くの小さいポインターが人によってどれだけ見やすいかという疑問は残るが、使用感そのものは上々だ。特にポインターがスイッチ類の上に来たときの“段差”感がいい。ポインターの移動速度などを変えることもできる。

試乗車はRX350のバージョンS。まずハッキリ言えるのは、ハリアーとは相当に違う乗り物であるということ。たとえて言うならば、ハリアーがマークXだとすれば、新型RXはちゃんとGSになっている(クラスは違うけれど)。静かで覇気がなく、味もそっけもないところなどもLS譲り。いい意味で車の運転に無関心でいられるから疲れないかも。そこがレクサスらしさ、だと言われれば、車運転好きに反論の余地はない。

19インチを履くバージョンSでは、若干下回りにバタツキを感じたが、街乗りから高速まで、総じて引き締まった走りをみせる。ワインディングにおける走りも、これまでのトヨタのSUVレベルからすれば雲泥の差。もっとも、そういう場面が似つかわしいモデルではないが。最後に、別の機会に試したバージョンLエアサスペンション付きのほうが全体的に重厚な乗り味で、実にレクサスらしく、ハリアーを完全に忘れさせるモデルだったことを報告しておく。

今回登場した車、メーカーたち

レクサスRX

高級SUVセグメントに殴り込みをかける

ライバルの車たち

トヨタヴァンガード

クルーガーの実質的な後継車として、高級SUV路線を突き進む

日産ムラーノ

斬新に変わった印象だが、キープコンセプトで進化

BMW X3

デビューから5年がたち、中古車相場もこなれてきた

マツダCX-7

SUVらしからぬスポーティな走りに驚かされる

三菱パジェロ

僻地で愛されるタフな4WDだが、日本での人気はイマイチか

フォトコレクション

写真:こだわりのレクサスデザイン|試乗by西川淳
こだわりのレクサスデザイン

エンジンフードからバンパーまでをひと塊にとらえた造形により、SUVならではの力強い踏ん張り感を演出している。クーペっぽいサイドウインドウとリアセクションがハリアーっぽいか?

写真:使い勝手を考慮したレクサスの配慮|試乗by西川淳
使い勝手を考慮したレクサスの配慮

リアワイパー格納式リアスポイラーを採用している。ラゲージスペースは十分に確保されていて、エアサス搭載車なら荷物の出し入れに便利な車高調整スイッチが装備される

写真:世界初の白色有機EL採用|試乗by西川淳
世界初の白色有機EL採用

メーターパネル内に装備されるマルチインフォメーションディスプレイには、世界初の白色有機ELが採用されている(2008年12月現在)。デザインだけでなく、使い勝手もピカイチ

写真:顧客からの要望を反映した装備|試乗by西川淳
顧客からの要望を反映した装備

シフトレバーを上方に追いやってまで使いたかったのが、リモートタッチシステム。これは、センターコンソールに手を置いたままで、画面上のポインターを遠隔操作するというもの

写真:2モデルが搭載するのは3.5lV6|試乗by西川淳
2モデルが搭載するのは3.5LのV6

RX350のエンジンルーム、もはや素人には手出し無用? 待望のRX450hの販売開始は4月中旬を予定している。4.5L車並みの動力性能、どのように仕上がっているのか気になる

Report / 西川 淳

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
【試乗】新型 シトロエン C3エアクロスSUV/C5エアクロスSUV│守り抜く哲学を体現する車(2019/10/06)
【新型】BMW Z4|BMWのオープンスポーツが約2年ぶりに復活(2019/09/27)
【新型】BMW X5|プレミアムSUVの先駆者が4代目へと進化(2019/09/26)
【新型】三菱 eKクロス|SUVテイストを前面に押し出した新感覚軽ワゴン(2019/09/24)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027