新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ エスティマハイブリッド 【マイナーチェンジ】 / navi

クルマニュース

トヨタ エスティマハイブリッド 【マイナーチェンジ】 / navi

(2009/03/18)

内外装に新意匠のデザインを採用
待望の本革シートが奢られたレザーパッケージが追加

PERFORMANCEエンジン種類やミッション、最新装備などを解説
バンパー、グリルなどを新意匠のデザインに変更
  • トヨタ エスティマハイブリッド エンジン|ニューモデル試乗
  • トヨタ エスティマハイブリッド シフトレバー|ニューモデル試乗
  • トヨタ エスティマハイブリッド パーキングアシスト|ニューモデル試乗
現行エスティマより5カ月遅れてフルモデルチェンジしたハイブリッドもマイナーチェンジは同時に行われた。今回は内外装の変更を中心に装備類が充実されている。
DRIVING実際に運転してのドライビングフィールを解説
俊敏と言える加速性能や静粛性の高さは健在
  • トヨタ エスティマハイブリッド 走り|ニューモデル試乗
  • トヨタ エスティマハイブリッド アルミホイール|ニューモデル試乗
  • トヨタ エスティマハイブリッド メーター|ニューモデル試乗
パワーユニットの基本スペックに変更はない。ほぼ2トンのボディを楽々と引っ張る加速性能やクルージング時の圧倒的な静粛性は健在。ライバル不在が寂しい。
SPACE室内空間の広さや演出を解説
待望のレザーパッケージをGグレードに新設定
  • トヨタ エスティマハイブリッド フロントシート|ニューモデル試乗
  • トヨタ エスティマハイブリッド 2列目シート|ニューモデル試乗
  • トヨタ エスティマハイブリッド 3列目シート|ニューモデル試乗
前から要望が高かったという本革シートはGグレードに“レザーパッケージ”という形で設定された。7人乗りのみで、パワーバックドアなども同時に装着される。
OWNERSHIPスタイルや品質など所有する喜びなどを検証
「実は凄いお金持ち」に見える、こういう高級車の選択はアリ
  • トヨタ エスティマハイブリッド フロントスタイル|ニューモデル試乗
  • トヨタ エスティマハイブリッド リアスタイル|ニューモデル試乗
  • トヨタ エスティマハイブリッド インパネ|ニューモデル試乗
試乗車の車両価格は506万円。この値段を出せばちょっとした輸入車も購入できる。しかし乗る人すべてが満足し低燃費でフル装備。この選択は十分アリでしょう。
SPECIFICATIONS
グレード Gレザーパッケージ
駆動方式 4WD
トランスミッション CVT
全長×全幅×全高(mm) 4800×1820×1760
ホイールベース(mm) 2950
車両重量(kg) 1990
乗車定員 7人
エンジン種類 直4DOHC+モーター
総排気量(cc) 2362
最高出力 110kW(150ps)/6000rpm
最大トルク 190N・m(19.4kg-m)/4000rpm
車両本体価格 506.0万円
RATING走行性能だけでは車は語れない。そこで快適装備の充実度や安全性の高さ、環境性能、燃費、バリューの5つのポイントで評価する
EQUIPMENT(装備)

Gグレードなら最新鋭のG-BOOK mX Proに対応するHDDナビやリアだけでなく、フロント&サイドのカメラも標準装備する。

SAFETY(安全性)

VSCなどをトータルに制御する先進のVDIMを標準装備。レーダークルーズがオプション以外はほぼフル装備の内容。

ECO(環境性能)

いち早くJC08モードにも対応。平成17年基準排出ガス規制は75%低減レベル。平成22年度燃費基準も+25%達成している。

MILEAGE(燃費)

10・15モード燃費は20.0km/L。高速を約120km含めた全300kmの実走燃費は14.8km/L。同クラスの約2倍の数値と優秀。

VALUE(バリュー)

価格は正直高くなるが、ミニバンのハイブリッドカーは新車ではこれだけ。装備を考えるとGグレードは欲しいところだ。

総合評価
22
RATING 総合評価|ニューモデル試乗
写真:尾形和美、篠原晃一 文:高山正寛
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
9
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027