新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧クライスラー PTクルーザー 【プレイバック試乗記】 / navi

クルマニュース

クライスラー PTクルーザー 【プレイバック試乗記】 / navi

(2009/03/30)

※この記事はカーセンサー関東版34号(2000年9月14日発売)に掲載されていたものをWEB用に再構成したものです

ノスタルジックなデザインには“のんびり走らす”がよく似合う

  • クライスラー PTクルーザー 走り|ニューモデル試乗
  • クライスラー PTクルーザー リアスタイル|ニューモデル試乗
↑スタートからの動きは素早く、低回転域のトルクの太さを体感することができる(左)ドアハンドル、バッジ、ホイールなどがクロームメッキで装飾されている(右)
クライスラーのPTクルーザーは、2000年時点でアメリカと日本で最も注目度の高かった車と言ってもよいだろう。アメリカでは納車半年待ち、日本でも2000年度の販売目標台数750台を売り切ってしまったほどだ。人気のポイントはなんといってもそのスタイリングにある。1930年代のアメリカ車を思わせるレトロチックなデザインだが、車の作りのしっかり感は今までのアメリカ車とはレベルが違う。実はカッコだけの車ではないのだ。

ボディサイズは大きく見えるが全長は4330mm、全幅は1725mm、全高も1600mmなので、ホンダCR-Vよりも小さい。エンジンは4気筒2L、141馬力。4速ATで、右ハンドル仕様になる。グレードはクラシックとリミテッドという、装備が違うだけの2グレードが設定されている。

リアシートやラゲージのアレンジが巧みで実用性も高い

  • クライスラー PTクルーザー インパネ|ニューモデル試乗
  • クライスラー PTクルーザー ラゲージ|ニューモデル試乗
↑ボディカラーと同色の塗装がインパネにも用いられているのがしゃれている(左)ラゲージルームのボードは高さを変えられるほか、このようにテーブルにもなる(右)
Dレンジにシフトして走り出す。スタートからの動きは素早く、アメリカンエンジンの特徴である低回転域のトルクの太さを体感できる。ただし、3000rpmあたりの加速力はややパンチ不足なもので、2Lエンジンの限界を感じてしまう。 スポーツセダンのようにキビキビと走る車ではなく、やはりのんびりと流しながら走るのがよく似合う車なのだ。

コーナーでの操縦性も不安はないが、やはりスポーツ走行向きのサスセッティングではない。ただし、乗り心地はやや硬めだ。音に関しては、エンジン音が若干大きいのが気になるところだ。

感心するのは室内の質感。シートや内装のレベルは高く、リアシートやラゲージスペースのアレンジも巧み。スタイルだけでなく実用性も高い車といえよう。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード クラシック
駆動方式 2WD
トランスミッション 4AT
全長×全幅×全高(mm) 4330×1725×1600
ホイールベース(mm) 2615
車両重量(kg) 1450
乗車定員(人) 5
エンジン種類 直4DOHC
総排気量(cc) 1996
最高出力[ps/rpm] 141ps/5700rpm
最大トルク[kg-m/rpm] 19.2kg-m/4150rpm
10・15モード燃費(km/L) 9.6
ガソリン種類/容量(L) 無鉛レギュラー/56
車両本体価格 230.0万円
石川真禧照の責任採点
コンセプト 5点 取り回し 3点 加速性能 3点 ブレーキ性能 3点
フィニッシュ 4点 操作系の使い勝手 3点 乗り心地 3点 環境対策 3点
前席居住性 4点 ラゲージルーム 4点 操縦安定性 3点 燃費 4点
後席居住性 4点 パワー感 2点 高速安定性 3点 ステータス 4点
内装の質感 4点 トルク感 2点 しっかり感 4点 コストパフォーマンス 4点
得点合計 69/100
(Tester/石川 真禧照 Photo/桜井 健雄)
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027