新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ オリジン 【プレイバック試乗記】 / navi

クルマニュース

トヨタ オリジン 【プレイバック試乗記】 / navi

(2009/04/03)

※この記事はカーセンサー関東版35号(2000年9月21日発売)に掲載されていたものをWEB用に再構成したものです

クラシカルなデザインが逆に新鮮。出来の良さも文句なし

  • トヨタ オリジン 走り|ニューモデル試乗
  • トヨタ オリジン リアスタイル|ニューモデル試乗
↑穏やかに出る印象のロールと余裕のあるエンジンにより、ゆったりと走ることができる(左)大きくカーブしたリアウインドウは今の車にはないオリジンの個性だ(右)
1999年の東京モーターショーに参考出品されたオリジンが発売された。初代クラウンを連想させるデザインで、前後のドアが観音開きになる点なども昔のクラウンのままだ。クラシカルなデザインだが、今の時代にはそれが逆に新鮮さを感じさせる部分でもある。

オリジンの特徴は入念な作り込みだ。量産プレス技術では難しいボディパネルの面で構成される部分は、分割成型されたパネルを細心の注意を払って組み合わされている。ほかにも、塗装全面に研磨を施し平滑な面とするなど、塗装品質もセンチュリー並みの仕上げとしている。

インテリア回りも入念に仕上げられていて、本革や木目パネルを採用した室内は、単に自然素材を使ったというだけでなく、革の縫い目のピッチにまで気を配るとか、木目の模様を厳選するなど、徹底して高品位・高品質を追求している。

穏やかなロールと余裕のエンジンでゆったりと走る

  • トヨタ オリジン インパネ|ニューモデル試乗
  • トヨタ オリジン エンジン|ニューモデル試乗
↑木目を多用した品質感の高いインパネに最新のDVDボイスナビを配置する(左)VVT-i仕様の2JZ-GE型エンジンは静かで力強い吹け上がりを見せる(右)
そんなインテリアに囲まれてオリジンを走らせていると、何となくゆったりとして穏やかな気分にさせられる。

ハードウェアはプログレを基本にしており、搭載されるVVT-i仕様の3Lエンジンは余裕の実力を発揮する。基本のプログレに比べてボディの全幅が拡大されてトレッドが広がった分だけ、ロールも穏やかに出るような印象がある。

トヨタでは生産ラインのクラフトマンの匠の技を継承させる意味もあって、伝統と最新のハードウェアを融合させたこの車を作ったという。

価格は700万円と相当に高く、台数もたったの1000台の限定で、全国のトヨタディーラーで販売されていた。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード オリジン
駆動方式 2WD
トランスミッション 4AT
全長×全幅×全高(mm) 4560×1745×1455
ホイールベース(mm) 2780
車両重量(kg) 1560
乗車定員(人) 5
エンジン種類 直6DOHC
総排気量(cc) 2997
最高出力[ps/rpm] 215ps/5800rpm
最大トルク[kg-m/rpm] 30.0kg-m/3800rpm
10・15モード燃費(km/L)
ガソリン種類/容量(L) 無鉛プレミアム/70
車両本体価格 700.0万円
松下 宏の責任採点
コンセプト 3点 取り回し 4点 加速性能 4点 ブレーキ性能 4点
フィニッシュ 5点 操作系の使い勝手 4点 乗り心地 5点 環境対策 4点
前席居住性 5点 ラゲージルーム 4点 操縦安定性 3点 燃費 4点
後席居住性 5点 パワー感 4点 高速安定性 4点 ステータス 5点
内装の質感 5点 トルク感 4点 しっかり感 4点 コストパフォーマンス 1点
得点合計 81/100
(Tester/松下 宏 Photo/桜井 健雄)
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
【試乗】新型 レクサス LS/LC|年次改良でいよいよ成熟を迎えたフラッグシップモデル(2019/12/05)
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
【試乗】新型 メルセデスベンツ EQC|ベンツ初のピュアEVは、“電気っぽさ”をあえて抑えた新感覚のドライビングフィール(2019/11/23)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラ|イメージ一新! 欧州で育て上げられた新世代セダン(2019/11/11)
3
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラスポーツ|登場からわずか1年で大人な乗り味に進化したスポーツハッチ(2019/11/05)
4
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA2|デミオが名前を変えて進化! 厚みをもった味付けとなり、ワンランク上のコンパクトモデルになった(2019/11/18)
5
keep
【新型】マツダ MAZDA3セダン|高級感を増したのびやかで美しい新世代セダン(2019/08/22)
6
keep
【新型】マツダ MAZDA3ファストバック|「外」も「内」も一層深化した新世代のハッチバック(2019/08/21)
7
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
8
down
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
9
down
【試乗】スバル レヴォーグ(現行型)/レガシィツーリングワゴン(初代・2代目)|スバルの新旧ワゴンをイッキ乗り!(2019/10/22)
10
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027