新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スバルインプレッサWRX STI A-Line 【ちょい乗り試乗】 / navi

クルマニュース

スバルインプレッサWRX STI A-Line 【ちょい乗り試乗】 / navi

(2009/04/16)

ステアリングもアクセルも、MTモデルより「大人」しいWRX STI

  • スバルインプレッサWRX STI A-Line フロントスタイル|ちょい乗り試乗
  • スバルインプレッサWRX STI A-Line リアスタイル|ちょい乗り試乗
スバルインプレッサWRX STIに新しいグレードA-Lineが追加されました。レガシィアウトバック2.5XTと同じ2.5Lターボ&5ATを積んだ、少し大人向けを思わせるモデルですが、果たしてどんな乗り味なのでしょう。

インプレッサWRX STIといえば、6MTで駆るというイメージの強いモデル。そこにあえて5速のATとトルクフルな2.5L水平対向4気筒ターボをもってきたことや、オプションで本革シートが選べ、クルーズコントロールも標準装備しているところを見ると、「MTはもう年齢的に厳しいから、できればATでWRX STIを楽しみたい」と思う人をターゲットにしたと想像できます。普段の街乗りから旅行にも使えて、いざとなればスカッと走りを楽しむ、みたいなところでしょうか。
ちなみにエンジンスペックを比べてみると、下記のようになります。
WRX STI(6MT):最高出力227kW(308ps)/6400rpm、最大トルク422N・m(43.0kg-m)/4400rpm
WRX STI A-Line(5AT):最高出力221kW(300ps)/6200rpm、最大トルク350N・m(35.7kg-m)/2800~6000rpm
レガシィアウトバック2.5i(5AT):最高出力195kW(265ps)/5600rpm、最大トルク350N・m(35.7kg-m)/2400rpm
2Lツインターボの6MTモデルと比べると、数値的には出力&トルクは劣るものの、フラットなトルクが特徴です。また同じEJ25エンジンであるアウトバック2.5XTと比べると、専用チューンが施されていることがわかります。
  • スバルインプレッサWRX STI A-Line エンジン|ちょい乗り試乗
  • スバルインプレッサWRX STI A-Line シフト|ちょい乗り試乗
  • スバルインプレッサWRX STI A-Line アルミホイール|ちょい乗り試乗
こういった事前情報をもとに、乗ってみました。試乗車は18インチBBSアルミホイールや本革シートなどを備えたプレミアムパッケージ(336万円)です。

「あれ?STIってこんなに硬かったっけ?」というのが第一印象。もちろんガチガチのスポコン的な乗り心地とは違います。高速道路を走っているとつなぎ目で時折跳ねるのを感じるのです。以前6MTに乗った際は、しなやかな足にびっくりしたものですが、そういえば高速道路は走っていませんでした。同じ245/40の18インチ(ポテンザ)タイヤだし、足回りも変えていないので、乗り心地は変わらないはずなのですが…。

ステアリングも、思ったより鋭くはありません。もちろん普通のインプレッサに比べれば鋭いのですが、MT車ほどではない。これには4WDシステムの違いが影響しているのかもしれません。MT車がDCCD(ドライバーズコントロールセンターデフ)方式4WDなのに対し、A-Lineはレガシィと同じVTD(不等&可変トルク配分電子制御)-AWD。DCCDのほうが、よりスムーズに回頭するからでしょう。
また、アクセルを踏んだときの加速感も期待していたほどではない。トルクフルではあるものの、そう驚くほどの加速を感じられませんでした。

そこでふと気づきました。跳ねが気になるのにはこうした“気持ちよさ”が原因ではないかと。
つまりMTモデルの、ツインターボによる胸のすく加速感や、意のままに曲がっていく回頭性によってもたらされる“気持ちよさ”が、本来あったはずの「跳ね」を忘れさせていたのだと。
だからA-Lineでは気になってしまったのでしょう。
  • スバルインプレッサWRX STI A-Line インパネ|ちょい乗り試乗
  • スバルインプレッサWRX STI A-Line シート|ちょい乗り試乗
そう考えると、確かにこのA-Lineは大人向けと言えると思います。鋭い回頭性や強烈な加速感はマイルドでいいのです。しかし個人的にはMTモデルの“気持ちよさ”をそのままにしたAT車がよかったと思います。無理を承知で言えば、ライバルのランエボが搭載しているツインクラッチSSTなどが載っていれば、跳ねなど気にならなかったでしょう。

40過ぎの私はMTをガチャガチャして峠を攻めるような年齢ではありません。しかしあの“気持ちよさ”を捨てる年齢でもないようです。普段「大人向け」とひと言で済ませていますが、よく考えればその幅は広いんですよね。私はまだA-Lineのもてなしが楽しめる大人ではないようです。

ちなみに、北米ではこのA-Line同様2.5L&5ATモデルがWRX STIとして販売されています。エンジンの数値やホイールなどが異なりますが、こちらの試乗記も併せてご覧ください。
<カーセンサーnetデスク・ぴえいる>
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
9
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027