新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧新型トヨタiQは本気のシティコミューター 【試乗by西川淳】 / navi

クルマニュース

新型トヨタiQは本気のシティコミューター 【試乗by西川淳】 / navi

(2009/04/21)

チョロQを実車化したかのような走りは、新しい

まるで自動車主要メカニズムの “知恵の輪”のような車だ。全長3mといういわゆるスマートサイズに、大人3+子供1の計4人乗りスペースを稼いだFF車を作るという発想は、複雑な寄せ木細工のようなものだったに違いない。車が小さくなることは軽くなることだから、絶対的に善である。軽量化が車の最重要課題であることは論を待たない。だからこの際、思い切り小さい車を、固定観念を捨てて作ってしまえ、というのがiQだった。ちなみに2008−2009日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞車でもある。

工夫=エンジニアの努力の結晶、は至るところにある。フロントギアボックス搭載位置の変更、ステアリングギアボックスの仕組み変更、燃料タンクの薄型化、エアコンユニットの小型化、薄型シート、非対称ダッシュボード、などなど。文字どおり、mm単位のせめぎ合いで不可能を可能にしたパッケージが生まれている。今後、トヨタはこれをベースに小さくて効率のいいパッケージをいろいろ生み出すはず。そちらの方が興味深い。メカニズムのスペックで語ると、何てことないFFコンパクトカーである。フロントに1L直3エンジンを積み、CVT(無段変速)を組み合わせた。グレードは100X、100Gの2種類。

エントリーグレードにあたる100Xにも、エアコンや9つのエアバッグ、VSC(横滑り防止)といった重要な装備はほとんど標準で装備されるが、100Gにはスマートキーやオートエアコン、レザーハンドル&シフトノブ、室内メッキ加飾、などが追加される。さらにパッケージオプションとして、豪華な100Gレザーパッケージも用意。ただし全車、ナビゲーションは別売。最も安くて機能もシンプルなDVDナビでも15万円以上してしまう。

見たこともない前後横比のバランスに、誰もが最初は目を疑うはずだ。真正面から見ると、ちょっとしたミニバンくらいにも見える。幅がけっこうあるのだ。回り込むと、いきなり小さい。本当に小さい。全長3mといえば、大型サルーンのホイールベースといってもいい。これまでの常識では、4人乗りを実現するためには全長3.4mは必要だった。マイナス40cmの概念破壊。確かに、それだけの存在感をもっている。乗って気づくのは、ほぼ車の真ん中に座っているということ。これって動く物に乗る場合、とても重要。乗り物って、シンプルになればなるほど人は真ん中だ。そのほうが、いろんな意味で操作しやすいし、物理的なバランスもいい。

さすがに短い車だけあって、ふんわりしなやかに街を流す、というわけにはいかない。けっこうコツンコツンと跳ねる。跳ねるけれども、車そのものが乗り手の腰を中心に動いている感覚があるので、それほど不快ではない。むしろ、楽しい。これまでとは違う価値観の物差しで、ライドフィールもとらえたほうが楽しめそう。街中を行くぶんにはそれほど気にならないが、ビュンと加速したいときや追い越し時などには不満がある。せめてマニュアルギアボックスがあれば、と思うのは人間が古い証拠だろうか。高速巡航も、やはり得意とは言えない。シティカーとして割り切る車である。駐車スペースに苦労しないことを、まずは喜んでいい。とにかく、都会では想像以上の機動力を発揮する。これに馴染むと、ほかの車がうすらデカく思えて大変だ。

今回登場した車、メーカーたち

トヨタIQ

スーパーコンパクトカーというカテゴリーを日本にもたらす

ライバルの車たち

フィアット500

愛くるしいデザインで新たなブームの兆し

プジョー207

コンパクトでも相当ワイルドなルックス

シトロエンC3

唯我独尊が得意なシトロエンならではのコンパクト

ボルボC30

コンセプトカーがそのまま市販化されたような雰囲気

フィアットパンダ

コンパクトカーでもユーティリティに優れたモデル

スマートフォーフォー

本当の意味でもライバルはコレ!

フォトコレクション

写真:デザインもしっかりされている|試乗by西川淳
デザインもしっかりされている

パッケージを追求した結果、当然、カタチ的にもユニークなものになったが、立体的なキャラクターライン、半楕円形に食い込むリアウインドウなど、凝った意匠も見受けられる

写真:単なるシティコミューターではない|試乗by西川淳
単なるシティコミューターではない

ホイールは極力四隅に配されている。これにより最大限のホイールベースを稼ぎ、走りを安定させようとしているのだろう。ただ、走りはけっこうコツンコツンと、楽しく跳ねる

写真:左右非対称デザイン、凝ってます|試乗by西川淳
左右非対称デザイン、流行ってます

高効率パッケージだけを考えたシンプルな車。確かにそうだが、内外装のデザインまでも単純に割り切った車でないことは確か。意欲的にデザインされていることは明らか

写真:こだわりながらもお値打ちに|試乗by西川淳
こだわりながらもお値打ちに

いかにもエルゴノミックな薄型シートは、結構なこだわり。ただし、質感はフツー。さすがにこれで質感を上げてしまうと、新車価格が跳ね上がってしまうのだろう

写真:ちゃんと座れるスペース|試乗by西川淳
ちゃんと座れるスペース

ヨーロッパ勢が得意とするスーパーコンパクトカーのセグメントに、いよいよトヨタが殴り込みをかけた。リアシートは非常用ではなく、ちゃんと大人2名が座れる空間に

Report / 西川 淳

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
7
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
8
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027