新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧4代目ホンダオデッセイを試乗 【試乗by西川淳】 / navi

クルマニュース

4代目ホンダオデッセイを試乗 【試乗by西川淳】 / navi

(2009/04/27)

改めて乗って感じるオデッセイ独自の世界観

4世代目となるホンダの7人乗りミドルサイズミニバン。否、ミニバンというカテゴリーの中で語るのは、もはやふさわしくないクルマかもしれない。オデッセイは、従来のアッパーミドルクラスセダンに代わる、上級ファミリィカーという独自のカテゴリーを編み出した。新型は、3代目の正常進化モデルと言っていい。

低くワイドな見た目の印象はほとんど変わらないが、膨らんだリアフェンダーや厚みを増したサイドウインドウグラフィックスなど、大きく違う点もいくつかある。並べて見比べると、実はけっこう違って見えるから不思議なものだ。搭載されるエンジンは、2.4LのDOHC i−VTECのみ。ノーマルモデルはCVT(無段変速)を、4WD車には5ATを、それぞれ組み合わせる。

先代と同様に、スポーティ仕様のアブソルートも用意。こちらには若干パワーアップされた2.4Lエンジンが積み込まれ、ミッションもFF/4WDともにパドルシフト付き5ATのみとなる。アブソルートにはフォグランプ付きエアロバンパーやエアロサイドステップ、18インチアルミホイールなどが装備されているから、見るからに勇ましい雰囲気だ。

乗り込むと、まずユニークなダッシュボードデザインに目を奪われる。二層のウイング状ボードが左右に向かって広げられ、ガバッとわしづかみに包まれるかのよう。攻めのデザインを見せるコックピット回りには、ホンダの最新トレンドを感じる。特にメーター回りのデザインが凝っていて、慣れないうちはややうるさく感じるかも。操作系はシフトノブ周辺に集中して置かれ、いずれも直感的に使えるよう配置が考えられている。実際の操作感も上々だった。

驚いたのが視界の良さである。Aピラーがかなり細くなって、周りが本当によく見える。特に三角窓からもちゃんと景色が見えるようになった。ピラーが細くなったことで、視線移動時にも風景が歪まない。だから、疲れない。視界の大事さを改めて思い知らされた。2列目シートはワンアクションでフォールダウンし、シートスライド量も320mmを確保しているから3列目へのウォークインもラク。また、ラゲージスペースも旧型を上回る容量を確保した。特に、テールゲートの開口部形状が膨らんだことで、積載性も向上している。

最近の車は、セダンでも着座位置の高い車が多い。“車高の低いミニバン”であるオデッセイは、だから乗り込むと乗用セダンと同じような感覚だ。Aピラーが前奥のほうからこちらに向かって伸びている分、低く座っているような気分にさえなる。見晴らしのいいミニバン流コックピットが好きな人には物足りないだろう。とはいえ、実際の視界は良好で、それが街乗りを一層、たやすくしてくれる。それなりに大きな車であるにもかかわらず、細い路地でもすいすい入って行けるのは、やはり視界がいいからだ。

タウンユースにおける静粛性の高さも特筆できる。最新のホンダ車らしく、重心を低く感じながら軽快な身のこなしを見せる。ドライバーの意思に自然に応答するハンドリングで、ひらりひらりとノーズが動く。スポーティと言ってもいい。この感覚一つをとっても、オデッセイがミニバンの範疇で語れない車であることがわかる。エンジンパワーも実用上は十分だ。

アブソルートは硬い殻に包まれたような小気味のいい硬めの乗り味を見せるが、ノーマルならそれほどでもなく、多くの人が滑らかだと思う味つけになっている。オデッセイに乗っても、たまにはかっ飛ばしたい、という人にはアブソルートを勧めるが、スポーティさにこだわらないならノーマルのほうがいいと思う。エコドライブ機能(ECONモード)の付いたCVTで省燃費運転を試みて実燃費向上にチャレンジすることもまた、今風の楽しみ方だろう。

今回登場した車、メーカーたち

ホンダオデッセイ

ミニバンとステーションワゴンを足したような独自の世界観

ライバルの車たち

トヨタエスティマ

相変わらず売れている大型ミニバンの金字塔

日産エルグランド

そろそろフルモデルチェンジの予感

マツダビアンテ

個性的なヘッドライトは冒険的な試み

スバルエクシーガ

本当の意味でもライバルはコレ!

三菱デリカD:5

骨太な雰囲気が随所から伝わる独特なモデル

トヨタアルファード

最近のVIPが愛用しているトヨタの高級ミニバン

フォトコレクション

写真:ミニバンのカテゴリーを脱している|試乗by西川淳
ミニバンのカテゴリーを脱している

重心を低く感じながら軽快な身のこなしを見せる。ドライバーの意思に自然に応答するハンドリングで、ひらりひらりとノーズが動く。スポーティとさえ言える

写真:しっかり走るがもう少し快適性が欲しい|試乗by西川淳
しっかり走るがもう少し快適性が欲しい

性能、機能、デザインを考えれば今、クラスのベストチョイス。街乗りから高速まで、上級ファミリィカーとして不満ナシ。あえて言うなら足腰のしっかり感と乗り心地を両立させてほしい

写真:視界が広くなっているのが明らか|試乗by西川淳
視界が広くなっているのが明らか

Aピラーがかなり細くなって、周りが本当によく見える。特に三角窓からもちゃんと景色が見えるようになった。視線移動時にも風景が歪まない。だから、疲れない

写真:スポーティな雰囲気たっぷり|試乗by西川淳
スポーティな雰囲気たっぷり

アブソルートには、スポーツシートやセンターコンソール、専用デザインメーター、レザーハンドル&シフトレバー、ステンレスペダルなどが標準装備され、いかにもスポーティ

写真:たっぷりの荷物を収納できる|試乗by西川淳
たっぷりの荷物を収納できる

2列目シートはワンアクションでフォールダウンし、シートスライド量も320mmを確保しているから3列目へのウォークインもラク。また、ラゲージスペースも旧型を上回る容量を確保

Report / 西川 淳

クリックでタグの選択
最新ニュース
【Car as Art !】ボルボ XC60 48V HYBRID(2020/07/26)
【試乗】新型 ボルボ XC60 B5|人気モデルに待望のマイルドハイブリッド「B5」が登場!(2020/07/18)
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
【試乗】新型 シトロエン ベルランゴ│商用車ではなかなか味わえない乗り心地のよさが◎(2020/06/29)
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
2
up
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)
3
down
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
4
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる(2020/05/30)
5
up
【試乗】新型 シトロエン ベルランゴ│商用車ではなかなか味わえない乗り心地のよさが◎(2020/06/29)
6
down
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
8
down
【試乗】新型 ボルボ XC60 B5|人気モデルに待望のマイルドハイブリッド「B5」が登場!(2020/07/18)
9
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
10
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027