新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧M・ベンツEクラス、間もなくフルモデルチェンジ 【試乗by西川淳】 / navi

クルマニュース

M・ベンツEクラス、間もなくフルモデルチェンジ 【試乗by西川淳】 / navi

(2009/05/12)

スペインで開かれた試乗会からファーストインプレッション

いつの時代もセダンの新スタンダードに。Eクラスの目指すところは本質的には全く変わっていない。コンセプトの第一に安全性の向上を掲げつつ、次に快適かつリラックスなドライブを提供することを挙げ、3つ目には時代に即した低燃費を実現する、と言っている。これらはすべて、どの世代のEクラスにおいても熟慮されてきた特徴だ。

なかでも安全性は歴代Eクラスが常に得意としてきた分野。このW212においても、実に30項目以上にもわたる新装備、新技術が安全性向上のために惜しみなく注ぎ込まれている(ただしレーダーを使った技術の日本導入は、もう少し先)。珍しくその効用を実感できた(ESPなど動的性能にかかわるもの以外、万が一の装備だから体感できないのがフツウだ)のが、アダプティブ・ハイビーム・アシストだ。

日本でも滅多にない、珍しい夜間試乗。システムを作動し、ハイビームで走ってみる。対向車が見えれば“反対車線分だけ”ロービームになり、先行車に追いつけば勝手にローになる、というふうにハイビームを多用するユーザーにはとても具合がいい。ちなみに灯火の基本はハイビーム。ボクも基本はそうだから、自分のクルマに今すぐ付けてほしいと思った。

広くなった室内空間、新設計新素材のシート、きめ細かな制御の空調システム、エルゴノミックな機能デザインなどによってドライバーの集中力は、これまで以上に高められる。さらに、よくできたシャーシと優れた空力特性による恐ろしいまでの静粛性が加わって、高速での長距離ドライブをいっそう快適にする。長距離移動の多いユーザーにとっては、新型Eクラスが一つのスタンダードになるだろう。

燃費向上は、どうか。炭酸ガス排出量抑制に関して言えば、たとえばディーゼルにおけるブルーテックやガソリンの新直噴CGIエンジンなど、M・ベンツの最新エンジンテクノロジーがいよいよ全域にわたって展開された。ディーゼルハイブリッドの導入も近い(Sクラスにはガソリンハイブリッドもある)。

実際に試乗した各グレードの印象をまとめておく。

E350CGIアバンギャルド AMGパッケージ(ローダウンに18インチ)は“ビシッと筋の通った一体感ある車”だ。とにかく高速クルージングで風切り音がほとんどなく、驚くほどフラットなライド感だ。電子制御がすみずみに行き届いたためか、ステアリングフィールに微妙な違和感を覚えたが、全般的には“安楽”そのもの。日本を出る直前に乗った旧型W211の、まるでオカンに抱かれたようなまったりとした乗り味がとても懐かしく思えるほど、別物の乗り味。モダンで、明らかに現行Cクラスと同じ路線を感じる。

E250CGIには、以前のEクラスの雰囲気を少しだけ思い出させる大らかさがあった。ターボエンジンの実用パフォーマンスも十二分で、これならもう見栄を張ってV6になんか乗らなくていい。5ATとターボエンジンとの相性も良く、パワフルにさえ感じる。日常のアシとしてはベストバイ。誰にも、オススメ。

E350ブルーテック(尿素ディーゼル)とE500(日本ではE550)は、ともに分厚いトルクがほとばしり、強烈なパフォーマンスをみせた。ただし、継続的な力の強さとエンジンフィールでは、やはりガソリンV8に軍配が上がる。同じディーゼルでもE350CDIのほうがパンチもあった。いずれにせよ、トルクは凄い。ちなみに、エアサスのE550では、さらに車をもうひとクラス、小さく感じさせる。

個人的には、AMGパッケージのアシ回りだけをノーマルスタイルに積んだ仕様(だって本物のE63AMGと並びたくないじゃない?! 東京だとすぐ、並ぶハメになるし)が、どのエンジンバリエーションにも欲しいと思った。

ちなみに、写真に出てくるLEDデイタイムライトは法規の問題で日本には来ない。見た目に印象的なのに残念。同じ理由でクラシックフェイスの4灯式もだめ。日本用にはどうやら全く別デザインの2灯フォグランプ付きになる模様。5月末に発表される予定で、最初はE350のポートインジェクションとE250CGI、そしてE550、もしかしてE300。E63AMGもそのうちに。E350CGI、E350CDIは少し後。ブルーテックは未定だ。

今回登場した車、メーカーたち

M・ベンツEクラス

フルモデルチェンジが噂され始め相場下落中?

ライバルの車たち

アウディA6

質実剛健に磨きをかけて環境性能大幅アップ

BMW5シリーズ

マイナーチェンジで年々進化し続けるスポーツサルーン

トヨタクラウン

13代目の超ロングセラーは日本の誇り

ホンダレジェンド

センサー技術の結晶とも言えるスーパーハイテクセダン

日産フーガ

パワフルなエンジンを搭載し驚くほどスポーティ

フォトコレクション

写真:実物を見て安心できた|試乗by西川淳
実物を見て安心できた

第一印象は“えらく立派になった”、というものだった。写真で見たときは、何だか日本か韓国のセダンみたいになってしまったと思ったものだが、実物はもう少しマシ

写真:ライバルが多い分頑張った|試乗by西川淳
ライバルが多い分頑張った

ディテールの質感も高く、キャラクターラインも凝っていて、なかなか存在感がある。先代W211がずいぶんおとなしく、質素に見えてしまうほど

写真:ちょっとSクラスに近づいた?|試乗by西川淳
ちょっとSクラスに近づいた?

インテリアはSクラスのようなインパネ回りになった。歴代M・ベンツユーザーは、何の違和感もなく乗れるだろうし、新たにオーナーになる人もすぐに使いこなせるだろう

写真:試乗会で見つけた4シーター|試乗by西川淳
試乗会で見つけた4シーター

ヘッドレストの形状がユニークなものになっている。もちろん、安全性を考慮したうえで新開発されたのだろう。かつてW124の500Eは4シーターだったが、これは??

写真:トップオブザレンジは5lモデル|試乗by西川淳
トップ・オブ・ザ・レンジは5Lモデル

E500(日本名はE550)の0→100km/h加速は5.3秒と発表されている。この数値って・・・、ほとんどスポーツカー。いやはや、最近のセダンは速い

Report / 西川 淳

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
9
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027