新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧マツダ アクセラ/アクセラスポーツ(旧型)【概要&変遷編】 / navi

クルマニュース

マツダ アクセラ/アクセラスポーツ(旧型)【概要&変遷編】 / navi

(2009/06/03)

世界に打って出たマツダ渾身の新世代スポーツコンパクト

OVERVIEWモデル概要
優れたプラットフォームを採用し欧州車とガチンコ勝負
強豪ひしめく欧州Cセグメント市場に投入すべく開発されたのがアクセラ。ライバルとなるのは、フォルクスワーゲン ゴルフやプジョー 308などの定番車だ。アクセラのプラットフォームは、世界ラリー選手権で活躍するフォード フォーカスや、衝突安全性で定評のあるボルボ S40/V50にも供給されており、その能力の高さをうかがい知ることができる。
MECHANISMメカニズム
トルクフルな走りを実現するエンジンは3種類
世界戦略エンジンを搭載。いずれも直4DOHCで、吸気バルブ側に連続可変タイミング機構を採用する。排気量は1.5L、2L、2.3Lの3種で、2.3L直噴エンジンにターボを装着した6MTのマツダスピード仕様も用意。2L車は全車ATで、2006年6月のマイチェンで4速から5速へ進化(4WD除く)。1.5Lは5MTと4AT。2.3Lは2L同様、マイチェン前が4AT、後が5ATとなるが、前期型には5MTも用意。
EXTERIOR & INTERIOR内外装
2つの異なる外観と、往年のスポーツカーを彷彿させる内装
セダンとスポーツで外板のほとんどが異なる。セダンはマッシブながら、抑揚を抑えたエレガントなデザイン。スポーツはフロントからリアフェンダーへと続くラインに抑揚をもたせ、躍動感を表現。内装は共通で、インパネには丸型3眼メーターが並ぶ。黒基調ダッシュボード+赤色イルミネーションもスポーツカーテイスト。ステアリングにテレスコピック調整機構を付けるなど、欧州車並みの装備をもつ。
DRIVING IMPRESSIONドライブフィール
マツダの総力を結集し、グローバルに通用する運動性能を実現
ドライブフィールをひと言で表せば、「ドイツ車以上にドイツ車的」。操舵力はどっしりと重いが、操舵フィール自体は滑らか。乗り心地はダンピングが強めだが、ゴツゴツ感は小さい。街乗りから高速走行までオールマイティにバランスが良いのは2L車だが、1.5Lでも実用域では不足はない。ドライビングの基本を身につけたいビギナーなら、1.5Lの中古車を安価に手に入れるのも賢い選択と言える。
2003年 10月/デビュー マツダの世界戦略モデル第4弾を担うスポーツコンパクト
マツダ アクセラスポーツ フロントスタイル|人気中古車完全カタログ
2.3L車は大型エアロバンパーやスポーティグリル、マフラーカッターなどの専用外装パーツを装備
4ドアセダンのアクセラと、5ドアのスポーツが登場。エンジンはすべて直4DOHCで、1.5Lの15F、2Lの20C、2.3Lの23Sがそれぞれに用意されている。トランスミッションは1.5Lに5MTも用意されるが、その他は4AT。駆動方式はFFのみの設定だ。
2004年 10月/一部改良 人気装備の標準化と23Sの外装が与えられた新グレードを追加
マツダ アクセラ/アクセラスポーツ 20S インパネ|人気中古車完全カタログ
20Cをベースに23Sの大型エアロバンパーなどを装備した20Sを新たに追加。タイヤサイズが205/55R16となったほか、スポーツの20Sには本革巻きステアリング&シフトノブも採用された
折りたためるリトラクタブルキーを全車に標準で装備。また、これまで23Sのみだったブラックベゼルのリアコンビランプも全車標準となった。
2005年 11月/一部改良 ユーティリティ性の高い装備を追加し、より魅力的に
マツダ アクセラスポーツ 23H シート|人気中古車完全カタログ
スポーツには、高輝度アルミホイールなどを標準装備した2Lの20Hと2.3Lの23Hが追加。内装には、ブラウン本革シートやBOSEサウンドシステム&7スピーカーといった上級装備が奢られた
15Fを除く全車に、オートライトシステムや運転席バニティミラーを標準装備。また、1.5L車には新たにブラック内装をもつ15Cが追加となった。
2006年 6月/マイナーチェンジ&グレード追加 内外装の変更に加えて、走行性能のさらなる向上を図る
マツダ マツダスピードアクセラ|人気中古車完全カタログ
20Hと23H、セダンの23Sは廃止。代わって、2Lの4WD車20Fや、スポーツをベースに2.3Lターボ+6MTを搭載するマツダスピードアクセラが追加となった。
前後バンパーやアルミホイールなどのデザイン変更と、シートやトリムの質感向上を実施。また、ボディ剛性のアップやサスの改良が行われたほか、2L車と2.3L車のATは5速に変更され、よりパフォーマンスが向上した。
2006年 11月/特別仕様車 BOSEサウンドシステムなどの上級装備をプラスした一台
マツダ アクセラ/アクセラスポーツ 23ST インテリア|人気中古車完全カタログ
ブラック/サンドベージュの専用本革シートと、サンドベージュのトリム、BOSEサウンドシステム+MP3対応CDデッキなどを採用。専用ボディ色、モイストシルバーメタリックも用意された
20Sと23Sをベースとした20STと23STが登場。メッキアウタードアハンドルや高輝度17インチアルミホイールなど、上質装備を搭載していた。
2008年 1月/一部改良 使い勝手を向上させる装備の追加など、細かな変更を実施
マツダ アクセラ 20E シート|人気中古車完全カタログ
セダンには新たに20Eを追加。アルカンターラ&本革コンビシートやアルミペダルといった専用装備に加え、本革巻きステアリング&シフトノブやブラックアウトメーターなどが採用された
セダンの20Sとスポーツの23S、20Sのアウタードアハンドルをクロームメッキに変更。また、遮音材を新たに追加するなどの変更も行われた。
SPECIFICATIONS代表グレードスペック
  2003年10月(デビュー時) 2006年6月(MC時)
グレード アクセラ 15F アクセラスポーツ 23S アクセラ 20S アクセラスポーツ 15C
駆動方式 FF FF FF FF
トランスミッション 4AT【5MT】 4AT 5AT 4AT【5MT】
全長×全幅×全高(mm) 4485×1745×1465 4485×1745×1465 4510×1745×1465 4400×1745×1465
ホイールベース(mm) 2640 2640 2640 2640
車両重量(kg) 1210【1180】 1280 1260 1240【1210】
乗車定員(人) 5 5 5 5
エンジン種類 直4DOHC 直4DOHC 直4DOHC 直4DOHC
総排気量(cc) 1498 2260 1998 1498
最高出力[kW(ps)rpm] 84(114)/6000 126(171)/6500 110(150)/6500 84(114)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm] 140(14.3)/4500 214(21.8)/4000 183(18.7)/4500 140(14.3)/4500
10・15モード燃費(km/L) 16.6【17.4】 11.6 14.2 17.4【18.0】
文:安藤 眞、ユニットクワトロ
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027