新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ クラウンマジェスタ(旧型)【概要&変遷編】 / navi

クルマニュース

トヨタ クラウンマジェスタ(旧型)【概要&変遷編】 / navi

(2009/06/17)

トップ・オブ・トヨタの座に君臨するラグジュアリィセダン

OVERVIEWモデル概要
12代目クラウンをベースとした、トヨタブランドの最高峰セダン
クラウンの上位機種として1991年に登場したのが、クラウンマジェスタ。ここで紹介するのは、その4世代目となるモデルだ。初代デビューの2年前にセルシオが投入されていたため、長らくトヨタブランドの2番手に甘んじていた。しかし、レクサスブランドが誕生し、セルシオがLSに移籍した2006年、晴れて“トップ・オブ・トヨタ”の位置を獲得した。
MECHANISMメカニズム
4.3L V8エンジン+6ATのみの設定で、駆動方式はFRと4WDで選択可能
操縦性能の高さで定評のあった“ゼロ・クラウン”やレクサスGSとプラットフォームを共用。ホイールベースの長さも共通となる。エンジンは4.3L V型8気筒の1種類のみ。同時期のセルシオと同じものだ。トランスミッションも全車、マニュアル変速モード付き6ATのみの設定。FRのほか、フルタイム4WDも用意されている。先進技術の投入はトヨタ車の中では最も早く、赤外線暗視技術を利用したナイトビューや、操舵した方向にヘッドランプが向きを変えるインテリジェントAFS、衝突の危険を察知して補助ブレーキをかけるプリクラッシュ・セーフティシステムなどの安全装備を、標準またはオプションで設定。カーナビは全車標準で、2006(H18)年7月のマイナーチェンジを機にDVDからHDDへと進化している。
EXTERIOR & INTERIOR内外装
躍動感のある外観デザインと、材質にこだわった品格あふれる内装
3世代続いた「静」のイメージから一転し、ダイナミックなイメージを身につけたのが、4世代目マジェスタの特徴。明確なショルダーラインをもった力強いフォルムはロイヤル系と共通としながら、フロントグリルはより大型化され、ロイヤル系よりも押し出しの強い表情で差別化を図っている。エンブレムは伝統の王冠マークではなく、3つの楕円で「T」の文字を表すトヨタマークに変更。リアコンビネーションランプは縦長タイプを受け継ぎ、横基調のロイヤル系との見分けがつけやすい。インテリアの造形はロイヤル系と同じだが、パネルに本物の木を使用してよりラグジュアリィな印象。4眼式メーターに加え、速度や交差点案内をフロントガラスにデジタル表示するヘッドアップディスプレイも全車標準装備する。
DRIVING IMPRESSIONドライブフィール
力強くゆとりのある走りを実現。もちろん乗り心地も上質
加速性能は豪快そのもの。セルシオと同じパワープラントを与えられながら100kg以上軽量であるため、発進加速は同時代のセルシオを上回るほど強力だ。6速ATの制御は緻密で、常識的なアクセルワークの範囲内では、変速ショックはほとんど感じられない。静粛性が高いのも、トップ・オブ・トヨタの面目躍如だ。4輪エアサスペンションの乗り心地は快適で、長いストロークを生かしながら良好なロードホールディング性を発揮。減衰力が瞬時に最適制御されるセミアクティブサスペンションを採用するため、コーナリング時にも意外なほど機敏な回頭性を見せる。最小回転半径は5.2mと、2LクラスのFF車と同レベル。ボディの長さにさえ慣れてしまえば、取り回しに苦慮することもない。
2004年 7月/デビュー 先進装備を多数搭載し、トヨタブランドを牽引する一台
「ダイナミック&マジェスティック」をテーマに開発されたクラウンマジェスタが登場した。エンジンは最高出力280ps、最大トルク43.8kg-mを発生する4.3L V8のみで、トランスミッションは全車マニュアルモード付き6ATという組み合わせ。グレードは、FR車が電動リアサンシェードなどを採用した充実装備のCタイプと、リアセンターアームレストといった装備を省略したAタイプの2種類。さらにCタイプi-Fourという4WD車も用意されていた。トヨタブランドのフラッグシップだけあって、最先端の技術が惜しみなく投入されているのも特徴。その一つが、車両安定性制御システムVSCとABS、TRC、電動パワステなどのシステムを統合したVDIMだ。これはFR車に搭載されたもの。VSCが車両限界を超えてから制御を始めるのに対し、車両限界前からブレーキ、エンジン、ステアリングを統合制御させることで、高い予防安全性と理想的な車両運動性能を実現している。

トヨタ クラウンマジェスタ フロントスタイル|人気中古車完全カタログ
伸びやかな躍動感を表現する美しいプロモーションと、押し出しの強い顔つきが特徴。フロントバンパーやホイールアーチ、サイドにメッキモールを施し、華やかなイメージが与えられている
トヨタ クラウンマジェスタ オーディオ|人気中古車完全カタログ
全車にオプション設定された、マークレビンソンのカーオーディオシステム。14個のスピーカーを最適に配置することで、ホームシアター感覚の音響空間を実現した
トヨタ クラウンマジェスタ レーダー式プリクラッシュセーフティシステム|人気中古車完全カタログ
ノーズに搭載したミリ波レーダーで路上障害物などを感知し、衝突を予知するとブレーキアシストなどを行うレーダー式プリクラッシュセーフティシステムは、Aタイプ以外にオプションで設定
2006年 7月/マイナーチェンジ&特別仕様車 装備の変更&追加とトヨタ店創立60周年記念モデルの設定
内外装を変更し、装備を追加。また、路地などの狭い場所で進行方向の障害物を予測するクリアランスソナーをステアリング感応式とするなど、使い勝手の向上も図られている。さらに、CタイプとCタイプi-Fourには新たに、プレミアムレザーシート表皮やインダッシュ6連奏DVD/CDチェンジャーなどを標準装備するFパッケージを設定。上記の2台をベースとした特別仕様車、60thスペシャルエディションも登場した。

トヨタ クラウンマジェスタ プレミアムレザーシート|人気中古車完全カタログ
Fパッケージ専用のプレミアムレザーシート表皮は、厳選された牛革を丁寧になめして加工されており、しっとりとした手触り。従来オプション設定されている本革シートより、一層上質だ
トヨタ クラウンマジェスタ HDDナビ|人気中古車完全カタログ
ナビはDVDからHDDに変更。先進のテレマティクスサービス「G-BOOK ALPHA」にも対応する
トヨタ クラウンマジェスタ リアスタイル|人気中古車完全カタログ
トヨタ店の新たなチャネルカラー、ブラッキッシュレッドマイカを含む、全4色のボディカラーを設定する
SPECIFICATIONS代表グレードスペック
  2004年7月(デビュー時) 2006年7月(マイナーチェンジ&特別仕様車設定時)
グレード Aタイプ Cタイプ i-Four Cタイプ Cタイプ i-Four Fパッケージ
駆動方式 FR 4WD FR 4WD
トランスミッション 6AT 6AT 6AT 6AT
全長×全幅×全高(mm) 4950×1795×1465 4950×1795×1475 4975×1795×1465 4975×1795×1475
ホイールベース(mm) 2850 2850 2850 2850
車両重量(kg) 1670 1760 1690 1780
乗車定員(人) 5 5 5 5
エンジン種類 V8DOHC V8DOHC V8DOHC V8DOHC
総排気量(cc) 4292 4292 4292 4292
最高出力[kW(ps)rpm] 206(280)/5600 206(280)/5600 206(280)/5600 206(280)/5600
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm] 430(43.8)/3400 430(43.8)/3400 430(43.8)/3400 430(43.8)/3400
10・15モード燃費(km/L) 9.1 8.8 9.1 8.5
文:安藤 眞、ユニットクワトロ
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 アウディ RS4アバント│単なる移動時間を、最高のひとときへと変えてくれるモデルだ(2019/10/14)
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
【試乗】新型 シトロエン C3エアクロスSUV/C5エアクロスSUV│守り抜く哲学を体現する車(2019/10/06)
【新型】BMW Z4|BMWのオープンスポーツが約2年ぶりに復活(2019/09/27)
【新型】BMW X5|プレミアムSUVの先駆者が4代目へと進化(2019/09/26)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027