新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ クラウンマジェスタ(旧型)【購入アドバイス&ライバル車比較編】 / navi

クルマニュース

トヨタ クラウンマジェスタ(旧型)【購入アドバイス&ライバル車比較編】 / navi

(2009/06/24)

狙い目は前期型グレード!最低限の装備でもプレミアム感は十分

  • トヨタ クラウンマジェスタ フロントスタイル|人気中古車完全カタログ
  • トヨタ クラウンマジェスタ リアスタイル|人気中古車完全カタログ
  • トヨタ クラウンマジェスタ インパネ|人気中古車完全カタログ
OVERVIEWモデル概要
ドライバーズカーとしての資質も忘れない格調高いデザイン
世代によってはホイールベースがロイヤル系より長く、後席の居住性が高かったこと、ロイヤル系より格調の高いデザインが採用されてきたことなどから、“法人向け”という印象が強い。が、実際のオーナーには中小企業の社長も多く、休日にはオーナー自らがハンドルを握ることもあるため、ドライバーズカーとしての資質も決しておろそかにされていないのだ。
GRADE VARIATIONSグレードバリエーション
グレード名 トランスミッション ひと言解説
Aタイプ 6AT デビュー時より存在する最廉価グレード。電動リアサンシェードやリアオートエアコンなどが省かれている
Cタイプ 6AT デビュー時に登場し、モデル末期まで設定された上級グレード。流通量は最も豊富だ
CタイプFパッケージ 6AT 2006年7月に登場した、Cタイプのパッケージモデル。プレミアムレザー表皮などを装備している
CタイプiFour 6AT Cタイプの4WDモデルで、デビュー時からモデル末期まで存在。流通量はかなり少なく、探すには根気が必要だ
CタイプiFour Fパッケージ 6AT 2006年7月のマイナーチェンジ時に登場。装備内容は、CタイプのFパッケージと同じだ
BUYER’S GUIDE購入アドバイス
購入時のチェックポイント
前オーナーの運転を想像しながら
細部までしっかり確認
高級車だけあって、販売店に任せてきちんと整備された物件が多いが、ドレスアップが施されたものも中には存在する。外装なら下回り、内装ならフロアマット下やシートの汚れ具合など、細かなところまで確認してみよう。サービスキャンペーンの情報がいくつか発表されているが、対象車の生産期間が広範囲にわたるのはブレーキ回りの不具合。これは2004年3月から2006年11月に生産された車両の一部に見られるもので、最悪、パーツの破損につながるという。対象車の場合は、対策が行われたかを整備手帳で確認しよう。
狙い目グレード
デビュー時のモデルでも
ラグジュアリィさに遜色なし!
流通量が多いのは2006年7月までの前期型で、全体の約8割を占める。後期型は花粉除去モード付きエアコンや高精細ワイドディスプレイ搭載のHDDナビといった装備をもつが、これらがなくてもクラウンマジェスタプレミアム感は十分に味わうことが可能。走行距離が少ない物件が多く、相場も220万~390万円程度なので、前期型に狙いを絞るのがオススメだ。なかでもCタイプは、リアオートエアコンなどの装備が充実していて◎。2004年式や2006年式では特に多く流通しているので、ぜひチェックしたい。
RIVAL MODELSライバル中古車徹底研究
クラウンマジェスタのライバル3モデルをピックアップ。
現行型シーマレジェンド、絶版となったセルシオなどラグジュアリィセダンが揃い踏みだ
1.日産 シーマ
(現行型)
NISSAN CIMA
2.ホンダ レジェンド
(現行型)
HONDA LEGEND
3.トヨタ セルシオ
(最終型)
TOYOTA CELSIOR
日産 シーマ エクステリア|人気中古車完全カタログホンダ レジェンド エクステリア|人気中古車完全カタログトヨタ セルシオ エクステリア|人気中古車完全カタログ
日産 シーマ インテリア|人気中古車完全カタログホンダ レジェンド インテリア|人気中古車完全カタログトヨタ セルシオ インテリア|人気中古車完全カタログ
日産パーソナルセダンの
フラッグシップモデル
大ヒットとなった初代デビューから、今年で21年目を数える4代目モデル。全長約5m、全幅1.8m以上の大柄なボディに、ヘッドランプに7個の小さな丸型レンズを並べたマルチプロジェクターランプを採用するなど、個性的なデザインが与えられている。世界初のレーンキープサポートシステムをはじめ、先進装備も多数搭載。エンジンは、圧倒的な動力性能をもつ4.5L V8の直噴と3L V6ターボでスタートしたが、2003年8月のマイナーチェンジで4.5Lは新開発エンジンに変更となった。トランスミッションはFRにマニュアルモード付き5ATが、4WDに4ATが組み合わされる。
4代目となる現行モデルでは
最新鋭の装備を数多く搭載
国産乗用車初の300psをマークしたホンダの最上級セダン。先進装備として、車線や前走車との車間距離をキープし、高速道路での運転支援を行うHiDS、歩行者を検知して知らせる世界初のインテリジェント・ナイトビジョンシステムなどが設定された。BOSE社との共同開発による専用オーディオシステムなど、上級装備も多数採用。エンジンはデビュー時が3.5L V6で、2008年9月のマイナーチェンジ時に新開発の3.7L V6に換装された。トランスミッションはパドルシフト付きの5AT。駆動方式は4WDのみで、前後に加えて左右の駆動力配分も行うSH-AWDを採用する。
長きにわたってトヨタ最高峰を
名乗り続けた世界基準の高級セダン
LSとしてレクサスブランドにスイッチするまでは、トヨタブランドの頂点に位置していた。この3代目が最終型となるが、高い静粛性やきめ細かく配慮された快適装備などにより、今なお人気を博している。2003年8月のマイナーチェンジではインテリジェントAFSやプリクラッシュセーフティシステムなど、マジェスタと同じ先進装備が与えられ、より安全性が高められた。エンジンは、280psを発生する4.3L V8のみの設定。トランスミッションはデビュー時が5ATで、マイナーチェンジ後はマニュアルモード付き6ATと、マジェスタと同じメカニズムを採用する。
狙い目グレード
450XV
物件数が極端に減少する
マイナーチェンジ以降は避けたい

物件の大半は2004年式以前に集中している。マジェスタの相場と近いのは2005年式以降だが、そこから探すのは難しいだろう。狙い目の450XVは、流通量が最も多く、雨滴感知オートワイパーなどの装備も充実した中堅グレード。2004年式でも、200万円以下から流通していてオススメだ。
狙い目グレード
3.5アドバンスパッケージ
できるだけ装備が充実している
パッケージモデルを狙いたい

2007年式以降は流通量が極端に少ないため、それより前の年式で探すのがいいだろう。その頃はまだモノグレードなので、さまざまな装備がセットになったパッケージモデルがオススメだ。流通量が比較的多いアドバンスパッケージなら、追突軽減ブレーキなどを装備していて安全性も高い。
狙い目グレード
C仕様インテリアセレクション
後期型インテリアセレクションなら
流通量もそこそこあるので探しやすい

6ATといった装備の採用、さらには経年による劣化も考慮すれば後期型を選ぶのが得策。相場は190万~500万円と、マジェスタの予算内で十分収まる。流通量が多いのはC仕様だが、どうせなら運転席クッション長可変シートなどの装備で、より快適なインテリアセレクションを選びたい。

文:安藤 眞、ユニットクワトロ

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデスAMG GT 4ドアクーペ│スポーツカーのパフォーマンスと快適な移動空間を共存させた走り(2019/10/15)
【試乗】新型 アウディ RS4アバント│単なる移動時間を、最高のひとときへと変えてくれるモデルだ(2019/10/14)
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
【試乗】新型 シトロエン C3エアクロスSUV/C5エアクロスSUV│守り抜く哲学を体現する車(2019/10/06)
【新型】BMW Z4|BMWのオープンスポーツが約2年ぶりに復活(2019/09/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027