新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 エクストレイル【購入アドバイス&ライバル車比較編】 / navi

クルマニュース

日産 エクストレイル【購入アドバイス&ライバル車比較編】 / navi

(2009/07/22)

形はキープコンセプト、中身は大幅進化の“使い倒せる道具”

  • 日産 エクストレイル フロントスタイル|人気中古車完全カタログ
  • 日産 エクストレイル リアスタイル|人気中古車完全カタログ
  • 日産 エクストレイル サイドスタイル|人気中古車完全カタログ
OVERVIEWモデル概要
外観は初代のイメージを踏襲、「X」をモチーフとしたフロントで存在感をアピール
ターゲットを“アウトドアスポーツをとことん楽しんでいる若者”に絞った結果車を“道具”としてとらえる年配のユーザーはもとより、海外からも絶大な支持を受け、167カ国で販売されるグローバルモデルとなった。

現行型は初代で培ったノウハウをベースに、ユーザーの不満点をことごとく解消。大人のユーザーの選択に応えるクオリティと性能を身につけた。
GRADE VARIATIONSグレードバリエーション
グレード名 トランスミッション ひと言解説
20S CVT デビュー時より設定されているベーシックグレード。
駆動方式はFFと4WDが用意されている
20X CVT/6MT デビュー時より設定されており、20S同様FFも用意。
このCVT車が、全年式を通して流通量が最も豊富だ
25S CVT デビュー時から2008年11月まで設定。
6速マニュアルモード付きCVTを搭載する2.5L車のベーシックグレード
25X CVT デビュー時から2008年11月まで設定された、2.5L車の上級グレード。
流通量は25Sより比較的多い
20GT 6MT 2008年9月より追加された、新開発エンジン搭載のクリーンディーゼル。
駆動方式は4WDのみとなる
BUYER’S GUIDE購入アドバイス
購入時のチェックポイント
アウトドアで使われていた車両は
外装チェックを入念に
オフロード走行を行っていると下回りなどのキズが予想されるし、海や雪山を走っていたならボディにサビが浮いている場合もあるので注意。荷物の積み降ろしが頻繁に行われたことも考慮し、ルーフやラゲージもキズやヘタリを確認しておこう。
現状、大きなリコールは出ていないが、2008年11月から12月にかけて製造された車両の一部がサービスキャンペーンの対象。これは2010年度燃費基準に関するステッカーの貼付ミスで、達成車に別のステッカーが貼られていることもあるという。対象車両の場合は、念のためチェックしよう。
狙い目グレード
探しやすいのは、流通量が最も豊富な
20Xの2008年式
全体的に流通量はそれほど多くないが、その中で比較的探しやすいのは2008年式だ。相場の上限は270万円と高いが、これはクリーンディーゼルによって引き上げられたもの。
ガソリン車の高額物件は240万円台で収まっているので、2007年式との差は小さい。グレード別では、全年式で流通量の多い20XのCVT車が探しやすいだろう。2.5L車とディーゼル車はいずれも全体の1割以下と少なく、探すには根気が必要だ。
予算にこだわらないなら、2009年式が狙い目。流通量はあまり多くないが、低走行距離の物件が豊富だ。
RIVAL MODELSライバル中古車徹底研究
エクストレイルのライバル3モデルをピックアップ
現行のCR-V、RAV4、アウトランダーと各メーカーの人気コンパクトSUVが揃い踏みだ
1.ホンダ CR-V(現行型)
HONDA CR-V
2.トヨタ RAV4(現行型)
TOYOTA RAV4
3.三菱 アウトランダー(現行型)
MITSUBISHI OUTLANDER
ホンダ CR-V フロントスタイル|人気中古車完全カタログ トヨタ RAV4 フロントスタイル|人気中古車完全カタログ 三菱 アウトランダー フロントスタイル|人気中古車完全カタログ
ホンダ CR-V インパネ|人気中古車完全カタログ トヨタ RAV4 インパネ|人気中古車完全カタログ 三菱 アウトランダー インパネ|人気中古車完全カタログ
ユーティリティ性をすべて備えた
スタイリッシュな一台
セダンの快適性とクロスカントリーの機動性、そしてミニバンのユーティリティ性を融合させたCR-Vは、1995年にデビュー。以来、世界160カ国で累計販売台数250万台を売り上げ、この現行型で3代目を数える。2代目までのスタイルとは一線を画した流線型のボディを採用したほか、スペアタイヤは床下に配置し、リアゲートを縦開きとするなど、より都会的なデザインとなっている。
エンジンは2.4L直4DOHC。可変バルブタイミングVTECに連続可変バルブタイミングVTCを組み合わせたi-VTECを搭載する。トランスミッションは5ATで、FFと4WDをラインナップ。
クロスオーバーSUVの
先駆モデル
1994年に初代が登場し、2代目より3ナンバーサイズとなってグローバルモデルに成長。現行型となるこの3代目では、プラットフォームやサスペンション、ブレーキが新設計となった。ボディサイズはさらに拡大したほか、優れた操縦性と走行安定性に加えて高い制動力も確保するなど、基本性能が大幅に向上している。また、デザインもより都会的で洗練したものとなった。
エンジンは2.4L直4DOHCのみで、トランスミッションは全車に7速スポーツシーケンシャルシフト付きCVTを採用。駆動方式は4WDが中心で、一部グレードにはFFも用意する。
7人乗りモデルも用意されて
高いユーティリティ性を誇る
アルミルーフパネルやモノチューブ式リアショックアブソーバーなど、ランサーエボリューションで培った技術を惜しみなく投入したSUV。
プラットフォームは新開発で、優れた走行性能と操縦安定性に加え、高い衝突安全性を実現した。全長はライバル車より200㎜前後長く、7人乗りグレードが唯一用意されている。
2.4L直4DOHCエンジン+6速スポーツモード付きCVTでデビューしたが、2007年10月には3L V6SOHCエンジン+スポーツモード6AT搭載車を追加。当初は全車4WDのみの設定だったが、2008年8月には一部にFF車が追加された。
狙い目グレード
ZX
流通量の豊富な2007年式までのZXは上質な装備も魅力の一つ

2008年式で流通量が減るため、それ以前で探すのが得策。なかでも流通量の半数以上を占めるZXは探しやすい。
これは4WD車の中堅グレードだが、本革巻きステアリングや前席8ウェイパワーシートなどを採用。相場は2007年式以前なら180万~240万円と、十分エクストレイルの予算内。
狙い目グレード
G
スマートエントリーやプッシュスタートなど上級グレードならではの装備を採用

2006年~2007年式は流通量が多く、全体の8割近くを占める。気に入った物件に早く出会いたいなら、この年式で探してみよう。オススメはG。
デビュー時から2008年9月まで設定されていた上級グレードで、流通量は最も豊富だ。相場も控えめで、2007年式以前なら150万~190万円。
狙い目グレード
24G
7人乗りの上級グレードでもエクストレイルより相場は安め

全体の7割以上を占めるのは、2.4L車の上級グレードとなる24G。他グレードはどれもかなり少ないので、こちらを狙うのがオススメだ。本革巻きステアリングやパドルシフトを標準装備しており、スポーティな雰囲気も味わえる。相場はエクストレイルよりも低い120万~210万円。
文:安藤 眞、ユニットクワトロ
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027