新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ダイハツ タント(現行型)【概要&変遷編】 / navi

クルマニュース

ダイハツ タント(現行型)【概要&変遷編】 / navi

(2009/08/19)

子育てファミリーをターゲットに便利な装備を満載した軽ワゴン

OVERVIEWモデル概要
視界、室内空間、ドアの開口部…。すべてが広い!人気のワゴン
フロントエンジンの軽自動車としては、最大級の室内の広さを誇るのが、ダイハツタント。これまでにない広大な前方視界や普通車ミニバン並みの頭上スペース、大型セダンさえ凌駕する広大な足元空間でたちまち大人気となった。
今回紹介するのは2007年にデビューした2代目だが、前述の特徴をさらに進化させ、大幅に魅力を増している。
MECHANISMメカニズム
NAとターボ、2つの仕様をもつ新世代のエンジン
搭載される直3DOHCエンジンは、アルミ製のシリンダーブロックをもつ新世代のKF型。ターボ仕様はこのエンジンにターボを装着するが、連続可変バルブタイミング機構は省かれた。
排ガス浄化装置には、性能が低下すると自己修復するスーパーインテリジェント触媒を採用する。
FFのNAエンジン車は4つ星( 2005年規制値の75%減)、4WD車とターボ車は3つ星(同50%減)を取得している。
トランスミッションはXリミテッド以上のグレードがCVT、それ以外は4AT。FFを中心に、Xリミテッド以外には4WDも用意される。
EXTERIOR & INTERIOR内外装
内外装ともに、使い勝手の良さを最大限に考慮した設計
キャブオーバー車並みに短いボンネットと大きなキャビン、広く取られたガラスエリアがタントの特徴…これは、写真を見れば、そのユニークさは一目瞭然だ。後ろドアは左がスライド式、右が一般的なヒンジ式。Xリミテッド以上のグレードは、左ドアに電動開閉装置が標準となる。
インパネは左右対称のデザインで、巨大なセンターメーターを採用。
後席は260㎜スライドでき、最後端にセットすれば、レッグスペースはLSを上回る。
DRIVING IMPRESSIONドライブフィール
キビキビと走らせたいなら、カスタムRSに絞って探そう
ホイールベースが長くて車重が重いため、乗り心地は極めて良好。扁平タイヤのカスタムRSだとタイヤの硬さをやや感じるが、それでも乗り心地自体は決して悪くない。
一方で、カーブでは重たいルーフが大きなロールを誘発するのに加え、高い位置に見える天井が左右に大きく動くので、視覚的にもロールが大きく感じてしまう。
カスタムRSのみフロントにスタビライザーが付き、格段に締まりのある走りを見せる。
動力性能そのものは、市街地だけならNA車で十分。
TIMELINE主な改良・変更・追加
2007年 12月/デビュー タントのDNAである「広さ」と「使いやすさ」を徹底的に追求
2代目タントは、子育てファミリー向けのベーシック系と、存在感あふれるデザインのカスタムという2タイプで登場した。グレードは、簡素な装備のL、標準的なX、装備が充実したXリミテッドをそれぞれに用意。さらに、ベーシック系にはMOMO製革巻きステアリングなどを装備したXリミテッドスペシャルが、カスタムには唯一のターボ車となるRSが設定された。
  • ダイハツ タント カスタム |人気中古車完全カタログ
  • カスタムの外観デザインは「アグレッシブモダン」がコンセプト。フードからフェイスにつながるシャープなキャラクターラインや大型エアロバンパー、クリアタイプのフロントガーニッシュなどを採用し、ベーシック系とは異なる躍動感と重厚感を醸し出している
2008年 12月/特別仕様車 特別装備でベーシック系は実用性、カスタムは質感を向上
クリーンエアフィルターを全車標準装備に変更。また、Lをベースとした特別仕様車、ワンダフルセレクションも登場した。カスタム系では、LがベースのカスタムVセレクションと、RSをベースとしたカスタムVセレクションターボの2台がラインナップ。どちらも艶やかな素材のセンタークラスターや専用フルファブリックシートなど、上質な装備が与えられている。
  • ダイハツ タント ワンダフルセレクション |人気中古車完全カタログ
  • 電動格納式カラードドアミラーや、IR&UVカットフロントウインドウガラスなどを採用したワンダフルセレクション。イージークローザー付きパワースライドドアやイモビライザー付きキーフリーシステムといった、人気の高い実用的な装備を充実させているのが特徴だ
SPECIFICATIONS代表グレードスペック
  H19年12月(デビュー時)
グレード L Xリミテッド カスタムXリミテッド カスタムRS
駆動方式 FF 4WD FF 4WD
トランスミッション 4AT CVT
全長×全幅×全高(mm) 3395×1475×1750
ホイールベース(mm) 2490
車両重量(kg) 900 950 930 940 960 1010
乗車定員(人) 4
エンジン種類 直3DOHC 直3DOHCインタークーラーターボ
総排気量(cc) 658
最高出力[kW(ps)rpm] 43(58)/7200 47(64)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm] 65(6.6)/4000 103(10.5)/3000
10・15モード燃費(km/L) 18.2 17.6 20.5 19.2 17.8

文:安藤 眞、ユニットクワトロ

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027