新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧三菱 デリカD:5(現行型)≪変遷&ライバル車比較編≫ / navi

クルマニュース

三菱 デリカD:5(現行型)≪変遷&ライバル車比較編≫ / navi

(2009/10/28)

FFモデルや7人乗り仕様を追加するなど
度重なるグレード整備で使い勝手を向上

  • 三菱 デリカD:5 フロントスタイル |人気中古車完全カタログ
  • 三菱 デリカD:5 サイドスタイル|人気中古車完全カタログ
  • 三菱 デリカD:5 リアスタイル|人気中古車完全カタログ
主な改良・変更・追加
2007年 1月/デビュー 2.4L直4DOHCエンジン+CVTでデビュー
デリカD:5が登場。グレードは下から、装備を省略したM、アルミホイールなどをプラスしたG、助手席側電動スライドドアなどをもつGパワーパッケージ、HDDナビを搭載したGナビパッケージ、最上級となるGプレミアムと、全5種類が用意されていた。全車とも8人乗り&4WDのみの設定だ。
三菱 デリカD:5 フロントスタイル|人気中古車完全カタログ三菱 デリカD:5 テールゲート|人気中古車完全カタログ

左/ヘッドランプとグリルを一文字で結んだ、ワイドで安定感のある顔つきが特徴。右/電動開閉機構付きのエレクトリックテールゲートは、Gプレミアムに標準装備となっている

2007年 5月/グレード追加 FFモデルのC2とローデストを新たに設定
追加したC2とローデストには、それぞれS、G、Gパワーパッケージ、Gナビパッケージ、Gプレミアムの5タイプを用意。
  • 三菱 デリカD:5 ローデスト|人気中古車完全カタログ
  • ローデストはC2をベースに、17インチアルミホイールや専用のメッキグリルなどを装備したエアロモデル。同年10月には、このローデストの4WD車もラインナップに追加された
2008年 1月/特別仕様車 冬のレジャーシーンで活躍する便利装備を搭載
Gナビパッケージをベースとしたシャモニーが登場。専用のチタン調メッキグリルや速暖式リアヒーター、前席シートヒーター、運転席パワーシートなどが特別装備として奢られた。
三菱 デリカD:5 シャモニー フロントスタイル|人気中古車完全カタログ三菱 デリカD:5 シャモニー インテリア|人気中古車完全カタログ

左/グリルだけでなく、ドアハンドルやミラーもメッキ仕様。 右/従来の8人乗りに加え、2列目にアームレスト付きキャプテンシートを採用した7人乗り仕様も設定されていた

2008年 5月/一部改良 シャモニーで好評だった7人乗り仕様を追加
Gを廃止してMパワーパッケージを新設するなど、グレード整理を実施。また、Gパワーパッケージ以上のグレードには、2列目キャプテンシートの7人乗り仕様が新たに設定された。
三菱 デリカD:5 電動パワーシート|人気中古車完全カタログ三菱 デリカD:5 インパネ|人気中古車完全カタログ

左/Gパワーパッケージ以上には、写真のスイッチで手軽に操作できる運転席電動パワーシートを標準装備。右/センターパネルはデザイン変更により、上質さと使い勝手が向上した

2009年 1月/一部改良 さまざまな装備を追加し、使い勝手をさらに向上
Mパワーパッケージを廃止するなど,グレード整理を実施。また、全車の3列目シートバックには、荷物の固定に便利なバンジーコードを標準装備にするといった変更も行われた。
三菱 デリカD:5 Gプレミアム フロントスタイル|人気中古車完全カタログ三菱 デリカD:5 インパネ|人気中古車完全カタログ

左/Gプレミアムはフォグランプベゼルがメッキに変更された。右/ナビ装着車は、タッチパネル対応地上デジタルチューナーハーネスやフルセグ対応ガラスアンテナを標準装備

2009年 2月/特別仕様車 HDDナビを特別装備した買い得モデル
C2 Gパワーパッケージをベースに、7インチワイドディスプレイHDDナビなどを標準装備したエクシードが登場。
三菱 デリカD:5 電動パワーシート|人気中古車完全カタログ三菱 デリカD:5 センターパネル|人気中古車完全カタログ

左/4WD車と同じデザインのグリルを装備する。右/内装では、センターパネルやトリムなどに木目調パネルを採用。なお、同年7月には、ほぼ同仕様のエクシードⅡも登場している

ライバル中古車徹底研究

デリカD:5のライバル3モデルをピックアップ。各メーカーの人気ミニバンが揃い踏みだ

1.ホンダ ステップワゴン(旧型)
2.日産 セレナ(現行型)
3.トヨタ ヴォクシー/ノア(現行型)
ホンダ ステップワゴン フロントスタイル|人気中古車完全カタログ日産 セレナ フロントスタイル|人気中古車完全カタログトヨタ ヴォクシー フロントスタイル|人気中古車完全カタログ
ホンダ ステップワゴン インパネ|人気中古車完全カタログ日産 セレナ インパネ|人気中古車完全カタログトヨタ ヴォクシー インパネ|人気中古車完全カタログ
快適な居住空間を備えた
5ナンバーサイズミニバン
3代目となる旧型ステップワゴンは、ホンダ得意の低床・低重心プラットフォームを採用。前モデルと同等の室内高ながら、FFモデルで30㎜の低床化と40㎜の低重心化、そして全長を45㎜短縮し、運転しやすいサイズとなっている。エンジンは2Lと2.4Lの2種類で、いずれも直4DOHC。トランスミッションは2Lが4ATで、2.4LはFFが7スピードモード付きのCVT、4WDが5ATを搭載している。2007年11月には、エアロパーツを装着したスパーダも設定。
高いユーティリティ性を備えた
いかにもミニバンらしいモデル
ステップワゴン同様、5ナンバーサイズボディを採用。プラットフォームは日産/ルノーグループのCセグメント車と共通だが、ホイールベースのみ延長されている。1列目と2列目シートの間を最大1.2mもスライドでき、ウォークスルーを可能とするなど、シートアレンジは多彩。2006年6月には、エアロパーツを装着して3ナンバーサイズとなったハイウェイスターが登場している。2L直4DOHC+CVTのみの設定で、駆動方式は全車にFFと4WDを用意。
ヴォクシーとノア 兄弟ながらキャラクターの異なる2台
2001年に初代が登場し、この現行型で2代目となる兄弟モデル。快適な室内空間を追求しており、ワンタッチで折り畳みと跳ね上げが可能な3列目シートや外側方向に回転できる2列目シートなどを装備している。エンジンは、新開発の2L直4DOHC。上級グレードのエンジンは連続可変バルブ機構付きで、燃費と動力性能が高められている。トランスミッションはCVTで、上級グレードは7速シーケンシャルシフトマチック付き。全車にFFと4WDを用意する。
今が狙い目グレード
GLパッケージ
2007年11月のマイナーチェンジ前モデルなら流通量も豊富
リア両側パワースライドドアなどを装備した、使い勝手の良いG Lパッケージがオススメ。2006年式以前なら流通量も豊富で探しやすい。相場はデリカD:5より低めなので新しめの年式を選ぶのも手だが、物件数が減るため根気は必要。
今が狙い目グレード
ハイウェイスター
根気よく探すのなら、充実装備の20Gもオススメ
スライドドアオートクロージャーが標準となるなど、装備が充実した2007年12月以降のモデルを選びたい。探しやすさでは物件数の多いハイウェイスター。流通量は少ないもののリモコンオートスライドドアを装備した20Gも魅力的だ。
今が狙い目グレード
ヴォクシーZS
連続可変バルブ付きエンジン+7速モード搭載グレード
ノアヴォクシーより相場が30万円前後安いが、流通量は若干少ない。選びやすさを考えると、流通量が豊富なZSが◎だ。これは、ヴォクシーの最上級グレードで、本革巻きステアリング&シフトノブやイモビライザーなどを装備する。
文:安藤 眞、ユニットクワトロ
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027