新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ ステップワゴン(旧型)≪モデル概要&購入アドバイス編≫ / navi

クルマニュース

ホンダ ステップワゴン(旧型)≪モデル概要&購入アドバイス編≫ / navi

(2009/11/04)

低床化によって走行性能を高めた ボックス型ミニバンの先駆モデル

  • ホンダ ステップワゴン フロントスタイル|人気中古車完全カタログ
  • ホンダ ステップワゴン インパネ|人気中古車完全カタログ
  • ホンダ ステップワゴン リアスタイル|人気中古車完全カタログ
モデル概要
今では主流となっている乗用車ベースの箱形ミニバンだが、先鞭をつけたのはステップワゴン。横置きフロントエンジンの効率的なパッケージングで広い室内空間を稼ぎ出し、ミニバンブームの牽引役となった。
3代目となるこのモデルは、床を下げることによって室内高を犠牲にせずに車高を下げ、操縦性能や空力性能を大幅に引き上げた野心作。背が低めでスタイリッシュでありながら、室内空間は背の高いミニバンと同等という意外性をもつホンダらしいモデルだ。
バリエーションはベーシック系のほか、エアロフォルムバンパーを装着し、専用サスペンションチューンで走りに磨きをかけたスパーダも設定されている。
メカニズム

2種類のエンジンと3種類のミッション

エンジンは2Lと2.4Lの2種類。いずれもDOHC4バルブのヘッドをもち、低回転域で吸気バルブの片方を休止させるVTEC機構や、吸気バルブの開閉タイミングを連続可変制御するVTC機構を装備する。トランスミッションは2L車が4AT 、2.4L車のFFがCVT、同4WDが5ATという組み合わせ。CVT車にはパドルシフトも装備し、7段階のマニュアル変速が可能だ。4WDはオンデマンド方式。ホンダ独自のデュアルポンプとボールカムを組み合わせ、わずかなスリップでも応答性良く後輪にトルクを伝達する。サスペンションはフロントがストラット、リアがトーションビーム式で、スパーダは専用チューニングとなる。
ホンダ ステップワゴン エンジン|人気中古車完全カタログ2Lエンジン搭載車は主力商品として販売され、中古車市場にも多く流通する。低速域からスムーズに走り出す力強さが特徴で、最高出力155ps、最大トルク19.2㎏・mを発生
ホンダ ステップワゴン 4WDシステム |人気中古車完全カタログ通常はほぼFF状態で走行し、走行状況に応じて後輪に適切な駆動力を配分する4WDシステム。カムユニットを搭載したことで、前輪の空転検知能力が大幅に向上している
内外装

全高の低さからは考えられない広い室内

ライバル車より70~80㎜低い全高、大きく傾斜したフロントガラス、前傾の強いベルトラインなど、いかにも“走りそう”なフォルムが特徴的だ。外観からは室内はあまり広そうに見えない。しかし、床を60㎜低く専用設計した低床プラットフォームのおかげで、室内高は背の高かった前モデルと同等を確保。ライバルたちにも遜色がないレベルだ。シート配列は2列目がベンチシートとなる3列8人乗りに加え、2列目キャプテンシートの7人乗り仕様を2007年11月のマイナーチェンジでオプション設定。このほか内装では、フローリング調のカーペットやサンシェード付きの大型サンルーフなどが、デビュー時よりオプション設定されていた。
ホンダ ステップワゴン サイドスタイル |人気中古車完全カタログ子供が立ったまま移動できる1350㎜の室内高を確保しながら、全高1770㎜を実現。2列目床面地上高は390㎜と、乗降性も高い
ホンダ ステップワゴン インテリア |人気中古車完全カタログリビングのようなくつろぎ感を演出する室内。フローリング調カーペットは表面に加工を施し、汚れやキズに強い仕様となっている
ドライブフィール

フットワークの軽さは低車高のたまもの

ドライブフィールはまさにセダン感覚。もちろんセダンより絶対的に背が高いのでセダン同等とはいかないが、グラグラするロールや大きなアンダーステアによって運転しにくくなるようなことはない。市街地から峠道まで、キビキビと走り回れるのが特徴だ。エンジンは2Lでも十分なパワーがあり、高回転側の伸びも気持ち良い。2.4Lは低速トルクに余裕があって、加速時や高速道路走行時もエンジン回転数が低めに抑えられるから、静粛性の点でも有利だ。さらに走りにこだわる向きは、スパーダの指名買いが良い。適度に引き締まった乗り心地とキレの増したハンドリングで、どんなシーンでも楽しくドライブできる。
ホンダ ステップワゴン 安定性 図表|人気中古車完全カタログドアやゲート部などの大開口部を支える高剛性ボディを採用。フロントとリアを中心とした徹底的な補強によって剛性が大幅に向上しており、高い操縦安定性を実現している
ホンダ ステップワゴン 走り|人気中古車完全カタログハンドルを切ったときでも揺すられるような感覚がなく、安心して運転できる。トルク特性に優れた2.4L+CVTの組み合わせなら、滑らかでゆとりのある走りが楽しめるだろう
購入アドバイス
狙い目グレード
パワースライドドアがあれば利便性UP
できるだけ予算を抑えたい人は、流通量が多い2005年式、2006年式からの選択を考えがちだ。しかし、気をつけたいのがパワースライドドアの有無。2006年5月の一部改良時までは一部グレードに未設定だったので、できればそれ以降のモデルを選びたい。特にオススメなのはG Lパッケージ。流通量が多い上に、2006年5月以降なら両側にパワースライドドアを備えている。ナビを装着したパッケージモデルや特別仕様車も割と流通しているので探してみよう。
購入時チェックポイント
シート隙間に食べこぼしが隠れているかも?
子供やペットが乗せられていた可能性が高いので、シートの汚れやヘタリ具合はしっかりチェックしておきたい。また、ラゲージにキズがないかも気になるところだ。リコール情報で対象台数が多いのは、燃料ポンプリレーの不具合。使用し続けると最悪の場合、リレー内部が断線し、燃料ポンプが停止する可能性もあるという。2005年5月~10月に製造された車両の一部に見られる現象なので、対象車の場合は対策が施されているかを整備手帳で確認しよう。
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
7
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
8
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027