新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スバル R2(現行型)≪変遷&ライバル車比較編≫ / navi

クルマニュース

スバル R2(現行型)≪変遷&ライバル車比較編≫ / navi

(2009/11/25)

度重なる改良を重ね、燃費を中心とする環境性能がアップ
バリエーション豊富な特別仕様車も多数存在

  • スバル R2 フロントスタイル|人気中古車完全カタログ
  • スバル R2 インパネ|人気中古車完全カタログ
  • スバル R2 リアスタイル|人気中古車完全カタログ
主な改良・変更・追加
2003年 12月/デビュー 個性的なデザインを身にまとった新軽自動車
R2のグレードは、装備を省略して直4SOHC NAエンジンを搭載したi、直4DOHC NAエンジンのR、スーパーチャージャー付きエンジン搭載の上級グレード、Sの3種類。iとRには5MTとCVTが、Sには7速マニュアルモード付きCVTが設定されていた。駆動方式は、全車にFFと4WDを用意。
2004年 11月/一部改良&特別仕様車 安全性能や環境性能に配慮した装備を追加
全車に新デザインのフロントバンパーや、高剛性ヘッドレストなどを採用。また、RのCVT車には、インジケーターを点灯して省燃費走行を促すInfo-ECO機能が採用された。
スバル R2 iカジュアル|人気中古車完全カタログスバル R2 カスタム フロントマスク|人気中古車完全カタログ

左/新グレードとして、運転席シートリフターなどの装備を省いたiカジュアルを追加 右/iとRをベースに専用バンパーなどを装備した特別仕様車、カスタムも登場している

2005年 11月/マイナーチェンジ&特別仕様車 専用装備を搭載したスポーツグレードを投入
フロントグリル&バンパーのデザインを変更。また、Sは廃止となり、代わってNAエンジン搭載のタイプS Rと、スーパーチャージャーエンジンのタイプS Sが追加されている。
スバル R2 撥水機能付きシート|人気中古車完全カタログスバル R2 タイプS インパネ|人気中古車完全カタログ

左/シートは水滴や汚れに強い撥水機能付きに変更。 右/タイプSはS、Rとも、ブルーのデザインシートや独立3眼メーター、本革巻きステアリングといった専用装備を採用する

2006年 11月/一部改良&特別仕様車 CVTの換装により、環境性能が向上
すべてのCVT車で、変速制御の最適化を施した新開発のCVTへ変更。環境性能が向上しており、RのFF車は10・15モード燃費が0.5km/Lアップとなる24.5km/Lを実現した。
スバル R2 レフィビターセレクション|人気中古車完全カタログスバル R2 専用コーデイネイトシート|人気中古車完全カタログ

特別仕様車のレフィビターセレクションも登場。 左/クリアのサイドターンランプや専用ボディ色などが奢られた。 右/ボディ色に合わせた専用コーデイネイトシートも特別装備

2007年 6月/一部改良 SOHCエンジン車のバリエーションが充実
グレード整理により、SOHC車は価格を抑えたF、ベーシックなFプラス、装備が充実したレフィの3種に。DOHC NA車はR、スーパーチャージャー車はタイプSのみとなった。
2008年 6月/一部改良 装備の追加により、安全性と快適性が向上
全車の運転席にシートベルト未装着時の警告ブザーを採用。
スバル R2 オーディオシステム|人気中古車完全カタログスバル R2 フェイバリットエディション ブラックシート|人気中古車完全カタログ

左/最大6枚のCDを記憶できるオーディオシステムを新設定。タイプSに標準装備とした 右/同年8月にはブラックシートなどを特別装備したフェイバリットエディションが登場

ライバル中古車徹底研究

R2のライバル3モデルをピックアップ。各メーカーの人気軽自動車が揃い踏みだ

1.ホンダ ライフ(現行型)
2.ダイハツ ミラ(現行型)
3.三菱 eKワゴン(現行型)
ホンダ ライフ フロントスタイル|人気中古車完全カタログダイハツ ミラ フロントスタイル|人気中古車完全カタログ三菱 eKワゴン フロントスタイル|人気中古車完全カタログ
ホンダ ライフ インパネ|人気中古車完全カタログダイハツ ミラ インパネ|人気中古車完全カタログ三菱 eKワゴン インパネ|人気中古車完全カタログ
360度良好な視界を確保して
運転時の安心感を大幅に向上

運転しやすさと使いやすさを極めた4代目モデル。細いピラーや大きなウインドウなどにより、前後左右すべての視界を広げている。Cを除く全車に、軽自動車初のバックモニターを標準装備としたのも特徴だ。外観はシンプルなCとG、クロームメッキをあしらったグリルなどで質感を高めたパステル、スポーティなディーバの3種類。全車とも直3SOHC+4ATの組み合わせで、パステルとディーバはターボ仕様も用意している。駆動方式は全車にFFと4WDの設定。
かたまり感のあるボディとシャープなキャラクターラインが特徴の7代目モデル
2490㎜のロングホイールベースやエンジンルームをコンパクトにすることで、広々とした居住空間を実現。フロントドアのサイドステップを低く設定するなど、乗降性を高めたのも特徴だ。ベーシックなミラに加え、専用バンパーなどを採用したミラカスタムもラインナップされている。エンジンは直3DOHCのNAが中心で、カスタムにはターボも設定。トランスミッションはCVTで、NAには5MT、3AT、4ATも用意される。駆動方式はFFと4WDの設定だ。
電動スライドドアを標準装備!ユーティリティ性にこだわった一台
乗降性と居住性に優れ、立体駐車場にも入るセミトールパッケージングを踏襲した2代目モデル。一部グレードの左リアドアを電動スライドドアとするなど、使い勝手が高められている。ゴミ箱やフックなどは取り付け部の規格が統一されており、取り付け場所を好みで変えられるのも便利だ。エンジンは直3SOHCのNAとターボで、後者はスポーティな外観のeKスポーツのみに搭載。トランスミッションは5MT、3AT、4ATで、全車にFFと4WDを用意する。
狙い目グレード
パステル
2009年式なら走行距離10㎞未満の
物件が数多く流通


流通量が最も豊富なのはGだが、スマートキーシステムやフルオートエアコンといった装備が省かれている。そこで狙い目はパステル。上記のような装備を備え、流通量もそこそこ多くて探しやすい。2009年式なら未使用車も豊富だ。
狙い目グレード
カスタムX
キーフリーシステムなどの
快適装備も標準で採用したモデル


メッキをあしらったグリルなどで質感を高めた、カスタムの中堅グレードがXだ。特にオススメなのが、ドアミラーターンランプなどの装備が標準となった2008年12月以降モデル。相場は80万~120万円と高めだが、未使用車も多い。
狙い目グレード
MS
どうせ選ぶなら
電動スライドドア搭載モデルを


電動スライドドア搭載のMSは、比較的流通量が多く、相場も40万円前後からと探しやすい。ただし、アルミイールやABSなどの装備は省かれている。これらを望むならGSがオススメだが、流通量が少なめなので探すには根気が必要。

文:安藤 眞、ユニットクワトロ
クリックでタグの選択
最新ニュース
本当にディーゼルなのか疑いたくなる、メルセデス・ベンツ S 400d(2018/12/09)
パワー的に十分なFFモデルか+αの走行性能を有したAWD。どちらも捨てがたいXC40(2018/12/05)
ノスタルジーに浸ってしまった、中古のジープ チェロキー試乗(2018/12/04)
新型CR-Vはブレーキのコントロール性が非常に良い! ラグジュアリーとスポーティを両立したモデル(2018/11/27)
乗る前から分かっていたが、乗っても最高だった NEW アルピーヌ A110(2018/11/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027