新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ エスティマ(現行型)≪モデル概要&購入アドバイス編≫ / navi

クルマニュース

トヨタ エスティマ(現行型)≪モデル概要&購入アドバイス編≫ / navi

(2009/12/02)

ワンモーションフォルムのボディと
機能性を高めた内装をもつ先進ミニバン

  • トヨタ エスティマ フロントスタイル|人気中古車完全カタログ
  • トヨタ エスティマ インパネ|人気中古車完全カタログ
  • トヨタ エスティマ リアスタイル|人気中古車完全カタログ
モデル概要
3ナンバーサイズ国産ミニバンの先駆けとなったエスティマ。現行モデルで3世代目となるが、バリエーションの豊富なミニバンカテゴリーの中で、乗用車タイプとワンボックスタイプの中間的な車高とワンモーションフォルムのボディをもつという、同クラスでは唯一無二の存在だ。
プラットフォームは箱形ミニバンと共通なので、フロア高や乗降性も同等。乗用車タイプより開放感があり、全般的な使い勝手は両者の中間的な印象だ。
3.5L V6と2.4L直4のガソリンエンジンのほかに、現行モデルではミニバン唯一となるハイブリッド仕様もラインナップ。こちらは後輪をモーターで駆動する、電動4WDを採用する。
メカニズム

V6エンジンやハイブリッド機構を一新

ハイオク仕様となる3.5LのV6エンジンは、ミニバン用としては初の280ps(206kW)をマークした怪力の持ち主。販売の中心は2.4Lの直4で、こちらはレギュラーガソリン仕様だ。トランスミッションはV6が6AT、直4がベルト式CVTとの組み合わせ。駆動方式はFFのほか、全車にオンデマンド方式の電子制御4WDが用意される。ハイブリッドシステムには、プリウスと同じTHS IIを採用。遊星歯車式の動力分割機構によって、エンジン走行とモーター走行の分担率を自在に変えられるのが特徴だ。通常モデルより効率を高めた2.4Lガソリンエンジンが組み合わされ、10・15モード燃費は20km/Lと軽自動車並み。
トヨタ エスティマ 3.5L V6エンジン|人気中古車完全カタログエスティマのフラッグシップエンジンとなる、3.5L V6エンジン。状況に応じて吸・排気バルブの開閉タイミングを制御する可変バルブタイミング機構を採用している
トヨタ エスティマ リダクション機構|人気中古車完全カタログTHS IIにはフロントモーターのトルクを増幅させるリダクション機構を搭載。効率良く駆動力を伝達し、スムーズで力強い加速を実現するほか、モーターの小型化にも貢献する
内外装

クールな外観と多彩なシートアレンジ

砲弾型ボディに開口部を薄くしたフロントグリル、そして無機的なデザインとメタリックなイメージカラーが、近未来的な硬質感を醸し出す。ピラー類はすべてブラックアウトされるほか、Dピラーはガラスで隠したヒドゥンタイプを採用。ボディ全周にガラスエリアを巡らせ、クールなイメージを作っている。後席ドアは両側スライド式で、Gなどの上級グレードは両側が、それ以外は左側が電動スライド式だ。シートは2列目が独立&ロングスライド式の7人乗りと、ベンチ式の8人乗りを用意。7人乗りの2列目はリムジンのように広い。3列目は床下に格納でき、上級グレードには電動格納式を採用する。
トヨタ エスティマ 2列目シート|人気中古車完全カタログ7人乗りの2列目には、シート一体型のオットマンを採用。前後スライドは最大800mmで、3列目シートを格納すればゆったりと足を伸ばしてくつろぐことができる
トヨタ エスティマ インパネ|人気中古車完全カタログハイブリッド車のバッテリーは、運転席と助手席の間に搭載。このため、大きなセンターコンソールがあり、1列目の左右と1~2列間のウォークスルーができなくなっている
ドライブフィール

加速やバランス性は、まさに三者三様

3.5L車は“トルクのかたまり”。基本的には扱いやすいものの、不用意に踏み込めば強烈な加速に驚くはずだ。峠の上りでもスポーティカー並みに走る。2.4Lエンジン車は低中速トルクがしっかり出ているだけでなく、レブリミットまでスムーズに回転。急な上り坂が続く峠道ではエンジンノイズが高まるものの、動力性能的に不足を覚えるシーンは皆無と言っていい。ノーズが軽い分、操舵感も軽快だ。ハイブリッドの発進フィールは、まるで電車のようにスムーズ。通常はモーターだけで発進するためだが、走り出してからのエンジン始動も滑らかで、いつかかったか、ほとんど気づかないレベルだ。
トヨタ エスティマハイブリッド フロントスタイル|人気中古車完全カタログ静かで滑らかな走り出しを見せるハイブリッド仕様。とはいえ、決して非力なわけではなく、急加速時などでも2t近いボディを力強く引っ張ってくれるパワーをもつ
トヨタ エスティマ インテリジェントパーキングアシスト|人気中古車完全カタログさまざまな先進装備で安全性を高めており、安心して運転できるのも特徴だ。写真は後退駐車時にステアリング操作を支援する、インテリジェントパーキングアシストの画面
購入アドバイス
狙い目グレード
2008年式以前は200万円以下の物件も!
2008年12月のマイナーチェンジ後モデルはまだ数が少ないため、探しやすさを考えると2008年式以前がおすすめだ。特に流通量が多いのは2.4アエラス。パワースライドドアは助手席側が標準だが、そもそもエスティマ自体の装備は充実しているので、大きな不満は感じないはずだ。どうしても両側をという場合は、Gエディションに絞って探すのもいいだろう。ハイブリッド仕様はあまり流通していないが、狙うなら2007年式以前が比較的探しやすい。
購入時チェックポイント
動かせるものはすべて動かして確認を
ファミリーユースが多いミニバンは、室内のチェックがカギ。子供やペットを乗せていた場合は、シートやフロア、ラゲージに汚れや傷みがあることも多い。車内は隅々まで確認しておこう。また、パワースライドドアやシートは実際に動かすことをおすすめしたい。2005年12月から2006年10月に生産された4WD車の一部は改善対策の対象。ABSの制御プログラムが不適切な場合があるため、対象車両は対策が行われているかを整備手帳で確認しよう。


クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027