新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スズキ MRワゴン(現行型)≪モデル概要&購入アドバイス編≫ / navi

クルマニュース

スズキ MRワゴン(現行型)≪モデル概要&購入アドバイス編≫ / navi

(2009/12/18)

忙しい毎日を送るママ&キッズに
やさしい装備を満載した軽自動車

  • スズキ MRワゴン 外観|人気中古車完全カタログ
  • スズキ MRワゴン インパネ|人気中古車完全カタログ
  • スズキ MRワゴン リアスタイル|人気中古車完全カタログ
モデル概要
MRワゴンと書くが、読み方は「ミスター」ワゴンではなく「エムアール」ワゴン。開発コンセプトは「Mom'sPersonal Wagon」で、ターゲットカスタマーは20~30代のミセスだ。日産にも「モコ」の名前でOEM供給されており、こちらは独身女性をターゲットにした仕様となる。
開発は子育てママの意見を聞きながら行われたほか、保育園の送迎で実際に子供たちが乗り降りするのを観察。それらをもとに、乗降ステップの大きさやドアアームレストの形状などが煮詰められている。前席はベンチ式。左後席のチャイルドシートに子供を乗せた後、助手席側から乗り込んでも運転席へは楽にアクセスできる。
メカニズム

NAとターボ、2種類のエンジンを用意

パワートレインの組み合わせはいたってシンプルだ。エンジンは660ccの自然吸気(NA)とターボの2種類で、トランスミッションは4ATのみ。FFが基本だが、全グレードに4WDも用意している。衝突安全ボディの採用はもちろん、衝突の瞬間にシートベルトを引き込んで安全性を高めるプリテンショナーをハイパワータイプとするなど、安全面への配慮も高い。
エアコンは、軽自動車初のアッパーベント式。これは、ダッシュボード上面から吹き出した冷気を天井に沿って後席を送り込むという方式で、乗員に直接風を当てず、室内全体をマイルドに冷やせる。Gを除く全車にキーを携帯しているだけでエンジンスタートできる、便利なキーレススタートシステムを採用。
スズキ MRワゴン オールアルミエンジン|人気中古車完全カタログ軽量かつコンパクトなオールアルミエンジンを採用。吸気バルブの開閉タイミングを制御するVVTにより、低・中回転域での高いトルクと低燃費を両立させている
スズキ MRワゴン 軽量衝撃吸収ボディ・テクト|人気中古車完全カタログ衝突時に高い安全性を発揮する軽量衝撃吸収ボディ、テクトを採用。55km/hでの前面衝突、側面衝突、後面衝突と64km/hでのオフセット前面衝突時に対応している
ドライブフィール

ルックスからは想像できない走りの良さ

「ママ向けの車」と侮れないのが、このモデルの乗り味。フワフワ柔らかいのではなく、欧州車のようにしっかり感が高いため、ボディの動きを速やかに収める。ハンドルの操作力は軽自動車の中ではやや重めだが、ほど良い手応えが感じられて走行中の安心感が高い。フットワークにも、意外なほどの軽快感がある。
搭載されるスズキの軽自動車共通のK6A型エンジンは、ターボなしでも十分な力強さ。4ATなので、高速道路の走行中でも騒音が極端に高まることはない。トルク感たっぷりのターボモデルには、フロントスタビライザーとローダウンサスペンションを装備。乗り心地はやや硬くなるが、リッターカー顔負けの走りを見せる。
スズキ MRワゴン 走り|人気中古車完全カタログ騒音対策を徹底し、路面やエンジンからの振動を抑えたことで、乗り心地は快適。ウィットを除くNA車は最小回転半径4.1mと、取り回しやすいのもポイントだ
スズキ MRワゴン ステアリング|人気中古車完全カタログステアリングは上下に動かせるチルトタイプを採用。ほとんどのグレードに、座面の高さが調整できる運転席シートリフターが標準装備され、最適なポジションを選べる
内外装

親しみのあるマスクとシックな内装

目玉が大きくてあいくるしいフロントマスクは、笑顔をモチーフにデザイン。室内空間を欲張らなかったため、丸みをもたせた抑揚あるフォルムが可能になった。サイドウインドウは木の葉をイメージしたものだ。モコもフロントマスクは異なるが、同様のフォルムを採用する。4枚のドアはスイング式。後席ドアは80度まで開き、チャイルドシートに子供を乗せる際の使い勝手も良い。
内装の色調はシック。天井やシートには、食べ物のニオイなどを分解する消臭生地が採用されている。助手席の前には、メイクに便利な引き出し式トレイを装備。助手席クッションを持ち上げると、薄型ティッシュボックスやCDケースがピッタリ収まる収納ボックスが備えられている。
スズキ MRワゴン フロントスタイル|人気中古車完全カタログH18年12月に追加されたウィットは、またひと味異なる印象。立体感のあるグリルや前後バンパーを装備しており、かわいらしいと言うよりスタイリッシュな仕上がりだ
スズキ MRワゴン  リアシート|人気中古車完全カタログシートアレンジは多彩で、フルフラットにも対応。リアシートは左右独立スライドが可能だ(写真)。リアシートを倒さなくても、ラゲージにはA型ベビーカーを収納できる
購入アドバイス
狙い目グレード
上質な内装の特別仕様車は満足度高し!
2008年6月のマイナーチェンジ以降モデルはほとんど流通していないため、必然的にそれ以前のモデルを選ぶことになる。この中で流通量が多いのは、GとウィットGS。しかし、これらはフルオートエアコンや運転席シートリフターなどを装備しないため、次いで多いXとウィットXSを狙うのがベター。物件数はあまり多くないが、2008年5月に登場したウィットリミテッドもおすすめ。本革巻きステアリングや上質なシート表皮など、装備が充実している。
購入時チェックポイント
内装はシートの隙間まで十分に確認を
ママがターゲットだけあって、子供を乗せていた可能性は大。内装のチェックはしっかり行いたい。シートやトリム、天井などに汚れがないか、隅々まで見てみよう。外装では、擦りキズをチェック。特にエアロパーツを装備した物件は、下回りもしっかり見てみよう。リコール情報で挙げられているのは、エンジン制御コンピュータの不具合。対象台数は少ないが、2006年10月に生産された車両の場合は念のため、整備手帳で確認しておくと安心だ。


クリックでタグの選択
最新ニュース
“ザ・上質モデル”の6シリーズGTで、東京→京都間を500km走って分かったこと。(2018/08/24)
DS新時代を切り開く、フラッグシップSUV『DS 7 CROSSBACK』誕生(2018/08/18)
軽バン市場に変革をもたらす1台! それがホンダ N-VANだ!(2018/08/16)
ただの若者向けラインと思うなかれ。BMWの挑戦が詰まったX2に乗った。(2018/08/13)
メルセデス・ベンツ新型G-Classが脅威のオンロード性能を備えて誕生! デザイン、力強さ、乗り心地……神っている。(2018/08/12)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027