新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ ラクティス(現行型)≪モデル概要&購入アドバイス編≫ / navi

クルマニュース

トヨタ ラクティス(現行型)≪モデル概要&購入アドバイス編≫ / navi

(2010/02/05)

スタイリッシュで使いやすい上に
走りの良さも兼ね備えた上質コンパクト

  • トヨタ ラクティス 外観|人気中古車完全カタログ
  • トヨタ ラクティス インパネ|人気中古車完全カタログ
  • トヨタ ラクティス リアスタイル|人気中古車完全カタログ
モデル概要
通学用自転車が立てたまま積み込めることから、中高生のいる家庭の“奥様カー”として堅実な人気を誇っていたファンカーゴ

この後継機種がラクティスだ。小さいボディに大きなカーゴスペースという構成を継承。全幅が5ナンバーサイズに収まるのはもちろん、全長が4mを切るので、フェリー料金も割安となる。

開発のテーマは「高速大容量スタイリング」。IT機器のキャッチコピーを思わせるそこからは、若者を車離れから引き止める狙いも垣間見える。事実、大人4人が乗っても十分な荷物が積め、豊富なシートアレンジで多様な使い方ができるという点で、若者のさまざまなライフスタイルに応えられる車と言えよう。
メカニズム

エンジンとトランスミッションは各2種類

プラットフォームは大部分を現行型ヴィッツと共用した上で、ホイールベースを延長。サスペンションも共通となり、前ストラット/後トーションビーム式を採用している。

搭載エンジンは1.3Lと1.5Lの2種類。いずれもDOHCの直列4気筒エンジンだ。主力となるのは1.5Lで、ベーシックグレードであるXのFF車にのみ、1.3Lが搭載されている。

トランスミッションはFF車がCVT、4WD車が4ATの設定。1.5LのFF車は、スポーツ走行に適したエンジン回転をキープするCVTスポーツモードに加え、パドルシフトでも操作可能な7速マニュアルモードも装備されたスポーティな仕様だ。

安全面では、前席サイドエアバッグと前後席カーテンエアバッグが全車にオプションで設定されている。
トヨタ ラクティス VVT-iエンジン|人気中古車完全カタログ1.3Lと1.5Lは、いずれもVVT-i (連続可変バルブタイミング機構)エンジン。ピストンに樹脂コートを施して摩擦を軽減したほか、排ガスを再循環させることでNOx低減も図った
トヨタ ラクティス CVTスポーツモードスイッチ|人気中古車完全カタログCVTスポーツモードのスイッチはインパネに搭載。作動させると、アクセルオンの際には動力性能をフルに引き出し、高い応答性と伸びのある加速を実現する
ドライブフィール

想像以上にスムーズで重厚な乗り心地

背の高いボディからは想像できないほど、スムーズかつ滑らかな走りというのがラクティスの真骨頂。ステアリングフィールが過敏ではないため、おっとりした走りなのかと思いきや、ジワッとロールしながらタイヤは粘り強く路面をとらえる。目地段差やワダチ路面では、ややタイヤの硬さを感じるが、車重の重さやホイールベースの長さが利いており、ヴィッツよりも重厚な乗り心地を見せてくれるのが特徴だ。

タウンユースが中心で走りにこだわりがないなら、1.3Lエンジン車でも大きな不足は感じないだろう。が、1.5L車は低速トルクを生かし、CVTが低回転をキープして走ってくれるため、実用燃費はほとんど変わらない。1.3Lに比べて流通量も豊富なので、できる限り1.5Lを選びたいところ。
トヨタ ラクティス タイヤ|人気中古車完全カタログコーナリング時の優れた操縦性と走行安定性は、全車標準装備となる175/60R16タイヤの賜。全車のフロントブレーキは15インチディスクとし、優れた制動力も実現した
トヨタ ラクティス オプションのパノラマルーフ|人気中古車完全カタログ乗降性に優れながらも座面は高く、フロントにサブウインドウを設けるなど、ガラスエリアが広いため視界は良好だ。オプションのパノラマルーフ搭載車なら、開放感抜群
内外装

伸びやかな外観と見た目どおりの広い室内

ワンモーション風のフォルムと、リアを裁ち落としたデザインにより、高速道路での疾走感と、見るからに室内が広そうなイメージを表現。パノラマパッケージに採用される大面積のガラスルーフは、開放感にあふれていて、爽快な気分が味わえる。バックドアはファンカーゴの横開き式から、一般的な上下開き式へと変更。開けた状態でも邪魔にならないほか、雨天時に荷物を出し入れする際にも重宝する。

インパネは大きな円弧を描く独特のデザイン。メーターはステアリングホイールの内側ではなく、上から見るレイアウトになっている。

FF車の後席は、格納時にレッグスペースに落とし込めるダイブダウン方式。26インチの実用自転車が立てたまま積める美点は継承されている。
トヨタ ラクティス 外観|人気中古車完全カタログセンターピラーをブラックとし、ウインドウに前から後ろへ連続してつながる一体感をもたせたデザイン。2550mmのロングホイールベースにより、後席は大人もゆったり座れる
トヨタ ラクティス リアシート|人気中古車完全カタログ FF車の後席は、シートバックの前倒しに連動してシートクッション後端が持ち上がり、そのまま床下に格納される方式。4WD車は6:4分割ダブルフォールディング式となる
購入アドバイス
狙い目グレード
狙い目は充実装備のパッケージモデル
2007年12月のマイナーチェンジ以降のモデルは、サイド&カーテンエアバッグが標準装備となるなど安全性が高められている。予算に余裕があるのなら、2008年式以降で探そう。逆に予算を抑えたいなら2007年式以前で。どの年式も相場は大きく変わらないが、2006年式と2007年式は流通量が豊富で探しやすい。グレード別では流通量が豊富で、スマートエントリー&スタートシステムやオートエアコンなどを装備した1.5G Lパッケージがオススメだ。
購入時チェックポイント
リコールやメンテの情報は整備手帳で確認
ファミリー層に好まれる車なので、小さな子供が乗っていたことを考えて、内装チェックは入念に行いたい。シミや汚れがないかなど、シートやトリムをよくチェックしよう。同時に、荷物の積み降ろしが頻繁に行われていたことも想定して、ラゲージの傷み具合も確認しておきたい。リコール情報で対象台数が多いのは、シートベルトの不具合。2005年9月から12月に生産されたFF車の一部に見られるので、対象車の場合は整備手帳で確認しよう。


クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027