新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ ラクティス≪変遷&ライバル車比較編≫ / navi

クルマニュース

トヨタ ラクティス≪変遷&ライバル車比較編≫ / navi

(2010/02/12)

スポーティさも楽しめる
ゆとりの快適コンパクトカー

  • トヨタ ラクティス フロントスタイル|人気中古車完全カタログ
  • トヨタ ラクティス インパネ|人気中古車完全カタログ
  • トヨタ ラクティス リアスタイル|人気中古車完全カタログ
主な改良・変更・追加
2005年 10月/デビュー ワンモーションフォルム採用のニューコンパクト
高速道路でも大人4人が快適に移動できる、スタイリッシュな車を目指したラクティスが登場。エンジンは1.3Lと1.5Lの直4DOHCで、前者にはFFのみ、後者にはFFと4WDが用意された。トランスミッションはFF車がCVT、4WD車が4ATで、1.5LのFF車は7速マニュアルモード付きだ。
トヨタ ラクティス スマートエントリー&スタートシステム|人気中古車完全カタログトヨタ ラクティス 専用グリルを装備したSパッケージ|人気中古車完全カタログ

グレードはベーシックなXと上級装備のGで、スマートエントリー&スタートシステム(写真左)をもつLパッケージや、専用グリルを装備したSパッケージ(写真右)なども用意

2005年 12月/限定車 2006年4月までの期間限定で生産されたモデル
ボディに専用色を採用したアクアセレクションが登場。
トヨタ ラクティス アクアマイカメタリック|人気中古車完全カタログ

専用色の名はアクアマイカメタリック。Sパッケージを除く全車がベースとなっている

2006年 8月/特別仕様車 GとGLパッケージをベースに人気装備をプラス
オートレベリング機能付きディスチャージヘッドランプや、6スピーカーなどを装備したHIDセレクションが登場。
トヨタ ラクティス 外観|人気中古車完全カタログトヨタ ラクティス リバース連動ミラー|人気中古車完全カタログ

2007年4月にはX、G、GLパッケージがベースのHIDセレクションIIも登場。Xベース以外は、バック時に自動で下方に動いて後方視界を広げるリバース連動ミラー(写真右)を採用

2007年 12月/マイナーチェンジ スポーティさと上質さをアップさせるデザイン変更
ヘッドランプやリアコンビランプ、ホイールキャップのデザイン、フロントグリルの塗装色を変更。また、サイド&カーテンエアバッグを全車標準で装備したほか、パッケージモデルにはリバース連動ドアミラーが標準装備となっている。
トヨタ ラクティス コバルトブルーメタリック|人気中古車完全カタログトヨタ ラクティス グレージュの内装色|人気中古車完全カタログ

左/ボディ色はグリーン系を廃止し、新たにコバルトブルーメタリックを投入 右/内装色は従来のクローブブラウンをグレージュに変更。Gは運転席アームレストを標準装備とした

2009年 2月/特別仕様車 三たび登場! HIDを装備した人気の特別仕様車
XとGをベースに、メッキインサイドドアハンドルや6スピーカーなどを採用したHIDセレクションがまたもや登場。
トヨタ ラクティス 外観|人気中古車完全カタログ

前回同様、オートレベリング機能付きのディスチャージヘッドランプを特別装備。ボディ色は、写真の特別色ディープアメジストマイカメタリックを含む全9色をラインナップしていた

2009年 5月/一部改良 各部に改良を施し、1.5L車の低燃費性をさらに向上
1.5LのFF車はエンジン、トランスミッション、オルタネーターなどの制御を改良し、燃費を従来の+0.6km/Lとなる18.6km/Lに向上。2010年度燃費基準+15%を達成した。
ライバル中古車徹底研究

ラクティスのライバル3モデルをピックアップ各メーカーの人気コンパクトカーが揃い踏みだ

1.日産 ノート(現行型)
2.三菱 コルト(現行型)
3.ホンダ フィット(旧型)
日産 ノート 外観|人気中古車完全カタログ三菱 コルト 外観|人気中古車完全カタログホンダ フィット 外観|人気中古車完全カタログ
日産 ノート インパネ|人気中古車完全カタログ三菱 コルト インパネ|人気中古車完全カタログホンダ フィット インパネ|人気中古車完全カタログ
小さな子供がいるファミリー層を狙い、ユーティリティ性と走る楽しさをプラス
日産/ルノーグループのBプラットフォームを採用。ベビーカーも収納できる2段のラゲージスペースを採用するなど、ユーティリティ性が高められたモデルだ。エンジンは1.5L直4DOHCでデビュー。その後、2008年1月のマイナーチェンジ時に1.5Lのハイオク仕様が、同年10月には1.6L直4DOHCが追加された。トランスミッションは1.5LのFF車がCVT、4WD車が4ATで、1.6L車は5MTのみの設定。駆動方式はFFを中心に、1.5L車には4WDも用意する。
「まじめ、まじめ、まじめ」のコピーにふさわしく、厳格な品質チェックをクリア
S30年代に生産されていた「コルト600」の名を受け継ぐコンパクトカー。1550mmと立体駐車場に収まる全高ながら、シート位置を高めとして乗降性を向上させている。1.3Lと1.5Lの直4DOHC+CVTでデビューしたが、2004年10月には新開発のアルミエンジンに換装。これと同時に1.5Lターボ+スポーツモード付きCVT車が投入されたほか、2006年5月には1.5Lターボ+5MTも追加されている。駆動方式はFFが中心で、一部グレードには4WDも用意。
画期的なレイアウトによって生まれた、コンパクトカーの大ヒットモデル
高効率パッケージと優れた燃費性能により、大ヒットを飛ばしたモデル。燃料タンクを車体中央に配したセンタータンクレイアウトは、ホンダが謳う「21世紀の革新スモールカー」にふさわしい独創性だ。1.3L直4SOHCエンジンのみでデビューし、2002年9月には1.5Lが追加されている。トランスミッションはCVTが中心。1.5Lは全車7スピードモード付きCVTとなるほか、2005年12月のマイナーチェンジでは5MTも追加された。駆動方式はFFと4WDの設定。
狙い目グレード
15X
予算に余裕がない場合は前期型の15SVパッケージもオススメ

15Xは2008年1月のマイナーチェンジ時に登場したモデル。前期型では15S Vパッケージの装備に相当するが、燃費の向上や内装の改良などが行われていて買い得感が高い。80万円台から流通するH21年式なら、未使用車も割と豊富。
狙い目グレード
1.3ベリー
ラリーアート系以外は90万円以下の物件がほとんど

相場が高めに感じるが、これはターボ車のラリーアート系が引き上げているため。狙い目は、燃費が向上した2004年10月のマイナーチェンジ以降モデルだ。2003年式以前より物件数は少ないが、1.3ベリーなら比較的探しやすいはず。
狙い目グレード
1.3W
フルオートエアコンなどの快適装備が充実したグレード

流通量が多いのは1.3Aだが、どうせなら上級グレードの1.3Wを狙いたい。特に2003年10月以降の一部改良を受けたモデルなら、スマートカードキーなどの快適装備も搭載していてオススメだ。流通価格は2007年式で80万円台から。

文:安藤 眞、ユニットクワトロ


クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027