新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧三菱 eKワゴン≪変遷&ライバル車比較編≫ / navi

クルマニュース

三菱 eKワゴン≪変遷&ライバル車比較編≫ / navi

(2010/02/26)

ママに便利な装備が満載
燃費もうれしい「いい軽」ワゴン

  • 三菱 eKワゴン フロントスタイル|人気中古車完全カタログ
  • 三菱 eKワゴン インパネ|人気中古車完全カタログ
  • 三菱 eKワゴン リアスタイル|人気中古車完全カタログ
主な改良・変更・追加
2006年 9月/デビュー ユーティリティ性を高めた「いい軽」ワゴン
eKワゴンのグレードは、ベーシックなMとABSなどを装備したGのほか、それぞれに電動スライドドアを採用したMS、GSを設定。スポーティモデルとなるeKスポーツには、NAのXとターボのRが用意されていた。トランスミッションはMが5MTと3AT、MSが3ATで、それ以外はすべて4ATを搭載。全車ともFFと4WDを選択可能だ。
三菱 eKワゴン 取り付け部|人気中古車完全カタログ三菱 eKワゴン 内装|人気中古車完全カタログ

左/同じ規格の取り付け部を室内各所に設け、好きな場所にフックやゴミ箱を取り付けられるのはユニーク 右/eKスポーツはブラック内装とスポーツタイプシートを標準で装備

2006年 12月/特別仕様車 子育てママを応援するさまざまな便利装備を採用
MSがベースのマーブルエディションが登場。後席の子供とコミュニケーションを取りやすいよう、前席にセパレートシートを採用するなど、ママに便利な装備が多数採用された。
三菱 eKワゴン カーテン|人気中古車完全カタログ三菱 eKワゴン ラゲージ|人気中古車完全カタログ

左/授乳時や、赤ちゃんを強い日差しから守りたい時に便利なカーテンを特別装備 右/ラゲージには、ベビーカーを立てた状態で収納できるアタッチメントが採用されている

2007年 9月/一部改良 ヘッドライトの消し忘れなども防ぐ便利機能
キーレスエントリーやパワーウインドウなどを集中管理する独自の電子制御システム、エタックスが採用された。
三菱 eKワゴン 電動スライドドア|人気中古車完全カタログ三菱 eKワゴン 撥水機能付きUV&ヒートプロテクトガラス|人気中古車完全カタログ

左/eKスポーツには、電動スライドドア仕様のXSとRSを追加 右/同年12月には、撥水機能付きUV&ヒートプロテクトガラスなどを特別装備したブルームエディションも登場

2008年 8月/マイナーチェンジ 内外装の変更と燃費性能の高い新グレードの追加
全車のフロントフェイスを一新。eKワゴンには、10・15モード燃費20km/LのMXが追加となった。また、エタックスに運転席ドア限定アンロックなどの機能が追加されている。
三菱 eKワゴン 外観|人気中古車完全カタログ三菱 eKワゴン 内装|人気中古車完全カタログ

左/eKワゴンは大型メッキグリルにより、上質かつ親しみのある顔つきとなった 右/MSとGSの撥水加工シートは肌触りの良いメッシュタイプの新デザイン生地に変更された

三菱 eKワゴン 外観|人気中古車完全カタログ三菱 eKワゴン インパネ|人気中古車完全カタログ

左/シャープなメッキグリルを採用し、より精悍な印象となったeKスポーツ 右/eKスポーツのインパネは中央部にシルバーのパネルが採用され、スポーティさが増している

2009年 8月/一部改良&特別仕様車 エンジンなどを改良し、最大2.2km/L燃費を向上
NAのFF車は、エンジンとトランスミッションの制御を見直したことで燃費を向上。また、オプションのナビをHDDからSSDとしたほか、ボディ色の追加などが行われている。
三菱 eKワゴン 外観|人気中古車完全カタログ

MXをベースとした特別仕様車、リミテッドも登場。フルホイールキャップやオーディオなどの装備をカットすることで、新車価格99.8万円~というお手頃プライスを実現させている

2010年 1月/特別仕様車 ドライバーをサポートする点検パックを特別装備
MとMXがベースのジョイフィールドが登場。初回車検までの無料点検パックやメッキドアミラーなどが奢られていた。
ライバル中古車徹底研究

eKワゴンのライバル3モデルをピックアップ
各メーカーの人気軽ワゴンが揃い踏みだ

1.ホンダ ライフ(旧型)
2.スズキ アルトラパン(旧型)
3.ダイハツ ムーヴラテ(絶版)
ホンダ ライフ 外観|人気中古車完全カタログスズキ アルトラパン 外観|人気中古車完全カタログダイハツ ムーヴラテ 外観|人気中古車完全カタログ
ホンダ ライフインパネ|人気中古車完全カタログスズキ アルトラパン インパネ|人気中古車完全カタログダイハツ ムーヴラテ インパネ|人気中古車完全カタログ
使う人の心を満たすことをテーマに安全性やデザイン性にもこだわった一台
「ハートフル・テクノロジー」をキーワードに、空間効率だけではなく安心感やスタイリッシュさ、快適性などを追求したモデル。衝突時のエネルギーを効率良く分散、吸収する新開発ボディを採用したほか、EBD付きABS+ブレーキアシストを全車標準とするなど、安全性も重視されている。エンジンは、直3SOHCのNAとターボで、1気筒あたり2本のプラグを備えて燃焼効率を高めたiDSIを採用。トランスミッションは4ATのみで、全車にFFと4WDを用意する。
丸みのある箱型のエクステリアとモダンなインテリアで個性をアピール
1505mm(FF車)と低めの全高ながら、箱型フォルムとして十分な室内空間を確保。居心地の良さも重視しており、手触りが良いキルティング風生地のシートを採用するなど、こだわりのある仕様となっている。エンジンはオールアルミ製の直3DOHCで、NAとターボを用意。後者には扱いやすいMターボと、64psの力強いツインカムターボが存在する。トランスミッションは4ATが中心で、ツインカムターボには5MTも用意。駆動方式はFFと4WDの設定だ。
ほのぼのとしたフロントマスクと癒し系インテリアが女性の心をキャッチ
3代目ムーヴをベースとしながら、全く異なるキャラクターが与えられたモデル。丸みを帯びたスタイル、愛嬌のあるフロントマスク、外観同様“円”を基調としたインテリアなど、女性ユーザーを強く意識したことがわかる。UVカットガラスや大型バニティミラーといった、女性が喜ぶ装備も万全だ。エンジンは直3DOHCで、NAとターボを用意。トランスミッションは全車4ATだが、ターボ車のみ電子制御式が採用された。駆動方式は、全車にFFと4WDを用意。
狙い目グレード
Fハッピーエディション
マイナーチェンジ後の特別仕様車は充実装備が魅力的

改良ごとに装備が充実するので、できるだけ新しい年式で選びたい。特に、2006年9月のマイナーチェンジ以降に登場したFハッピーエディションやFハッピースペシャルなどは、フルオートエアコンといった装備が充実していて◎だ。
狙い目グレード
L
物件数は若干少なめでも、装備が充実した上級グレードを狙おう

2003年9月に登場し、2004年10月に廃止されたL。この期間では唯一、オートエアコンやベンチシートを備えていたNA車の上級グレードだ。2006年4月のマイナーチェンジ以降で選ぶなら、同じ位置づけのモードがオススメ。
狙い目グレード
X
マイナーチェンジ前後にかかわらず、NA車中堅グレードがオススメ

Xは、2007年6月のマイナーチェンジまで存在していた中堅グレード。流通量が最も豊富な上、フルオートエアコンを標準とするなど、装備も割に充実している。マイナーチェンジ以降で選ぶなら、同等の装備をもつVSがいいだろう。

文:安藤 眞、ユニットクワトロ


クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027