新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ダイハツ ミラ≪モデル概要&購入アドバイス編≫ / navi

クルマニュース

ダイハツ ミラ≪モデル概要&購入アドバイス編≫ / navi

(2010/05/07)

躍動感のあるスタイルと高い燃費性能を与え
クラスレスな満足を追求した軽ハッチバック

  • ダイハツ ミラ 外観|人気中古車完全カタログ
  • ダイハツ ミラ インパネ|人気中古車完全カタログ
  • ダイハツ ミラ リアスタイル|人気中古車完全カタログ
モデル概要
1980年の誕生以来、ベーシックな庶民の足として軽自動車市場を引っ張ってきた軽自動車の保守本流がミラ。
7代目となる現行モデルは、FFの軽自動車では最長となるホイールベース(前後輪間距離)をもち、大型サルーン並みの後席レッグルームを確保しているのが大きな特徴だ。

標準車のほかに、内外装をグレードアップしたカスタムを用意。このカスタムには、ターボエンジンを搭載したスポーティ仕様も設定されている。

一方、標準車にはアイドルストップ装置の付いたスマートドライブパッケージを設定。こちらの10・15モード燃費は、市販されている純エンジン車としてはトップの27km/Lを誇る。
メカニズム

4種類のトランスミッションを用意

エッセなどにも採用されたKF型の直列3気筒DOHCエンジンを全車に搭載。カスタムのRSには、これをターボで過給したものが搭載される。

ユニークなのは排ガス浄化システム。熱で劣化した触媒に自己修復機能をもたせたスーパーインテリジェント触媒と、ガスレンジの立ち消え防止装置からヒントを得た触媒早期活性化システムを採用する。

トランスミッションはグレードによって異なり、5MT、3AT、4AT、CVTと多彩にラインナップ。CVTはダイハツ独自のインプットリダクション方式で、ベルト回転数を低減することにより、コンパクト化と低燃費化を実現している。

サスペンションは前ストラット/後トーションビーム式。カスタムRSのみ、フロントスタビライザーを装着する。
ダイハツ ミラ エンジン|人気中古車完全カタログロングストローク化が図られたKFエンジン。左/自然吸気(NA)エンジンは低中速域での豊かなトルクや低燃費が特徴 右/力強くスムーズな加速を実現したターボ仕様
ダイハツ ミラ 衝突安全ボディ|人気中古車完全カタログ高効率エネルギー吸収構造のフロントサイドメンバーや高張力鋼板を採用した衝突安全ボディが、衝撃吸収性能の向上と強固なキャビンを実現。軽量化も果たしている
ドライブフィール

意外なほどしっかりした印象の足回り

サスペンションのストロークを生かし、ゆったりとした乗り心地がミラの持ち味。ホイールベースが長いおかげで上下に揺さぶられているようなピッチングは少なく、かつての軽自動車に見られたせわしなさは感じられない。

13インチタイヤを履く標準車の操舵力は軽く、コーナリング時の姿勢変化も小さくはない。しかし、ロードホールディングが良いため、タイヤが鳴き始めるような速度でも車の動きは安定している。

14インチ、あるいは15インチタイヤを履いたカスタムは、標準車より俊敏な印象。ただしXグレードはフロントスタビライザーが付かないため、ロール感は標準車とほとんど変わらない。走りを求めるなら、ターボエンジンのRSを選択したほうが満足度は高いだろう。
ダイハツ ミラ 走り|人気中古車完全カタログターボがもたらす十分な動力性能と、スタビライザー装着によるしなやかな乗り心地を実現したカスタムRS。ターボと好相性のCVTにより、加速は全域でスムーズだ
ダイハツ ミラ 居住空間|人気中古車完全カタログ全高を立体駐車場に入る1530mmに抑えながらも、室内高1265mm、室内幅1350mmというゆとりの居住空間を実現。前後シートの間隔も広く、後席でもゆったりと過ごせる
内外装

カジュアルな標準車と上質なカスタム

短いボンネットと長いキャビンによる伸びやかなプロポーションが、ミラの特徴だ。フロントマスクは標準車とカスタムで作り分けられており、カスタムはメッキグリルや4灯式ヘッドランプで上級感を演出。専用バンパーやサイドストーンガードにより、安定感も与えられている。ボディ色も標準車はペールカラーが多いのに対し、カスタムはダーク&モノトーン系を中心とした展開だ。

インパネは操作系が高い位置にまとめられているほか、メーター類も大径で見やすく、ビギナーでも安心して運転できる。

自慢の後席は大柄な大人が足を組める余裕がある。標準車は後席がスライドしないほか、最上級グレードにならないとヘッドレストが付かないので、 後席の利用頻度が高いならカスタムを選んだほうが良い。
ダイハツ ミラ 外観|人気中古車完全カタログ左右のドアはフルオープン時で約90度まで開くため、乗り降りはもちろん大きな荷物の積み降ろしもスムーズ。2段階のノッチ付きなので、狭い場所での開閉にも不便はない
ダイハツ ミラ リアシート|人気中古車完全カタログ標準車とカスタムは内装にも違いがある。前者がベージュカラーで明るい印象なのに対し、後者はブラック基調。RS(写真)には本革巻きステアリングなども採用されている
購入アドバイス
狙い目グレード
走行性や装備の充実度を重視
唯一のターボモデル、カスタムRSは走り重視の人向け。ただし物件数はそれほど多くないので、比較的流通している2007年式や2009年式で探してみよう。カスタム系はL以外なら後席スライド機構を採用しているので、妥協できるなら最も多く流通するカスタムXに狙いを絞るのもいい。全体を通じて最も豊富なのは標準車のLだが、装備が省略されている点が気になるところ。オートエアコンなどをもつXリミテッド以上を選んだほうが、満足度は高まるはずだ。
購入時チェックポイント
試乗が無理でも異音チェックは必須
実用的で燃費性能が高いため、仕事グルマとして使われていたケースもある。2007年式でも走行距離2万㎞以下の物件が大半だが、荒っぽく運転されていた可能性も考慮して下見しよう。試乗できないなら、エンジンをかけて異音チェックを忘れずに。リコール情報はいくつかあるが、対象台数が多いのはCVTのオイルクーラーホースに見られる不具合。2007年4月から2008年3月までに生産された車両の一部が対象なので、当てはまる場合は整備手帳などを確認しよう。
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】フィアット 500X|ファッション性だけじゃない! 街中をキビキビと走る“フィアットらしさ”が増したモデルだ(2019/06/18)
【試乗】ジャガー Iペイス│かっ飛びプレミアムEV、これこそ現代の“韋駄天”だ!(2019/06/14)
【試乗】ボルボ XC90|絶景に似合うプレミアムSUV「XC90」試乗散歩 in 山形(2019/06/08)
【試乗】BMW Z4│オープンであることすら忘れさせる剛性の高い本格スポーツカー(2019/05/27)
【試乗】新型 三菱 デリカD:5│悪路だけと思うなよ! 意外にもデリカD:5は峠最速ミニバンだった!?(2019/05/19)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ RAV4│オンロードでも楽しく、オフロードはもっと楽しく走れる本格SUV(2019/05/12)
2
up
【試乗】トヨタ サクシードバン ハイブリッド|働く車、商用車をワインディングで試す!(2019/05/01)
3
down
【試乗】新型日産 デイズ|軽の進化が止まらない!一気に進化したデイズをテストコースで全開試乗!(2019/05/18)
4
keep
メルセデス・ベンツ 新型Aクラスに試乗。小型ハッチバックとしては決して安くない。だが車としてのバリューは価格以上だ(2019/02/17)
5
up
【試乗】ボルボ XC90|絶景に似合うプレミアムSUV「XC90」試乗散歩 in 山形(2019/06/08)
6
up
【試乗】新型 スバル フォレスター|ハイブリッド車とガソリン車を豪雪地帯で乗り比べ!(2019/03/12)
7
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼルツーリング|ボディ剛性がアップし足回りもしなやか! ついつい遠出したくなるようなコンパクトSUV(2019/03/15)
8
up
【試乗】新型 三菱 デリカD:5│悪路だけと思うなよ! 意外にもデリカD:5は峠最速ミニバンだった!?(2019/05/19)
9
down
【試乗】新型 トヨタ マークX “GRMN”|2019年モデルは限定350台! 国産最高峰のFR 4ドアスポーツセダンだ!(2019/02/22)
10
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン ティグアン|4MOTIONの超安定性に驚く! 最適なシステム介入で雪上ドライブも怖くない!(2019/03/03)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027