新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ ランドクルーザー100【モデル変遷編】 / navi

クルマニュース

トヨタ ランドクルーザー100【モデル変遷編】 / navi

(2007/09/28)

高級サルーンを凌駕する重厚な走りを
体感できるトヨタ最上級SUV

トヨタ ランドクルーザー100|人気車購入ガイド
1998年(H10年)1月:デビュー
ディーゼルエンジンや5MTも用意して登場

伝統の悪路走破性と機動性、そして耐久性を高めたランドクルーザー100が登場。エンジンは4.7LのV8ガソリンと4.2Lディーゼルターボで、前者はワゴン、後者はバンの設定だ。グレードはVX、VXリミテッド、VXリミテッドGセレクションの3種類。ミッションは4ATで、バンモデルのVXのみ5MTも選択できる。足回りにはVXを除き、車高調整装置AHCや16段階で減衰力を調整するスカイフックTEMSなどが設定された。

トヨタ ランドクルーザー100 インテリア|人気車購入ガイド トヨタ ランドクルーザー100 車高調整装置AHC|人気車購入ガイド
↑オーバーフェンダーの廃止により、室内長30mm、室内幅105mmプラスを実現。余裕ある室内空間となった ↑AHC搭載車はノーマル、ロー、ハイと3種類の車高を選択可能。乗車人数や積載量によって自動で調整も行う
1999年(H11年)1月:グレード追加
よりラグジュアリィ性を高めた最上級グレード

追加設定のシグナスは、高級本革製シートなどの専用装備を多数採用。メモリー付き電動チルトステアリングなど、上級車にふさわしい装備も満載だった。

トヨタ ランドクルーザー100インパネ|人気車購入ガイド トヨタ ランドクルーザーシグナス外装|人気車購入ガイド
↑室内はセンタークラスターやパワーウインドウスイッチパネルなど、随所に本木目パネルを採用 ↑グリルは一部メッキ塗装。独立4灯式ヘッドランプのほか、専用の大型バンパーやアルミホイールを採用し、より高級感が増している
1999年(H11年)8月:一部改良
オプション装備の追加で安全性と快適性を向上

ワゴンのVXリミテッドとGセレクションに、アクティブTRCと車両安定制御システムVSCをオプションで新設定。

トヨタ ランドクルーザー100インパネ|人気車購入ガイド ←内装では、本木目ステアリング&シフトノブやDVDナビなどがオプションで設定された
2000年(H12年)5月:一部改良
機能装備の充実と盗難防止機能の強化

全グレードに、撥水フロントドアガラスやイモビライザー、フリーホイール機能付きシリンダーなどが標準で装備された。

トヨタ ランドクルーザー100ハザードランプ|人気車購入ガイド トヨタ ランドクルーザー100 Gセレクション 外装|人気車購入ガイド
↑ハザードには作動確認用として、ドアの施錠と解錠の際に点滅するシステムが採用された ↑Gセレクションはクローム調塗装のアルミホイールのほか、パワーシートやシートヒーターが標準装備となった
2001年(H13年)1月:特別仕様車
ラグジュアリィ感を強めた50周年モデル

ランクル50周年を記念した特別仕様車は、VXを除く全グレードがベース。照明付きサイドステップなどが奢られていた。

トヨタ ランドクルーザー100 エクセーヌシート|人気車購入ガイド ←VXリミテッド&Gセレクションベースには、専用装備としてエクセーヌシートも採用
2002年(H14年)8月:マイナーチェンジ
VX系とシグナスのすみ分けがより明確に

内外装のデザインを変更。VX系は力強さを、シグナスはスタイリッシュさをそれぞれ強調したものとなった。また、トランスミッションは全車5ATに変更されたほか、エンジンに改良が施されたことで、ガソリン、ディーゼル共に燃費が向上している。このほか、グレード整理も実施されており、ワゴンのVXは8人乗りから5人乗りに変更。バンはVXリミテッドとGセレクションのみの設定となった。

トヨタ ランドクルーザー100 インパネ|人気車購入ガイド トヨタ ランドクルーザーシグナス 外装|人気車購入ガイド
↑VX系はインパネとセンタークラスターを縦に3分割した新デザインに。ヒータースイッチはプッシュ式に変更 ↑水平基調のバンパーを採用したシグナスは、メッキ処理を施した2本のバーと太い外枠をもつグリルが特徴的
2003年(H15年)8月:一部改良&特別仕様車
最新マルチメディアを採用するなどの小変更

DVDナビはシステムの高速化により、処理時間が大幅に短縮。さらに、FM多重と電波ビーコン、光ビーコンを内蔵したVICSが新たに設定されるなど、最新機能を多数搭載している。また、VCS+TRCシステムの設定をバンにも拡大するなどの変更も実施。同時に、Gセレクションとシグナスをベースとした特別仕様車、プレミアムエディションが登場。専用キーホルダーやバックガイドモニターなど、特別装備を満載していた。

トヨタ ランドクルーザー100 音声ガイダンス機能付きカラーバックガイドモニター|人気車購入ガイド トヨタ ランドクルーザー100 外装|人気車購入ガイド
↑音声ガイダンス機能付きカラーバックガイドモニターは新たなオプション装備。VXを除く全車に設定された ↑カラードルーフレールやリアデフレクターなどが特別装備となったVXリミテッドプレミアムエディション
2005年(H17年)4月:マイナーチェンジ&特別仕様車
外装の変更を中心にエンジンの改良も実施

シグナスを除く全車のヘッドランプは、ワイドな形状に変更。また、全車のフロントグリルやリアコンビランプ、アルミホイールにもデザイン変更が施された。さらに、テール&ストップランプには消費電力の低いLEDを採用したほか、ガソリンエンジンに改良を施したことでさらに燃費が向上。同時に、VXリミテッドとGセレクションをベースとしたツーリングエディションと、シグナスがベースのインテリアセレクションが登場。

トヨタ ランドクルーザーシグナス インテリア|人気車購入ガイド トヨタ ランドクルーザー100 外装|人気車購入ガイド
↑シグナスインテリアセレクションには、ストーンと呼ばれる特別内装色を採用。より上質な印象となっている ↑全車に光軸調整機能付きヘッドランプを標準装備。また、シグナス以外は強弱のある3本バーグリルとなった
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027