新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スズキ ワゴンR【モデル概要編】 / navi

クルマニュース

スズキ ワゴンR【モデル概要編】 / navi

(2007/10/05)

ボクシーなスタイルと高いルーフで
快適空間を実現した軽トールワゴン

スズキ ワゴンR|人気車購入ガイド
コンセプト
それまでの軽自動車にない余裕の室内空間を実現
「小さくて小回りが利くぶん、室内が狭いのは仕方ない」という軽自動車の呪縛から、乗る人を解放したのがワゴンR。初代は従来の軽自動車にはなかった、背の高い角型デザインを採用することで、大人4人が余裕で座れ、かつ十分なラゲージスペースも確保できるパッケージングを確立した。
その初代がH5年にデビューすると、軽自動車メーカーの多くはそのコンセプトに追随。その後、モデルチェンジのたびに広さ競争を繰り広げることとなった。
そんなワゴンRも現行モデルで3代目。コンセプトは継承されているが、初代と比べるとボンネットはさらに短くなり、キャビンは一段と広くなった。
バリエーションは前期型と後期型では異なるが、シンプル路線がFA、カジュアル路線がFB、FC、FX。さらにターボ仕様のFT、FS、RRが用意されており、F系のターボは実用型、RR系が高出力型となっている。
メカニズム
4タイプのエンジンと3種類のミッションを用意
全モデルとも、直列3気筒のDOHC12バルブエンジンを搭載。NAのほか、低過圧ターボと高過給ターボ、それに直噴ターボの4種類が存在する。
NAエンジンには可変バルブタイミング機構が採用されており、トルク特性は低回転から高回転までフラットな印象だ。
低過圧ターボは、最高出力を抑える代わりにターボの立ち上がりを速め、実用域での使いやすさを向上。一方、高過給ターボは自主規制上限の64馬力を発生するハイパワータイプだ。
直噴ターボは、ガソリンの筒内直接噴射とターボを組み合わせたエンジン。なお、後期型のターボ車は直噴のみとなる。トランスミッションは4AT、5MT、CVTの3種類。CVTは後期型になって追加設定された。
サスペンションはフロントがストラット、リアがツイストビーム式。先代と形式は変わらないが、左右のロワリンク支持部を結ぶ補強板が追加されている。
エクステリア&インテリア
多彩な収納スペース&シートアレンジが魅力
3代目ワゴンRは、初代の骨太なデザインコンセプトを継承しながらも、フロントマスクやランプ類のディティールで新鮮さをアピールしている。
フロントマスクは、エッジを強調したシャープな印象。その一方で、ボディサイドはフェンダーフレアを目立たせたデザインとなり、若々しさと躍動感を巧みに同居させている。
インパネは横方向に広がりのあるデザイン。前席はベンチ式で、AT車はコラムシフトとなるためサイドウォークスルーが容易に行える。助手席シートクッションを起こすとバケツ式の物入れになるなど、収納は多彩。
リアシートは左右独立して135mmスライドができるほか、リクライニングも可能。背もたれを前に倒すだけでシートクッションも下降するため、ワンアクションでフラットなラゲージが完成する。助手席もダブルフォールディングができ、スキーなどの長尺物も積載可能だ。
インプレッション
パワフルさを望むなら直噴ターボ搭載車を
3代目になり大きく進化したのがドライブフィール。リアの安定感が増し、先代まで曖昧さのあったステアリングフィールはダイレクト感のあるしっかりしたものになっている。
同カテゴリーの中では車重が軽いため、市街地ならNAエンジンでも不足は感じられない。バランスが良いのは、後期型で姿を消した低過圧ターボエンジン搭載車。低速からおだやかにターボが利くので発進直後からトルク感があり、ターボに見られがちな急にパワーがアップするような扱いにくさはない。直噴ターボはパワフルで、リッターカー以上の力強さを感じる。
バイヤーズガイド
狙い目グレード
全体の半分以上を占める新車同然の物件を狙え!
できる限り予算を抑えたいなら、H16年式から。H15年式よりも流通量が多いため、低価格の物件が探しやすい。なかでも全体の5割以上を占めるFXがオススメ。特にこだわらないなら、最も物件数が多いH17年式をチェックしよう。大半は未使用車のため、新車同然の物件を入手することが可能。ちなみに、H16年式にも未使用車はわずかに存在している。H17年式よりも相場が下がるので、こちらを探してみるのもいいだろう。
購入時のチェックポイント
できる限り試乗して乗り心地を確認したい
リコール情報で対象件数が多いのは、エンジンコントロールユニット内のICが破損する恐れがあるというもの。これは、不適切な配線回路によって生じるもので、H15年9月からH16年6月に生産された車両の一部に見られる。該当する場合は、整備手帳で改善されているかを確認しよう。また、エアロパーツ搭載車やローダウンされた物件も多い。これらは下回りをのぞき込んだり、足回りのヘタリ具合をチェックしておこう。
<img src="http://d2i6c6y1xqgf7t.cloudfront.net/media/buyersguide/thum-20_01.jpg" width="180" height="123" border="0" alt="スズキ ワゴンR フロント|人気車購入ガイド" />
↑ボクシーなスタイルを採用。より力強さを表現するべく、センターピラーを直立させている。ホイールハウスも張り出したことで、安定感もアップ
<img src="http://d2i6c6y1xqgf7t.cloudfront.net/media/buyersguide/thum-20_02.jpg" width="180" height="123" border="0" alt="スズキ ワゴンR リア|人気車購入ガイド" />
↑サイドシルやリアバンパー下部の巻き込みを抑えたことで、どっしりとした安定感を表現。リアコンビランプは大型化され、被視認性が向上している
<img src="http://d2i6c6y1xqgf7t.cloudfront.net/media/buyersguide/thum-20_03.jpg" width="180" height="123" border="0" alt="スズキ ワゴンR インパネ|人気車購入ガイド" />
↑緩やかな弧を描き、空間に広がりを感じさせるインパネ。メーターは大径の丸型タイプを採用する。サイドベンチレーターグリルはシャット機能付き
<img src="http://d2i6c6y1xqgf7t.cloudfront.net/media/buyersguide/thum-20_04.jpg" width="180" height="123" border="0" alt="スズキ ワゴンR ユーティリティ|人気車購入ガイド" />
↑助手席の座面を引き上げ、シートバックを前に倒せば長尺物も積載できる。ダブルフォールディングリアシートも採用され、多彩なアレンジが可能
<img src="http://d2i6c6y1xqgf7t.cloudfront.net/media/buyersguide/thum-20_05.jpg" width="180" height="123" border="0" alt="スズキ ワゴンR 走り|人気車購入ガイド" />
↑ハイパワーな直噴ターボ搭載車なら、上り坂や高速道路の合流などでもストレスを感じない。低燃費なのも美点だ

クリックでタグの選択
最新ニュース
燃費、静粛性の向上も、本格オフローダー魂健在の新型ラングラーに乗った(2018/11/08)
わずか4年でフルモデルチェンジを迎えた新型X4。ステアリングを握っているだけで楽しい部分が湧き出してくる(2018/10/29)
待望の4WDが追加されたティグアン!! 安定性が増し、燃料費もリーズナブル(2018/10/18)
ノートにeーPOWER NISMOを超える韋駄天モデル“NISMO S”が追加(2018/10/18)
新型V60は一般道では走りに懸念があるも高速の安定性は良い。これからの改良に期待したい(2018/10/17)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027