新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スバル フォレスター【モデル変遷編】 / navi

クルマニュース

スバル フォレスター【モデル変遷編】 / navi

(2007/11/09)

シンメトリカル4WDレイアウトがもたらす
優れた走行性能が特徴のクロスオーバーSUV

スバル フォレスター|人気車購入ガイド
2002年(H14年)2月:デビュー
2種類のエンジンに4ATと5MTを用意

世界トップクラスのクロスオーバーSUVを目指し、2代目フォレスターが登場。搭載エンジンはSOHCの自然吸気(NA)とDOHCターボで、どちらも2Lの水平対向となっている。グレードは、NA搭載のX20とターボ搭載のXT。さらに前車には、CDラジオやカラードバンパーなどの装備を簡素化した受注生産モデル、Xも用意されていた。トランスミッションは、全車4ATと5MTから選択可能。いずれも4WDのみの設定だった。

スバル フォレスター シートアレンジ|人気車購入ガイド スバル フォレスター フレーム|人気車購入ガイド
↑リアシートは6:4分割可倒式で、荷室のフルフラット化も可能。助手席を後方に倒せば、長尺物も積載できる ↑ピラーやドア下などにサブフレームを採用。キャビンを囲む形で結合させて、全方位からの衝撃に備えている
2002年(H14年)10月:グレード追加
立体駐車場にも収まるタウンユース重視モデル

2Lターボエンジン搭載のクロススポーツが登場した。専用サスペンションにより、最低地上高を40mm下げて低重心化を実現。さらに、フロントサスを倒立式ストラットとし、操縦安定性が向上している。外観には、滑らかな造形の前後バンパーやサイドガーニッシュ、ドアミラーなどを専用デザインとして採用。ボディ同色の外枠をもつ専用メッシュグリルも搭載された。このほか、シルバー調シートなどが採用され、内装もスポーティかつ洗練された印象だ。

スバル フォレスター インパネ|人気車購入ガイド スバル フォレスター クロススポーツ|人気車購入ガイド
↑AT車のメーターパネル内には、オドメーターやシフトインジケーターなどを集約して表示する液晶を採用 ↑アルミ製のルーフレールとホイールはすべて専用のデザイン。写真は新色のゼニスブルーメタリックパールだ
2003年(H15年)2月:一部改良&グレード追加
クロススポーツに採用のドアミラーを標準装備

雨天走行時、鏡面の汚れを軽減する形状のドアミラーを全車に採用。また、リアシートの腰回り形状を変更したことで、居住性と快適性が向上している。

スバル フォレスター Xバックパックエディション|人気車購入ガイド ←同時に、Xをベースとして写真の専用撥水加工シートなどを採用したXバックパックエディションも追加された
2003年(H15年)7月:グレード追加
NAモデルの追加でバリエーションが拡大

H14年10月に登場のクロススポーツにNAエンジンを搭載した、クロススポーツ2.0iを追加。トランスミッションは4ATのみが設定されていた。

スバル フォレスター クロススポーツ2.0i|人気車購入ガイド ←専用デザインのバンパーやメッシュグリル、オンロード用タイヤなど、装備はすべてクロススポーツと同様だ
2004年(H16年)2月:一部改良&グレード追加
2.5Lターボ+6MTのピュアスポーツSUV

ステアリングのデザインを変更。また、リアシートはスライド式リクライニング機構の追加と座面の拡大も行われた。このほか、XTのアルミホイールを8本スポークにするなどの変更も実施。同時に、新グレードのSTIバージョンが追加された。これは、2.5L DOHCターボと専用6MTを搭載したハイスペックマシン。内外装も専用装備により、レーシーな雰囲気だった。

スバル フォレスターSTIバージョン インパネ|人気車購入ガイド スバル フォレスターSTIバージョン 外装|人気車購入ガイド
↑ステアリングやメーターなど、随所にSTIのロゴが配置されたコックピット。内装色はブラック基調となった ↑STIには、インプレッサでもお馴染みのWRブルーを専用色として採用。グリルとバンパーも専用のデザインだ
2005年(H17年)1月:マイナーチェンジ
走行性能を高めたほか内外装の質感向上も実現

NA車には、等長等爆エグゾーストシステムをもつ新型の水平対向4気筒SOHCエンジンを搭載。ターボ車には大型エンジンカバーを採用してエンジン音を低減したほか、出力向上と排気音の低減をかなえる大容量マフラーが採用された。このほか、シートに撥水加工を施し、荷室とリアシートバックにはハードマットを採用するなど、汚れとキズに強い仕様となっている。

スバル フォレスター ベージュ内装|人気車購入ガイド スバル フォレスター 外装|人気車購入ガイド
↑内装色はベージュとオフブラックの2色。一部モデルには、本革シートも標準もしくはオプションで用意された ↑フロントフードからバンパーにかけては滑らかで一体感のある形状に。大型グリルや水平デザインのヘッドランプも新採用となった
2005年(H17年)5月:グレード追加
スポーティなSTI Ver.がさらに走行性能を磨いた

追加されたSTIバージョンは、シフトストロークを最適化して操作性が向上。さらに、ステアリングギアボックスの改良により、滑らかな操舵感も実現した。

スバル STIロゴ入り専用スピードメーター|人気車購入ガイド ←STIロゴ入りの専用スピードメーター。240km/hまで表示されるタイプは、スバルの量産車としては初の搭載だ
2005年(H17年)6月:グレード追加
専用装備でオンロードの走行性能を高めたモデル

クロススポーツのNA車、2.0iとターボ車の2.0Tが追加。前者は4ATのみ、後者は4ATと5MTの設定で、いずれも専用バンパーなどを搭載していた。

スバル フォレスター2.0T 専用スポーツシート|人気車購入ガイド ←2.0Tの前席には、レザーとファブリックを組み合わせた専用スポーツシートとシートヒーターが採用された
2005年(H17年)12月:一部改良&特別仕様車
ヘッドランプなどに細かな改良を施して質感が向上

サスペンション特性を変更し、路面の追従性が向上。また、ヘッドランプはレベライザーが追加されたほか、内部にメッキ処理を施して質感を高めている。

スバル フォレスター特別仕様車 エアブレイク|人気車購入ガイド ←同時に、特別仕様車のエアブレイクが登場。大型サンルーフや明るい印象のベージュ内装などが採用されていた
2007年(H19年)1月:一部改良&グレード追加
グレードの整理と内外装の小変更を実施

エアブレイクがカタログモデルに昇格。STIのステアリングを全車に搭載したほか、スティールシルバーメタリックのボディ色追加といった変更も行われた。

スバル フォレスタークロススポーツ 2.0Tスポーツ|人気車購入ガイド ←追加グレードとして、アルカンターラの専用シートなどを採用したクロススポーツ2.0Tスポーツが登場
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
【Car as Art !】メルセデス・ベンツ GLE 450 4MATIC Sports(2020/08/26)
【試乗】新型 三菱 eKクロススペース|外観とは裏腹な、しなやかな乗り心地に好感(2020/08/20)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
2
up
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)
3
down
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
4
up
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
5
down
【試乗】マツダ MAZDA3ファストバックとミニ ミニ ジョン・クーパー・ワークス|和洋ハッチバックに乗って感じた、対極に思えるモデルでも共通点があるのだと(2020/08/11)
6
down
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
7
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる(2020/05/30)
8
up
【試乗】新型 日産 ルークス|競合スーパートールワゴンより確実に高い「質」を用意した1台(2020/08/17)
9
up
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
10
down
【Car as Art !】メルセデス・ベンツ GLE 450 4MATIC Sports(2020/08/26)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027