新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ アイシス【モデル変遷編】 / navi

クルマニュース

トヨタ アイシス【モデル変遷編】 / navi

(2007/11/30)

大開口パノラマオープンドアで
マルチに使えるコンパクトミニバン、アイシス

トヨタ アイシス|人気車購入ガイド
2004年(H16年)9月:デビュー
基本グレードは3種類でパッケージモデルも用意

「アクセスとスペースの革新」を目指し、卓越したユーティリティをもたせたアイシスが登場。大きく開くパノラマオープンドアやスイッチ一つで開閉するパワーバックドアを採用したほか、多彩なシートアレンジを可能とするなど、使い勝手の良さをとことん追求したモデルだ。基本グレードは上級のG、スタイリッシュなプラタナ、そしてベーシックなLの3種類。さらに、Gには運転席側パワースライドドアなどを採用したUセレクション、Lには運転席アームレストなどの装備を省いたXセレクションも用意されていた。エンジンは直4DOHCで、1.8Lと2Lを用意。前者は4AT、後者はCVTの組み合わせで、プラタナは7速スポーツシーケンシャルシフトを搭載する。駆動方式はFFで、2Lには4WDも用意。

トヨタ アイシス プラタナ インパネ|人気車購入ガイド トヨタ アイシス 5:5分割式 サードシート|人気車購入ガイド トヨタ アイシス パワーバックドア|人気車購入ガイド トヨタ アイシス プラタナ|人気車購入ガイド
↑プラタナのみ、内装色にダークグレーを採用。アナログ風デザインの大型3眼メーターも同グレードの専用装備だ ↑サードシートは5:5分割式。床下格納が可能で、簡単な操作によってフラットなラゲージを作ることもできる ↑イージークローザー機構を搭載した便利なパワーバックドアは、G のUセレクションのみに標準で装備された ↑大型エアロバンパーやワイドフェンダーパネル、サイドマッドガードなどの専用装備を多数搭載したプラタナ
2005年(H17年)11月:一部改良&特別仕様車
環境性能の向上とAV系の改良を実施

2Lエンジンが「H17年基準排出ガス75%低減レベル」の認定を取得。また、対向車への眩惑を低減するべく、全車に光軸調整用ヘッドランプレベリング機構が採用された。このほか、オプションで用意されていたDVDナビをHDDナビに変更。さらに、プラタナにオプション設定だったCD一体AM/FMチューナー&ラジオが廃止となるなどの変更も行われた。同時に、特別仕様車のプラタナGエディションが発売されている。

トヨタ アイシス HDDナビ|人気車購入ガイド トヨタ アイシス プラタナGエディション 内装|人気車購入ガイド トヨタ アイシス プラタナGエディション|人気車購入ガイド
↑HDDナビは、6.5型ワイドのタッチディスプレイを搭載。テレマティクスサービスG-BOOK ALPHAにも対応 ↑プラタナGエディションは専用の内装色を採用。セカンドシートのセンターアームレストなども特別装備となる ↑専用色グレーメタリックを採用したプラタナGエディション。2L車にはハイグロス塗装のアルミホイールも奢られている
2006年(H18年)8月:特別仕様車
トヨタ店創立60周年を記念して登場した一台

Lベースの60thスペシャルエディションが登場。セカンドシートセンターアームレストや運転席&助手席スライドドアイージークローザーが奢られていた。

トヨタ アイシス 60thスペシャルエディション インパネ|人気車購入ガイド ←茶木目調のヒーターコントロールパネルや本革巻き3本スポークステアリング&シフトノブなども特別装備
2007年(H19年)5月:マイナーチェンジ
内外装の大幅変更と快適装備の追加を実施

2.0プラタナに運転席側パワースライドドアやセカンドシートセンターアームレスト、天井バニティランプなどを装備したパッケージモデル、Uセレクションが新たに設定された。外観では、フロントバンパーとグリルのデザインを変更し、押し出し感とスタイリッシュな印象を強調。また、ヘッドランプをプロジェクター式としたほか、ボディカラーも変更されて新色のライトグリーンメタリックなどを含む全8色となった。内装では、ステアリングのデザインとシート&ドアトリムの表皮を変更。さらに、プラタナとプラタナUセレクションにはパドルシフトが標準で装備された。このほか、後席確認ミラーやIRカット機能付きウインドシールドガラスなどを全車に標準装備としたことで、快適性も向上している。

トヨタ アイシス インパネ|人気車購入ガイド トヨタ アイシス パドルシフト|人気車購入ガイド トヨタ アイシス ワイドビューフロントモニター|人気車購入ガイド トヨタ アイシス プラタナUセレクション|人気車購入ガイド
↑プラタナを除く全車のステアリングは3本スポークに。また、L以外はすべてオプティトロンメーターとなった ↑ステアリングから手を離さずにシフトのアップダウンができるパドルシフト。ダイレクトな操作感が楽しめる ↑見通しの悪い交差点で威力を発揮するワイドビューフロントモニターのカメラ。全車オプションで新設定された ↑ホイールは、グレードごとに異なるデザインに変更された。写真は、パワーバックドアなども装備するプラタナUセレクション
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027