新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ダイハツ タント【モデル概要編】 / navi

クルマニュース

ダイハツ タント【モデル概要編】 / navi

(2007/12/21)

広大な室内空間&高い利便性を
革新的なFFパッケージに凝縮

ダイハツ|人気車購入ガイド
コンセプト
若いママの支持を集める優しい印象と広い室内
子育て世代のセカンドカーとして、高い人気を誇るのが軽ハイトワゴン。なかでも、そうした需要に特化して企画されたダイハツタントは、発売以来、断トツに高い支持を受けている。
開発コンセプトは「しあわせ家族空間」で、小さな子供のいる家庭の日常使いを最重要視し、車体寸法や装備内容を 決定。プラットフォームは旧ムーヴ系と共用だが、全高を10cm弱高くして室内高1330mmを実現している。小学校低学年くらいまでなら、後席フロアに立ったままでの着替えが可能。
車名のTantoは、イタリア語で「とても広い」「たくさんの」という意味。後席は左右独立して260mmのロングスライ ドが可能で「とても広い」室内と「たくさん」積めるラゲージを使い分けることができる。
女性ユーザーから高い支持を受ける一方で、H17年には男性が乗ってもサマになるタントカスタムが追加された。
メカニズム
高い環境性能を誇る2種類のガソリンエンジン
搭載エンジンにはガソリンターボとNA(自然吸気)の2種類があるが、いずれも直3DOHC。鋳鉄製シリンダーブロック を採用する旧世代のEF型だが、排ガス浄化装置には最先端の「インテリジェント触媒」を採用。長期間の使用でも、 従来型より劣化が少ないのが特徴で、中古車でもクリーンな排ガスが維持されているのは嬉しい。
ちなみに排ガス性能は、NAのFF車が平成17年排ガス規制値の50%減(3つ星)を実現。また、ターボ車と4WD車は 、平成17年規制レベル(星なし)となっている。トランスミッションはFF車とターボ車が4ATで、NAの4WDのみ3ATとなる。
ボディには新骨格構造TAFを採用し、大型セダンとの衝突実験もクリア。緊急ブレーキ時にアシスト力を強める機構 の付いたABSは、Lグレード以外の全車に標準装備されるなど、安全面でも抜かりはない。
エクステリア&インテリア
頻繁に子供が乗ることを考慮した使い勝手の良さ
ガラスエリアを大きく取った路面電車のようなデザインは、個性を主張するだけでなく、視界の良さにも貢献。後退 駐車時にも左後方までよく見えるため、取り回しもしやすく安心。
4枚のドアは全ヒンジ式で90度近くまで開くため、チャイルドシートに子供を乗せるのも容易。後席シー トスライドを最後部にセットすれば、足元スペースは大型セダン並みに広くなり、最前部にセットすれば、運転席か ら子供のケアをするのも楽になる。後席は床下に格納することができ、子供用自転車を積めるラゲージスペースを作 り出すことが可能。フロア下には、子供の靴が入れられる程度の小物入れもある。
ヒーターダクトは後席足元にまで延びているから、チャイルドシート回りの暖まる時間が短い。UV(紫外線)を90% 以上カットするガラスが全面に使用されており、皮膚の弱い子供への配慮も行き届いている。
インプレッション
背の高さを感じさせない落ち着いた乗り心地
コーナリング時には重くて大きいボディという印象があるものの、腰高感が抑えられているため不安定さはなく、乗 っているうちに慣れてしまう。ホイールベースが長いため、ピッチング(頭が前後に動く揺れ)が穏やかで、乗り心 地は良好だ。
エンジンはNAでも低速トルクがしっかり出ており、40km/hぐらいまでのスピードの乗りは良い。ただし高速域での伸 びは「必要十分」レベル。車重もハイトワゴン系では最重量クラスに属しているので、60km/h以上の走行や坂道走行 が多いならパワーのあるターボモデルを選んだほうが良いだろう。
バイヤーズガイド
狙い目グレード
装備が充実した物件はH18年式以降に多く流通
H17年6月以降のモデルは、一部改良により利便性が向上している。しかしH17年式はまだ改良前のモデルが多いため 、H18年式以降で探したほうが見つかりやすいだろう。H18年~H19年式は共に走行距離の少ない物件が多いので、新 車気分を味わえそうだ。ただし、相場が大幅にアップするのもH18年式以降。費用を少しでも抑えたいというなら、 特に流通量の多いH16年式で探すのがオススメだ。
購入時のチェックポイント
内装の汚れや傷み具合は隅々までチェックしたい
小さな子供を乗せていたケースも多い車なので、内装が汚れていないかはしっかり確認しておきたい。シートの 隙間やマット下など、くまなく見てみよう。また、荷物を積まれることが多かったと想定し、ラゲージのキズや汚れ などもチェックしておきたい。このほか個体差もあるが、バックドアやインパネからのビビリ音が気になるという声 も聞く。可能であれば試乗し、許容できるか確認を。
ダイハツ タント フロント|人気車購入ガイド
↑デザインは水平基調で、コンパクトなノーズとビッグキャビンのシルエットが特徴的。安 定感のある大型バンパーと、フレンドリーな顔つきが好印象
ダイハツ タント リア|人気車購入ガイド
↑バックドアウインドウをサイドまで回し、ワイド感と安定感、そして開放感を表現。ヘッドランプを模したデザインのリアコンビランプもユニークだ
ダイハツ タント インパネ|人気車購入ガイド
↑グレーのインパネを2分割するように明るいベージュを配色し、ワイド感を強調。ダイヤル類は大きくデザインされ、扱いやすい配置となっている
ダイハツ タント パッケージング|人気車購入ガイド
↑ノーズを短くし、タイヤを四隅に配置したことで、2440mmのロングホイールベースを実現。室内長は2000mmと、ミ ドルクラスセダンに匹敵する
ダイハツ タント 走り|人気車購入ガイド
↑ターボモデルは高速走行もストレスなくこなす。可能ならNAモデルと乗り比べ、自分の使い方に応じて選ぼう

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
9
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027