新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ダイハツ タント【モデル変遷編】 / navi

クルマニュース

ダイハツ タント【モデル変遷編】 / navi

(2007/12/27)

街乗りで便利に使える工夫がいっぱいの軽
走りのターボ、スタイリッシュなカスタムも人気

ダイハツ タント|人気車購入ガイド
2003年(H15年)11月:デビュー
エンジンはNAとターボ全グレードに4WDを設定

子供がいる若いファミリィをメインターゲットとしたタントが登場。グレードは、直3DOHCの自然吸気(NA)エンジン搭載のL、X、Xリミテッドと、ターボエンジンを搭載したR、RSの全5種類だ。トランスミッションはNAモデルのFFに4AT、4WDに3ATを搭載。ターボモデルには、全車電子制御式4ATが採用されている。なお、駆動方式は全車FFと4WDの設定だ。最大の特徴は、独自のパッケージングによって生まれたビッグキャビン。室内高1330mm室内長2000mmで、ゆとりある室内空間を実現している。また、広いガラスエリアや明るい内装色により、開放感も抜群だ。さらに、前後席ドアステップは段差をほとんどなくして、乗り降りしやすいほか、リアシートが手軽にアレンジできるのも美点。

ダイハツ タント TAFボディ|人気車購入ガイド ダイハツ タント シート|人気車購入ガイド ダイハツ タント ラゲージスペース|人気車購入ガイド ダイハツ タント 外装|人気車購入ガイド
↑フロントサイドメンバーなどが採用されたTAFボディ。超コンパクトノーズながら、高い衝突安全性を実現した ↑クッションとシートバックに厚みをもたせたシートを採用。ドアアームレストにもファブリックが使われている ↑開口部が広く、荷物の積み降ろしがしやすいラゲージ。容量はVDA方式で516Lの大容量を実現した ↑XリミテッドとRSのみ、大型エアロバンパーやサイドストーンガードといったエアロパーツが採用される
2004年(H16年)6月:特別仕様車
オシャレな内装と利便性の高い装備を採用

XとXリミテッドをベースとしたスマイルセレクションが登場。持っているだけでドアの解錠と施錠が行える、ハンズフリーキーなどを特別装備していた。

ダイハツ タント スマイルセレクション|人気車購入ガイド ←内装のハニーイエローは専用色。撥水加工シートや運転席用バニティミラー付きサンバイザーなども採用された
2005年(H17年)6月:一部改良&グレード追加
若い男性がターゲットのカスタムシリーズを追加

セキュリティアラームやフロントマップランプなどを、全車に標準装備する。また、撥水加工シートや静粛性を向上させる吸音天井などが新たに採用されたほか、グレード整理によりRが廃止された一方で、新グレードのタントカスタムを追加。大型バンパーなどのエアロパーツや、ヘッドランプと連続させたクリアグリル、スエード調のフルファブリックシートなどが採用され、力強い外観と上質な内装を実現している。

ダイハツ タントカスタム インパネ|人気車購入ガイド ダイハツ タントカスタムRS 15インチアルミホイール|人気車購入ガイド ダイハツ タントカスタム 外装|人気車購入ガイド
↑カスタムシリーズの内装はブラックが基調。カスタムRSのみ、MOMO製革巻きステアリングなどが奢られた ↑カスタムRSのみに標準装備の15インチアルミホイール。なお、カスタムL/Xは14インチとなる ↑クリアグリルや横長のフォグランプにより、ワイド感が強調されたカスタム。ドアミラーターンランプとメッキドアハンドルは標準装備だ
2005年(H17年)12月:特別仕様車
「ママに優しい」機能を追加したお買い得車

ハッピーセレクションは、タントXをベースとした特別仕様車。除菌イオンを発生させるプラズマクラスター付きオートエアコンや、花粉やホコリを抑えるクリーンエアフィルターなどを採用し、快適性を向上させたモデルだ。また携帯していればノブ操作だけでエンジンがかけられる、新開発のイモビライザー付きキーフリーシステムも搭載。これらの特別装備を奢られながら、新車価格はベース車両の4.2万円高に抑えた。

ダイハツ タントハッピーセレクション インパネ|人気車購入ガイド ダイハツ タントハッピーセレクション シート|人気車購入ガイド
↑雑菌やカビ菌の活動を抑制するプラズマクラスター付きエアコンのほか、大型2眼センターメーターも特別装備 ↑撥水加工シートに採用されたハッピーオレンジは専用色。ドアアームレストにも同色のファブリックを採用
2006年(H18年)9月:特別仕様車
スタイリッシュな内外装と人気装備を搭載

タントLをベースとしたVSが登場。大型エアロバンパーやルーフエンドスポイラーを採用したほか、キーフリーシステムなどの人気装備も搭載された。

ダイハツ タントVS インテリア|人気車購入ガイド ダイハツ タントVS 外装|人気車購入ガイド
↑内装色は専用のブラックで統一。メッキインナードアハンドルや大型2眼センターメーターも採用されている ↑外観には、エアロパーツやハロゲンフォグランプ、14イン チアルミホイール、撥水フロントガラスなどを採用
2006年(H18年)11月:特別仕様車
9月に登場したVSのカスタムバージョン

カスタムVSとカスタムVSターボは、それぞれカスタムXとカスタムRSがベース。プロテインレザー&スエード調のコンビシートなどを採用し、上質感がアップしている。また、イモビライザー付きキーフリーシステムなども奢られた。このほかカスタムVSは、カスタムRSに標準装備だったリアマップランプやフロントスタビライザーも採用。新車価格はベース車両と比べ、VSが1.05万円高、VSターボが2.1万円高だった。

ダイハツ タントカスタムVS オーバーヘッドコンソール|人気車購入ガイド ダイハツ タントカスタムVS フロントマスク|人気車購入ガイド
↑カスタムVSに特別装備として採用されオーバーヘッドコンソール。カスタムRSには標準の装備となっている ↑グリルにメッキを施したことで、より迫力の増した顔つき。15インチアルミホイールも特別装備の一つだ
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027