新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 ムラーノ【モデル変遷編】 / navi

クルマニュース

日産 ムラーノ【モデル変遷編】 / navi

(2008/01/18)

プレミアムな雰囲気をもつスタイリッシュSUV
専用色本革シートを備える特別仕様車が多い

日産 ムラーノ|人気車購入ガイド
2004年(H16年)9月:デビュー
デザインコンシャスな内外装を実現したモデル

ムラーノは、従来のSUVがもつデザイン感にとらわれず、新たな可能性を追求するべく開発。一目でそれとわかる斬新なエクステリアと、プレミアムな内装を実現したモデルだ。装備も充実しており、車両の左前方を映し出すサイドブラインドモニターと、後方視界を表示するバックビューモニターを全車標準装備。また、専用にチューニングされたBOSEサウンドシステムや本革巻きステアリングなども、同様に装備されていた。グレード構成は、3.5L V6エンジンの350XV 、350XV FOURと、直4DOHCエンジンを搭載した250XLの3種類。ミッションは、3.5LがCVT、2.5Lは4ATの組み合わせで、前者にはシフトレバーのアップダウンでギアチェンジができる6速マニュアルモードが採用された。駆動方式はFFが中心で、350XV FOURのみ4WDとなっている。

日産 ムラーノ シート|人気車購入ガイド 日産 ムラーノ エンジン|人気車購入ガイド 日産 ムラーノ サイドブラインドモニター|人気車購入ガイド 日産 ムラーノ デザイン|人気車購入ガイド
↑前後シートは大きめながら、足元空間を広くして快適な座り心地を実現。3.5L車は本革シートを標準で装備 ↑3.5Lエンジンは、力強くスムーズな動力特性。CVTとの組み合わせにより、滑らかな走りと低燃費を実現している ↑左ドアミラーに埋め込まれたCCDカメラが、車両左前方を映し出して死角を解消するサイドブラインドモニター ↑デザインテーマは「躍動感ある彫刻」。アンダーボディは力強さ、キャビンはスポーティさが強調されている
2005年(H17年)1月:限定車
プレミアムな室内空間を演出する限定シート採用

北米向けモデルのみのカベルネシートを採用したカベルネが登場。なお、同年6月には、同仕様でボディ色がグレー系のア ルテ・カベルネも発売された。

日産 ムラーノ 350 XV FOUR|人気車購入ガイド ←ベース車両は350 XV FOUR。外装では、従来はオプションの電動ガラスサンルーフやルーフレールが奢られた
2005年(H17年)12月:一部改良&限定車
外装を追加して従来からプレミアム感がより向上

ボディ色のゴールド系とシルバー系の色調を変更。また、ヘッドランプの仕様変更も行われ、価格は3.78万円アップとなった。同時に、同年9月末まで、100台までの期間&台数限定となるアルテ-ロセットが登場。ベース車両は、ヒーター付きドアミラ ーや大型バッテリーなどを備えた寒冷地仕様の350XV FOURだ。電動ガラスサンルーフやインテリジェントキーなど、同年1月に登場したカベルネと同様の装備に加え、専用ボディ色のフレアレッドを採用。さらに、アルミポリッシュのルーフレールなども装備していた。

日産 ムラーノ ヘッドランプ|人気車購入ガイド 日産 ムラーノ カベルネ色本革シート|人気車購入ガイド 日産 ムラーノ アルテ-ロセット|人気車購入ガイド
↑ヘッドランプのオートレベライザーを全車に標準装備することで、H18年1月より実施の灯火器技術基準に適合 ↑アルテ-ロセットには、前席ヒーター付きのカベルネ色本革シートやカーテンエアバッグなども採用されていた ↑鮮やかなフレアレッドを採用したアルテ-ロセット。クロームメッキドアモールなども装備され、質感が向上
2006年(H18年)5月:特別仕様車
専用色の本革シートでクールなイメージを演出

全車をベースにグレー色シートなどを採用したスタイリッシュシルバーレザーが登場。新車価格はベース車の21.42円万高となる310.8 万円~だった。

日産 ムラーノ インテリジェントキー|人気車購入ガイド ←インテリジェントキーとイモビライザーも特別装備の一つ。このほか、前席ヒーターも全車に採用されていた
2006年(H18年)12月:特別仕様車
モダンな室内空間と機能装備をもつ一台

ブラウンの本革シートが与えられたモードブラウンレザーは、全グレードがベース。インテリジェントキーなども装備し、新車価格は310.8 万円~だった。

日産 ムラーノ ブラウン専用本革シート|人気車購入ガイド ←落ち着きのあるブラウンとなった専用本革シート。ブラック内装と相まって、シックな印象を醸し出している
2007年(H19年)5月:特別仕様車
価格を据え置きとしながら北米仕様グリルを新採用

スタイリッシュシルバーアンコールは、H18年5月に登場したモデルの第2弾。グレーのシートといった特別装備に加え、新造形のグリルも採用する。

日産 ムラーノ シルバー専用本革シート|人気車購入ガイド 日産 ムラーノ 新造形グリル|人気車購入ガイド
↑シルバーの専用本革シートが、スポーティでクールな印象を際立たせている。新車時価格は310.8 万円~ ↑縦バーが4 本となった新造形グリルは、北米モデルのみに装備されていたもの。前モデルとの唯一の相違点
2007年(H19年)9月:限定車
ベース車の40.32万円高となる420万円で発売

350XV FOURベースのアルテ-ビアネロッソが登場。同グレードに未設定のホワイトパールをボディ色としたほか、お馴染みのカベルネシートも採用された。

日産 ムラーノ カベルネシート|人気車購入ガイド 日産 ムラーノ ホワイトパール|人気車購入ガイド
↑カベルネシートのほか、インテリジェントキーやカーテンエアバッグといった従来の限定車と同様の装備を採用 ↑ボディ色はホワイトパールのみで、アルミポリッシュルーフレールや電動ガラスルーフなども装備


クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
【Car as Art !】メルセデス・ベンツ GLE 450 4MATIC Sports(2020/08/26)
【試乗】新型 三菱 eKクロススペース|外観とは裏腹な、しなやかな乗り心地に好感(2020/08/20)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
2
keep
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)
3
keep
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
4
up
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
5
keep
【試乗】マツダ MAZDA3ファストバックとミニ ミニ ジョン・クーパー・ワークス|和洋ハッチバックに乗って感じた、対極に思えるモデルでも共通点があるのだと(2020/08/11)
6
up
【試乗】新型 日産 ルークス|競合スーパートールワゴンより確実に高い「質」を用意した1台(2020/08/17)
7
down
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
8
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる(2020/05/30)
9
keep
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
10
up
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027