新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 ムラーノ【モデル変遷編】 / navi

クルマニュース

日産 ムラーノ【モデル変遷編】 / navi

(2008/01/18)

プレミアムな雰囲気をもつスタイリッシュSUV
専用色本革シートを備える特別仕様車が多い

日産 ムラーノ|人気車購入ガイド
2004年(H16年)9月:デビュー
デザインコンシャスな内外装を実現したモデル

ムラーノは、従来のSUVがもつデザイン感にとらわれず、新たな可能性を追求するべく開発。一目でそれとわかる斬新なエクステリアと、プレミアムな内装を実現したモデルだ。装備も充実しており、車両の左前方を映し出すサイドブラインドモニターと、後方視界を表示するバックビューモニターを全車標準装備。また、専用にチューニングされたBOSEサウンドシステムや本革巻きステアリングなども、同様に装備されていた。グレード構成は、3.5L V6エンジンの350XV 、350XV FOURと、直4DOHCエンジンを搭載した250XLの3種類。ミッションは、3.5LがCVT、2.5Lは4ATの組み合わせで、前者にはシフトレバーのアップダウンでギアチェンジができる6速マニュアルモードが採用された。駆動方式はFFが中心で、350XV FOURのみ4WDとなっている。

日産 ムラーノ シート|人気車購入ガイド 日産 ムラーノ エンジン|人気車購入ガイド 日産 ムラーノ サイドブラインドモニター|人気車購入ガイド 日産 ムラーノ デザイン|人気車購入ガイド
↑前後シートは大きめながら、足元空間を広くして快適な座り心地を実現。3.5L車は本革シートを標準で装備 ↑3.5Lエンジンは、力強くスムーズな動力特性。CVTとの組み合わせにより、滑らかな走りと低燃費を実現している ↑左ドアミラーに埋め込まれたCCDカメラが、車両左前方を映し出して死角を解消するサイドブラインドモニター ↑デザインテーマは「躍動感ある彫刻」。アンダーボディは力強さ、キャビンはスポーティさが強調されている
2005年(H17年)1月:限定車
プレミアムな室内空間を演出する限定シート採用

北米向けモデルのみのカベルネシートを採用したカベルネが登場。なお、同年6月には、同仕様でボディ色がグレー系のア ルテ・カベルネも発売された。

日産 ムラーノ 350 XV FOUR|人気車購入ガイド ←ベース車両は350 XV FOUR。外装では、従来はオプションの電動ガラスサンルーフやルーフレールが奢られた
2005年(H17年)12月:一部改良&限定車
外装を追加して従来からプレミアム感がより向上

ボディ色のゴールド系とシルバー系の色調を変更。また、ヘッドランプの仕様変更も行われ、価格は3.78万円アップとなった。同時に、同年9月末まで、100台までの期間&台数限定となるアルテ-ロセットが登場。ベース車両は、ヒーター付きドアミラ ーや大型バッテリーなどを備えた寒冷地仕様の350XV FOURだ。電動ガラスサンルーフやインテリジェントキーなど、同年1月に登場したカベルネと同様の装備に加え、専用ボディ色のフレアレッドを採用。さらに、アルミポリッシュのルーフレールなども装備していた。

日産 ムラーノ ヘッドランプ|人気車購入ガイド 日産 ムラーノ カベルネ色本革シート|人気車購入ガイド 日産 ムラーノ アルテ-ロセット|人気車購入ガイド
↑ヘッドランプのオートレベライザーを全車に標準装備することで、H18年1月より実施の灯火器技術基準に適合 ↑アルテ-ロセットには、前席ヒーター付きのカベルネ色本革シートやカーテンエアバッグなども採用されていた ↑鮮やかなフレアレッドを採用したアルテ-ロセット。クロームメッキドアモールなども装備され、質感が向上
2006年(H18年)5月:特別仕様車
専用色の本革シートでクールなイメージを演出

全車をベースにグレー色シートなどを採用したスタイリッシュシルバーレザーが登場。新車価格はベース車の21.42円万高となる310.8 万円~だった。

日産 ムラーノ インテリジェントキー|人気車購入ガイド ←インテリジェントキーとイモビライザーも特別装備の一つ。このほか、前席ヒーターも全車に採用されていた
2006年(H18年)12月:特別仕様車
モダンな室内空間と機能装備をもつ一台

ブラウンの本革シートが与えられたモードブラウンレザーは、全グレードがベース。インテリジェントキーなども装備し、新車価格は310.8 万円~だった。

日産 ムラーノ ブラウン専用本革シート|人気車購入ガイド ←落ち着きのあるブラウンとなった専用本革シート。ブラック内装と相まって、シックな印象を醸し出している
2007年(H19年)5月:特別仕様車
価格を据え置きとしながら北米仕様グリルを新採用

スタイリッシュシルバーアンコールは、H18年5月に登場したモデルの第2弾。グレーのシートといった特別装備に加え、新造形のグリルも採用する。

日産 ムラーノ シルバー専用本革シート|人気車購入ガイド 日産 ムラーノ 新造形グリル|人気車購入ガイド
↑シルバーの専用本革シートが、スポーティでクールな印象を際立たせている。新車時価格は310.8 万円~ ↑縦バーが4 本となった新造形グリルは、北米モデルのみに装備されていたもの。前モデルとの唯一の相違点
2007年(H19年)9月:限定車
ベース車の40.32万円高となる420万円で発売

350XV FOURベースのアルテ-ビアネロッソが登場。同グレードに未設定のホワイトパールをボディ色としたほか、お馴染みのカベルネシートも採用された。

日産 ムラーノ カベルネシート|人気車購入ガイド 日産 ムラーノ ホワイトパール|人気車購入ガイド
↑カベルネシートのほか、インテリジェントキーやカーテンエアバッグといった従来の限定車と同様の装備を採用 ↑ボディ色はホワイトパールのみで、アルミポリッシュルーフレールや電動ガラスルーフなども装備


クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027