新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 ティーダ/ティーダラティオ【モデル概要編】 / navi

クルマニュース

日産 ティーダ/ティーダラティオ【モデル概要編】 / navi

(2008/02/22)

コンセプトは「Compact Meets Luxury」
クラスレスの広い室内と上質感をまとったコンパクトカー

日産 ティーダ&ティーダラティオ|人気車購入ガイド
コンセプト
飾り立てることなく上質感を表現した一台
日産の中興期を支えたサニーパルサーに代わり、小型大衆車セグメントに投入されたのがティーダティーダラティオ。前者が5ドアハッチバックで、後者が4ドアセダンとなる。
ターゲットユーザーは「子離れ世代の熟年カップル」。持ち物で生活レベルを誇示することは好まないが、自分が納得できる上質なものを所有したいという本物志向の価値観をもった人への訴求を狙っている。
商品コンセプトは「Compact Meets Luxury」。華美な装飾を施すのではなく、素材の手触りや合わせ面の精度などで上質感を表現。シートのサイズや居住性なども、ラグジュアリィセダンに匹敵する仕様としている。
パッケージング上の特徴は背が高いことで、1535mmの全高はカローラより75mmも高い。この全高を利用して乗員をアップライトに座らせることで、限られた前後長の中にゆとりある居住性を実現している。
メカニズム
トルク性能を高めた2種類のエンジンを用意
ティーダ/ラティオがデビューした際、絶賛されたのが1.5Lエンジン。新開発のHR15DE型エンジンは、最高出力の数値こそ控えめだが、リッター当たりトルクが10kg-mを超える高トルク型となっている。
4カ月遅れで1.8Lエンジンが追加されているが、こちらも新世代のMR18DE型。セレナラフェスタに搭載される2Lエンジンの縮小版で、やはり豊かな低速トルクが身上だ。
トランスミッションは電子制御4ATとCVTが用意される。FFは15Sと15Bの一部以外がCVTで、4WDは4ATとの組み合わせ。4WDシステムは電気モーターで後輪を駆動するタイプで、ビスカス式などより高い発進性能と良好な燃費性能をもつ。
サスペンションは前ストラット/後ろツイストビーム式と、同セグメントの定番だが、リバウンドスプリングを内蔵して車両の浮き上がりを抑えるなど、欧州車並みの贅沢なメカを採用。
エクステリア&インテリア
すっきりとしたデザインで質感を向上させた内外装
「スペーシャス&スパイシー」をコンセプトとするエクステリアは、シンプルなライン構成でけれん味のないデザイン。スペーシャスとは、「広々とした」「雄大な」などのほかに「気高く」といった意味をもつ。
フロントマスクは、両車とも日産コンパクトカー共通の分割グリルを採用。どこか同朋ルノーのデザインも連想させる。さらに、1.8L車はキセノンヘッドランプとAFSを標準で装備。
インパネも直線基調のシンプルなデザインだ。あえて木目調パネルを避けたことにより、落ち着いた上質感を醸し出している。フロントシートの骨格は、上級セダンのティアナと同じものを使用。低反発ウレタンを採用することで、しっとりとした座り心地が確保されている。
このほか、5ドア車の後席は240mmのスライドが可能。最後部にした際のレッグスペースはシーマ並みで、最前部にすればワゴン並みの積載量となる。
インプレッション
実用域での走行性能は1.5Lモデルでも十二分
低速トルクの豊かなエンジンと、それを最大限に引き出すCVTとの統合制御により、回転を上げなくても力強い走りができるのがティーダ/ラティオの特徴。低速が力強いだけに、高回転側はややおとなしい印象だが、あくまで相対的なもので、追い越し加速時の速度の乗りに不満はない。よほど飛ばす人でもなければ、1.5Lモデルでも不足は感じないだろう。
乗り心地はしなやか系で、タウンスピードから快適。高速域での直進性能も満足のいくものだ。操舵応答性はマイルドだが、姿勢変化を許しつつも違和感の少ない操縦性能をもっている。
バイヤーズガイド
狙い目グレード
上級装備を狙うならH19年式の特別仕様車を
ティーダ、ラティオともH18年を境に相場が大きくアップする。そのため、出費を抑えたいならH16年式、H17年式から選ぼう。特にH17年式は、全年式中で2番目に流通量が多いのでオススメだ。予算を気にしないなら断然H19年式。細かな改良が重ねられたうえ、特別仕様車も割と流通している。本革/アルカンターラシートなどが手に入れば、満足度も高まるはず。
購入時のチェックポイント
リコール対象車両なら整備手帳の確認が必須
リコール情報で特に対象台数が多いのは、CVTの不具合。これは、H17年5月からH18年3月までに生産された車両の一部に見られるもので、クラッチハブの強度不足が原因だ。該当車両に出合ったら、対策品に交換されているかをチェックしよう。また、初期モデルは足回りが硬めに感じるという声もあるので、可能な限り試乗して許容できる範囲か確認しておきたい。
<img src="http://d2i6c6y1xqgf7t.cloudfront.net/media/buyersguide/thum-29_01.jpg" width="180" height="123" border="0" alt="日産 ティーダ フロントスタイル|人気車購入ガイド" />
↑低くワイドなデザインのバンパーが、車高を感じさせずキビキビした走りのイメージを演出。キリリとした大型ヘッドランプが力強さをアピールする
<img src="http://d2i6c6y1xqgf7t.cloudfront.net/media/buyersguide/thum-29_02.jpg" width="180" height="123" border="0" alt="日産 ティーダラティオ リアスタイル|人気車購入ガイド" />
↑トランクリッドを中心に3分割された印象のリア回り。直線的なキャラクターラインや、面で構成されたフェンダーなどがシャープさを与えている
<img src="http://d2i6c6y1xqgf7t.cloudfront.net/media/buyersguide/thum-29_03.jpg" width="180" height="123" border="0" alt="日産 ティーダ&ティーダラティオ インパネ|人気車購入ガイド" />
↑ドアトリムやアームレストなどは柔らかな触感にこだわった素材を採用。スポーティな3連メーターやメタリック調パネルがアクセントとなっている
<img src="http://d2i6c6y1xqgf7t.cloudfront.net/media/buyersguide/thum-29_04.jpg" width="180" height="123" border="0" alt="日産 ティーダ シート|人気車購入ガイド" />
↑座り心地の良い大柄なシートは、ティーダが目指す快適さを形にしたもの。後席は240mmロングスライド機能により、ゆったり足を伸ばして座れる


クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027