新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ ヴィッツ【モデル概要編】 / navi

クルマニュース

トヨタ ヴィッツ【モデル概要編】 / navi

(2008/03/07)

プレミアム感を磨いたトヨタの代表的コンパクトカー
開発コンセプトは「My Proud Compact」

トヨタ ヴィッツ|人気車購入ガイド
コンセプト
パッケージングを一新し初代よりサイズアップ
トヨタが欧州市場に本格参入する際、斬り込み隊長として企画されたのがヴィッツ。初代の開発コードNBCはNew Basic Carの頭文字を取ったもので、コンパクトカーのベンチマークを目指す高い志が表れている。
ここで紹介するのは2代目となるモデルで、開発コンセプトは「My Proud Compact」。実用性だけにとどまらず、所有する人、売る人、そして作る人の誰もがプライドをもてる、妥協のないクルマを目指している。
ボディは初代より全長で110mm、全幅で35mm、全高で20mm大きく、特に全幅は5ナンバーサイズいっぱいの1695mmに拡大。前後座席間距離は45mm拡大され、初代で不満の多かった後席の居住性は改善された。
衝突安全性能に関しては、トヨタ車として初めて、衝突実験速度55km/hを採用。相手に2tクラスのクルマを使った衝突実験なども実施し、現実に即した安全性能の確保が行われている。
メカニズム
4種類のエンジンにCVTや4WDモデルを用意
エンジン排気量は1L、1.3L、1.5Lの3種類。1Lはダイハツ製の3気筒で、アイドリングストップ装置付きのインテリジェントパッケージも用意される。車格に比べて排気量が小さいが、高速道路で急な追い越しでもしない限り実用性は十分だ。
1.3LエンジンはFF用が2SZ型、4WD用が2NZ型と2種類を用意。前者が低燃費志向、後者が高トルク志向の性格となる。また、1.5Lは当初、スポーツグレードのRSのみに搭載されたが、現在はUおよびI'llグレードでも選択可能だ。
トランスミッションはCVT(連続無段変速機)を全グレードに用意。ただし、1.3L車のみに設定の4WDモデルは電子制御の4ATとなる。一方、1.5RSには5MTも用意された。
安全面では、乗員数や積載状態に応じてブレーキ力配分を変えるEBD付きABSを全車に標準装備。このABSは緊急時にアシスト力を強める機能ももつ。
エクステリア&インテリア
力強いエクステリアと先進的なインテリア
エクステリアのデザインコンセプトは、「POWERFUL SIMPLICITY」だ。初代の印象を継承しつつも、より抑揚を強めて存在感を演出。湾曲した太いショルダーラインは、力強い躍動感を作り出している。キャビンはボディ後部に向かって強く絞り込まれており、空力特性を向上。CD値0.30と、コンパクトハッチとしては最良レベルだ。
インテリアのデザインテーマは、「VIVID SIMPLICITY 」。シンプルでありながら、先進的でインパクトのあるデザインが追求されている。センターメーターは継承されたが、アナログ式のオプティトロン(自発光式)メーターに変更。オートエアコンには、プラズマクラスターイオンを放出して浮遊する細菌を不活性化する機能を装備する。
リアシートは3タイプを用意。上級グレードの6:4分割シートなら、150mmのスライドと10度のリクライニング、ダイブダウン格納が可能となる。
インプレッション
市街地メインで走るなら1Lモデルでも不満はない
たっぷりとしたサスペンションストロークを生かしたしなやかな乗り心地が、2代目ヴィッツの身上。電動パワーステアリングの違和感も少なく、ブレーキのタッチもしっかりとしたものだ。シートの座り心地が良いのも特筆すべき美点だろう。
1Lモデルでもパワーは必要十分だが、高速道路を走る機会が多いなら1.3L以上のモデルを選択したい。特に165/70R14タイヤ装着車は、乗り心地と操縦性能のバランスが絶妙だ。
1.5LのRSはそれなりに硬い乗り心地。とはいえ、市街地でも不快ではなく、フットワークの良さを考えれば許容範囲だ。
バイヤーズガイド
狙い目グレード
RSにこだわらないなら高年式車がオススメ
Uカーの相場はデビュー時から大きくはアップしていないため、できるだけ新しい年式から選びたい。特に、H19年式は流通量が多めで探しやすいはず。後期型はそれほど流通していないが、サイド&カーテンエアバッグなどが標準装備となっているため買い得感が高い。グレード別では、全年式で物件数が多い1.0Fと1.3Fがオススメ。RSは新しい年式だとあまり流通していないので、走りにこだわるのなら、H17年式で探そう。
購入時のチェックポイント
ファミリィユースを考慮し室内は重点的に確認を
リコール情報では、燃料ポンプに不具合が報告されている。これは、H17年1月から2月に生産された車両の一部が対象。場合によってはエンジンストップの可能性もあるというので、該当車両の場合は対策品と交換されているか、整備手帳で確認してみよう。このほか、リアシートの動作や室内の汚れ具合なども確認しておきたい。また、RSの場合は割と激しく運転されていた可能性があるので、足回りなどのチェックも忘れずに。
トヨタ ヴィッツ フロントスタイル|人気車購入ガイド
↑バンパーからボンネットまでつながりのある、有機的なデザイン。大きく縦に入った2本のキャラクターラインが、力強く個性的な顔つきに仕立てる
トヨタ ヴィッツ リアスタイル|人気車購入ガイド
↑タイヤを四隅に配置したことで、安定感のあるリアビューを実現。サイドからラインを回り込ませたバックドアには、前傾したガラスが採用される
トヨタ ヴィッツ インパネ|人気車購入ガイド
↑ヒーターコントロールパネルを縦にレイアウトし、デジタルな印象となったインパネ。視認性の高いオプティトロンメーターは全車標準装備だ
トヨタ ヴィッツ シート|人気車購入ガイド
↑一部グレードは、リアシートに6:4分割可倒式を採用する。アレンジは簡単なレバー操作で行え、左右とも倒して格納すればフルフラットも可能

クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027