新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ ヴィッツ【モデル変遷編】 / navi

クルマニュース

トヨタ ヴィッツ【モデル変遷編】 / navi

(2008/03/14)

後期モデルには全グレードにサイドエアバックを標準装備
さらに全15色という豊富なボディーカラーも用意された

トヨタ ヴィッツ|人気車購入ガイド
2005年(H17年)2月:デビュー
全5グレードと充実のラインナップで販売開始

走行性などの基本性能はもとより、居住性や質感などあらゆる面で向上させた2代目ヴィッツが登場した。プラットフォームは新開発で、優れたパッケージングを実現。前後席間距離はクラストップレベルの880mmで、さらにラゲージ容量をVDA値274Lとするなど、広い室内空間と高い積載性を両立している。
グレードは、装備がシンプルな順にB、F、X、U の4種類のほか、スポーティグレードのRSを設定。FとBにはアイドリングストップシステムなどを搭載し、低燃費を実現したインテリジェントパッケージも用意されていた。エンジン排気量は3種類で、1LがBとFに、1.3LがFとUに、そして1.5LがXとRSに搭載。なお、1.3Lエンジンは駆動方式によって異なる2種類が用意されている。トランスミッションはCVTが中心で、FとUの4WD車のみ4ATが搭載されたほか、RSは5MTも選択可能だ。

ヴィッツ RS 内装|人気車購入ガイド ヴィッツ リアシート|人気車購入ガイド ヴィッツ ラゲージ デッキボード|人気車購入ガイド ヴィッツ RS 外観|人気車購入ガイド
↑RSは内装色にダークグレーを採用し、シックな印象を強調。ステアリングやシフトノブは本革巻きとなる ↑立体的な造形のリアシート。分割可倒式搭載車なら、左右独立で後方に最大10度のリクライニングが可能だ ↑フラットな床面を実現するデッキボードはUとX、さらにFの4WD車に標準装備。下段は収納スペースとなる ↑RSには、より押し出し感の強いバンパーやハニカムメッシュグリルなど、スポーティな専用パーツを採用
2005年(H17年)8月:特別仕様車
ソフトな印象の内外装と便利装備を採用した一台

Fクリームコレクションは、Fの1L車と1.3Lの4WD車がベース。専用のグレージュ内装色やスマートエントリー&スタートシステムなどが採用されていた。

ヴィッツ Fクリームコレクション|人気車購入ガイド ←ボディ色は、専用のローズメタリックオパールを含む全6色。電気式バックドアオープナーなども奢られた
2005年(H17年)12月:一部改良&グレード追加
専用装備を数多く採用し質感を向上した新グレード

X にスマートエントリー&スタートシステムと4スピーカーを標準装備。また、BとBインテリジェントパッケージを除く全車に、G-BOOK ALPHA対応HDDナビをオプション設定するなど、利便性が高められた。
さらに、新グレードのI’ll(アイル)を設定。メッキ加飾のインサイドドアハンドルや、本革&スエード調シート表皮といった上質装備に加え、足元照明やフロントフォグランプなどが標準装備となっていた。

トヨタ ヴィッツ I’ll インパネ|人気車購入ガイド トヨタ ヴィッツ ヘッドランプ|人気車購入ガイド トヨタ ヴィッツ I’ll 外観|人気車購入ガイド
↑シャンパンシルバーのセンタークラスターはI’llの専用装備。本革巻きステアリングなども採用されている ↑ヘッドランプは、RSがオートレベリング機能付き、F、U、Xがマニュアルレベリング機能付きに変更された ↑フロントグリルやフルホイールキャップは専用デザイン。ヘッドランプにも専用加飾が施されている
2006年(H18年)6月:特別仕様車
人気グレードに装備を追加して安全性を向上

Fをベースとしたアドバンストエディションが登場。オートレベリング機能付きディスチャージヘッドランプなど、数多くの特別装備が採用された。

ヴィッツ サイド+カーテンエアバッグ|人気車購入ガイド ←サイド+カーテンエアバッグの採用に加え、従来は1カ所のみだった格納式アシストグリップを4カ所に増設
2007年(H19年)8月:マイナーチェンジ
より洗練された外観と高い安全性&快適性を実現

RSを除く全車で、前後バンパーやグリル、ヘッドランプ、リアコンビランプのデザインが変更。ボディ色はターコイズメタリックなど新たに4色が設定され、全15色となった。内装では、サイド&カーテンエアバッグを全車に標準装備とし、安全性を向上。また、I’ll とUの運転席には肩や腰、下肢部分にヒーターを配置した快適温熱シートが標準装備されている。さらに、RSの1.3L車が追加となるなど、グレード構成も変更された。

トヨタ ヴィッツ 1.5RS ステアリング|人気車購入ガイド トヨタ ヴィッツ 快適温熱シート|人気車購入ガイド トヨタ ヴィッツ 外観|人気車購入ガイド
↑1.5RSのCVT車には、ステアリングを握ったままシフトアップ&ダウンの操作ができるパドルシフトを追加 ↑快適温熱シートは温度設定の切り替えも可能。冬だけでなく、冷房使用時などオールシーズンで活用できる ↑エクステリアはデザインに加え、ターンランプ付きドアミラーの採用といった変更を実施
2007年(H20年)1月:特別仕様車
質感と使い勝手を高めより魅力を増した一台

Fがベースのリミテッドが登場。ディスチャージヘッドランプやスマートエントリー&スタートシステム、メッキインサイドドアハンドルなどを搭載する。

ヴィッツ スマートエントリー&スタートシステム|人気車購入ガイド ←スマートキーを携帯していれば、ブレーキを踏みながらスイッチを押すだけでエンジンもスタートできる
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
【試乗】ポルシェ 911 カレラ4S|高出力&ラグジュアリーに進む911に安定感をもたらす存在(2020/10/02)
【試乗】新型メルセデス・ベンツ GLA|コンパクトSUVの2代目はよりスタイリッシュに、より高機能に進化(2020/09/30)
【Car as Art !】BMW M550i xDrive Ultimate Edition(2020/09/25)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027