新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ダイハツ コペン【モデル概要編】 / navi

クルマニュース

ダイハツ コペン【モデル概要編】 / navi

(2008/03/21)

軽自動車の域を超えた装備が魅力の
本格的なライトウェイトオープンカー

<img src="http://d2i6c6y1xqgf7t.cloudfront.net/media/buyersguide/31_main.jpg" width="565" height="424" border="0" alt="ダイハツ コペン|人気車購入ガイド" />
コンセプト
高級車と同じ電動式のメタルトップを搭載
コペンは量産車世界最小のオープンスポーツカー。H11年のモーターショーで参考出品車として展示され、反響の大きさから発売が実現した。名前はCompact+Openに由来する。
クラシカルなスポーツカースタイルをしているが、プラットフォームは自社製の軽自動車から流用したもので、オーソドックスなFF(前輪駆動)のメカニカルレイアウトをもつ。
特徴的なのは、電動式のメタルトップ。高級スポーツカーのルーフを手がけるドイツのベバスト社と共同開発した本格的なシステムで、わずか20秒で開閉操作が完了する。H19年までは樹脂製のディタッチャブルトップ仕様もあり、電動式と比較して30kgも軽量だった。
製造方法もスペシャルで、選りすぐりの熟練スタッフがハンドメイド同然の方法で組み立ててている。新車価格は約160万円からだが、内容を考えればバーゲンプライスだ。
メカニズム
軽自動車と簡単にはくくれないその中身とは
プラットフォームは2世代前のミラのものを利用し、ホイールベースを130mm短縮。フロア下にX形の補強を入れるなど、コペン専用の改良が行われている。電動ルーフやボンネット、トランクリッドには、軽量なアルミ合金が使用された。
エンジンは、今や軽自動車では珍しくなった直列4気筒を採用する。排気量はもちろん660だが、ターボチャージャーでの過給によって1.2L並みの高トルクを発生。レッドゾーンは8500rpmからと、高回転まで引っ張る楽しさが堪能できる。
サスペンションはフロントがストラット、リアがトーションビーム式と一般的だが、リアサスには軽自動車初のトーコレクトブッシュを採用。コーナリング時に後輪のトー変化を補正し、安定性を高めるメカニズムだ。
トランスミッションはマニュアルモード付き4ATと5MTが用意される。MTのシフトフィールはなかなか小気味良い。
エクステリア&インテリア
高級車に匹敵する仕様で品質の高さをアピール
ポルシェ356をモチーフにデザインされたというエクステリアは丸みを帯びており、クラシカルな雰囲気が漂う。ボンネットのV字ラインや、丸型ランプ類を配列したフロントマスクのイメージは、そのままリアにも用いられた。ボディカラーは全9色と豊富で、高級車に匹敵する5層コートを採用する。
内装の質感も高く、手触りと合わせ品質のいずれも、上級セダン並みの水準。デザインはシンプルだが、むしろスポーツカーらしい潔さが好印象だ。
スポーツシートを装備する運転席はタイトで、ある程度ドライバーの体形を選ぶ。一方、ステアリングにはチルトのほかテレスコピック調整も搭載されており、ドライビングポジションの細やかな調整が可能だ。
トランクルームはゴルフバッグ1個を積載できるくらいの容量。電動ルーフ格納時でも、小ぶりのダッフルバッグを押し込む程度のスペースは残る。
インプレッション
ドライビングの喜びを感じさせてくれる一台
FFベースの軽自動車とはいえ、立派にライトウェイトオープンスポーツのテイストをもっているコペン。ダイレクト感のあるステアリングフィールや軽快なフットワークは、交差点を曲がるだけでワクワクする。
クローズ時のボディ剛性はなかなかしっかりしているが、オープンにすると、それなりのユルさを感じる。が、これぞオープンスポーツの味。オープンで絶対的なボディ剛性を求めれば重くなり、ライトウェイトの良さが失われてしまうのだ。
なお、走りを重視したい向きは、ディタッチャブルトップ仕様で屋根を閉めたまま走るべし。
バイヤーズガイド
狙い目グレード
より上質な装備を狙えばさらに満足できるはず!
どの年式も圧倒的に多いのは、アクティブトップの4AT。5MTもそこそこ流通しているので、それほど苦労せずに探せるだろう。だからこそ、狙い目はレザーパックなどのパッケージモデル。本革巻きステアリングなどの上級装備が採用されているため、満足度は格段にアップするはずだ。もちろん、アルティメットエディションなど、装備が充実した特別仕様車もオススメ。なお、予算に余裕がないなら、相場が一気にアップする手前のH17年式から選ぶのが正解だ。
購入時のチェックポイント
リコール対策済みか否かは整備手帳で確認しよう
リコールとして発表されているのは、H17年10月に生産された車両の一部。エンジンとミッションの軸がずれた状態で組み立てられており、クラッチディスクの損傷につながる場合もあるという不具合だ。このほか、下見の際はルーフの開閉を必ず行い、作動はもちろん、異音がしないかなどにも注意してみよう。縁のゴムが劣化してい ないかも重要だ。また、希に異音が気になるとの声も聞かれる。可能であれば試乗して、許容範囲かを確認しておきたい。
<img src="http://d2i6c6y1xqgf7t.cloudfront.net/media/buyersguide/thum-31_01.jpg" width="180" height="123" border="0" alt="ダイハツ コペン フロントスタイル|人気車購入ガイド" />
↑水滴を意識してデザインされたシルエットは、低重心で高い安定感を演出。ヘッドランプなどは円モチーフを採用し、親しみやすい顔つきとなっている
<img src="http://d2i6c6y1xqgf7t.cloudfront.net/media/buyersguide/thum-31_02.jpg" width="180" height="123" border="0" alt="ダイハツ コペン リアスタイル|人気車購入ガイド" />
↑エアロディフレクターやロールバーなどの装備は、オープンカーならでは。ランプ類をフロントと同じ円モチーフにしたことで、個性が強調されている
<img src="http://d2i6c6y1xqgf7t.cloudfront.net/media/buyersguide/thum-31_03.jpg" width="180" height="123" border="0" alt="ダイハツ コペン インパネ|人気車購入ガイド" />
↑ブラックを基調とした端正なインパネ。立体配置された3連メーターにはシルバーリングを装着。シフトノブにはメタリック素材が採用されている
<img src="http://d2i6c6y1xqgf7t.cloudfront.net/media/buyersguide/thum-31_04.jpg" width="123" height="180" border="0" alt="ダイハツ コペン エンジン|人気車購入ガイド" />
↑タービンへ排気を送るパイプを2本とするなど、様々な専用チューンを実施。走り出しからのリニアなトルク感 とダイレクト感を実現している

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
8
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
9
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
10
down
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027