新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ダイハツ コペン【モデル変遷編】 / navi

クルマニュース

ダイハツ コペン【モデル変遷編】 / navi

(2008/03/28)

デビュー以降数々の上級装備が奢られた特別仕様車が登場
中にはシリアルナンバー入りのプレミアムモデルも

ダイハツ コペン|人気車購入ガイド
2002年(H14年)6月:デビュー
ルーフの異なる2つのグレードをラインナップ

誰もが気軽に楽しめる本格的オープンスポーツカーを目指し、開発されたコペンが登場。エンジンは660の直4DOHCのみで、スポーツカーらしい走行性能をかなえるべく、専用チューニングが施されている。トランスミッションは、マニュアル感覚のシフトチェンジが行えるマニュアルモード付き4ATと、ショートストロークでクイックな操作が楽しめる5MTの2種類。グレードは、電動開閉式ルーフのアクティブトップと、取り外し可能な樹脂製ルーフをもつディタッチャブルトップが設定されていた。また、スペシャルチューンドサスペンションといった装備を採用し、よりスポーティな走行が楽しめるスポーツパックも用意。こちらはアクティブトップにオプション、ディタッチャブルトップに標準装備となっていた。

ダイハツ コペン レザーパック|人気車購入ガイド ダイハツ コペン トランク|人気車購入ガイド ダイハツ コペン ディタッチャブルトップ|人気車購入ガイド ダイハツ コペン|人気車購入ガイド
↑ヒーター付き本革シートや、MOMO製本革ステアリングなどを装備するレザーパックも設定 ↑トランクルームはVDA容量210L。ルーフ格納時にトランク内の荷物との干渉を防ぐパーティションを装備する ↑ディタッチャブルトップは同年9月に登場。樹脂製のため軽量で、車両重量はアクティブトップより30kg軽い ↑15インチアルミホイールを全車標準装備とするなど、軽自動車とは思えないほど装備が満載だ
2003年(H15年)7月:一部改良&特別仕様車
装備の充実に加えて上質な特別仕様車を発売

アクティブトップに、ボディ色とのコーディネイトが楽しめるカラーオーダーシートをオプションで設定。また、全車にシートヒーターをオプション設定とするなどの変更が行われた。同時に、特別仕様車の1stアニバーサリーエディションを発売。アクティブトップをベースに、ヒーター付きのタンカラーシートやタンカラードアトリムなど、上質な内装が採用されていた。なお、新車価格はベース車の16万円高となる165.8万円。

ダイハツ コペン カラーオーダーシート|人気車購入ガイド ダイハツ コペン 1stアニバーサリーエディション インパネ|人気車購入ガイド
↑新設定のカラーオーダーシートには、写真のイエロー/ブラックのほか、レッド/ブラックが用意されていた ↑1stアニバーサリーエディションのインパネ。MOMO製ウッド&レザーステアリングなど、上級装備を採用する
2004年(H16年)6月:一部改良&特別仕様車
スポーティ感を強めた発売2周年記念モデル

ボディカラーに新色を追加し、全9色の豊富なバリエーションで展開されることとなった。同時に、アクティブトップをベースとした2ndアニバーサリーエディションが登場。ヒーター付きのレカロ製フルファブリックシートや、MOMO製本革巻きステアリング、プロジェクター式ディスチャージヘッドランプといったスポーティな装備が奢られた。新車価格は、ベース車両の20万円高となる169.8万円。

ダイハツ コペン 2ndアニバーサリーエディション 内装|人気車購入ガイド ダイハツ コペン ボディーカラー スチールグレーメタリック|人気車購入ガイド
↑2ndアニバーサリーエディションには、レッドとブラックの内装色を採用。よりスポーティな印象となっている ↑ボディカラーに追加されたのはシャンパンメタリックオパールと、写真のスチールグレーメタリックの2色
2006年(H18年)6月:特別仕様車
鮮やかなオレンジ内装とスポーティな足回り

アルティメットエディションは、アクティブトップがベース。オレンジ/ブラックのレカロ製アルカンターラシートなどを装備し、180万円で販売された。

ダイハツ コペン ビルシュタイン製ショックアブソーバー|人気車購入ガイド ダイハツ コペン アルティメットエディション|人気車購入ガイド
↑ビルシュタイン製ショックアブソーバーを搭載したことで、路面追従性やコーナリング時の安定性がさらに向上 ↑テールにはビルシュタインエンブレムを搭載。BBS製アルミホイールも特別装備の1つだ
2007年(H19年)9月:特別仕様車
創立100周年を記念して登場したプレミアムモデル

アクティブトップをベースとしたアルティメットエディションIIメモリアルが登場。年内限定のシリアルナンバーを与えるなどプレミアム感の高い一台だ。

ダイハツ コペン アルティメットエディションIIメモリアル インパネ|人気車購入ガイド ダイハツ コペン アルティメットエディションIIメモリアル ダークレッドマイカ|人気車購入ガイド
↑シャインブラックセンタークラスターやMOMO製本革巻きステアリング、キャメル色のレカロシートなどを採用 ↑外装では、クリアターンランプやブラックメッキグリルなどを装備。なお、写真のダークレッドマイカは新色だ
 
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
9
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027