新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ アルファード【モデル変遷編】 / navi

クルマニュース

トヨタ アルファード【モデル変遷編】 / navi

(2008/04/11)

充実の快適&安全装備に加え、ハイブリッドモデルも追加され
名実と共にトヨタのフラッグシップミニバンに

トヨタ アルファード|人気車購入ガイド
2002年(H14年)5月:デビュー
豊富なラインナップでデビューした旗艦モデル

アルファードG/Vは、ミニバンのフラッグシップを目指して生まれたモデルだ。エンジンは3L V6と2.4L直4の2種類。3Lには最上級グレードとなるMZと、装備を省いたMX、エアロモデルのMSを、2.4LにはAXとエアロモデルのASを設定する。さらにMZにはGエディション、MXとAXにはLエディションなど、パッケージモデルも用意された。駆動方式は、全車FFと4WDを選択可能。乗車定員はMXとAXが8人乗りのみの設定で、他モデルは7人乗りも用意されている。
充実した装備も特徴で、イージークローザー付き両側スライドドアをMX Jエディションを除く全車に標準装備。ブラインドコーナーモニターといった安全装備も全車にオプションで設定していた。

トヨタ アルファード 衝突安全ボディGOA|人気車購入ガイド トヨタ アルファード MZ Gエディション 本革シート|人気車購入ガイド トヨタ アルファード パワーバックドア|人気車購入ガイド トヨタ アルファード V MS|人気車購入ガイド
↑衝突安全ボディGOAを採用。ピラーなどの内装材には衝撃を吸収するリブを搭載するなど、高い安全性を誇る ↑最上級パッケージのMZ Gエディションには、柔らかな本革シートを採用。よりプレステージ性を高めている ↑スイッチやリモコンで自動開閉できるパワーバックドア。MZ Gエディションに標準、MZにオプションで装備する ↑エアロモデルは17インチタイヤなども装備。より存在感を高めている
2003年(H15年)7月:モデル追加&特別仕様車
革新的な環境性能をもつハイブリッドシステム搭載

新登場のハイブリッドは、2.4Lエンジン、フロントモーター、スーパーCVTで構成されたハイブリッドシステムTHS-Cを搭載。さらに、リアモーターで後輪を駆動する電気式4輪駆動システムE-Fourなどを組み合わせ、画期的な低燃費と低排出ガスを実現している。また、MSとASをベースとしたプレミアムも登場。専用シート&トリム表皮などの装備が奢られていた。

トヨタ アルファード THS-C|人気車購入ガイド トヨタ アルファード ハイブリッド
↑THS-Cの搭載により、2tクラスの4WD車ながらH22年燃費基準の約2倍となる17.2km/Lの低燃費を実現している ↑バンパーやヘッドランプはハイブリッド専用。ボディ同色の横基調グリルを採用するなど、質感が向上している
2004年(H16年)1月:特別仕様車
内外装に特別装備を施しさらなる高級感を演出

プレミアムアルカンターラは、ASとMSがベース。シート表皮にアルカンターラ+スエード調生地を採用するなど、プレミアム感が高められたモデルだ。

トヨタ アルファード AS ←ハイグロス塗装の専用アルミホイールや、トップシェード付きウインドシールドガラスなどの特別装備も採用
2004年(H16年)6月:特別仕様車
仏語で「宝物」を意味する「トレゾア」を冠したモデル

AXとMXに、パワースライドドアなどLエディションの装備を与えたトレゾアアルカンターラバージョンが登場。本革巻きステアリングなども採用された。

トヨタ アルファード トレゾアアルカンターラバージョン|人気車購入ガイド ←シート表皮には、アルカンターラ+スエード調生地を採用。トリムは専用生地+木目調パネルがあしらわれた
2005年(H17年)4月:マイナーチェンジ
内外装変更と装備追加エンジン改良などを実施

GとVはグリルやバンパー、リアコンビランプなどのデザインが変更された。また、2.4Lエンジンの排ガスをよりクリーン化。さらに、3Lエンジン車のトランスミッションが5AT化され、高速走行時の低燃費と静粛性が向上している。このほか、夜間のワインディングロード走行時で視認性を高めるインテリジェントAFSも設定された。
ハイブリッドはグリルとヘッドランプの形状を変更。さらに、車両左側の確認をサポートするサイドモニターを新設し、左折時の内輪差による障害物との接触リスクを抑えている。

トヨタ アルファード G/V  インパネ|人気車購入ガイド トヨタ アルファード 2.4Lエンジン|人気車購入ガイド トヨタ アルファード 3.0G MZ 外観|人気車購入ガイド
↑G/V の内装は、メーターのデザインや木目調パネルのカラー変更などを実施。より質感の高い印象となっている ↑環境性能を高めた2.4Lエンジンは、H22年度燃費基準+5%を達成。グリーン税制による減税措置対象車となった ↑グリルやバンパー形状のほか、ヘッドランプなども変更。より押し出し感の強いエクステリアとなっている
2005年(H17年)9月:特別仕様車
シート表皮の変更などで質感と使い勝手を向上

リミテッドはMSとASがベース。アルカンターラシートやデュアルパワースライドドア、バックドアイージークローザーなどが奢られていた。

トヨタ アルファード HDDナビ|人気車購入ガイド ←リミテッドの装備に2画面同時表示が可能なHDDナビをプラスした、リミテッドデュアルAVNスペシャルも登場
2006年(H18年)8月:一部改良&特別仕様車
環境性能の向上と利便性の高い特別仕様車

ハイブリッドの排出ガスをクリーン化。また、同年8月にはVのASとMSにアルカンターラシートなどを装備したプラチナセレクションも登場している。

トヨタ アルファード プラチナセレクション|人気車購入ガイド ←特別装備として、デュアルパワースライドドアやパワーバックドアなども搭載したプラチナセレクション
2007年(H19年)6月:一部改良&特別仕様車
3Lエンジン搭載車は環境性能をさらに向上

3Lエンジンの排出ガスをクリーン化。また、GのASとMSをベースにバックドアイージークローザーなどを採用したプライムセレクションIIも登場した。

トヨタ アルファード プライムセレクションII インパネ|人気車購入ガイド ←プライムセレクションIIは、本革巻き+木目調ステアリングや木目調エアコン吹き出し口といった装備も採用する
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027