新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スバル インプレッサ【モデル変遷編】 / navi

クルマニュース

スバル インプレッサ【モデル変遷編】 / navi

(2008/05/30)

一部改良やマイナーチェンジを重ねて品質を向上
フラッグシップであるSTiシリーズも加え名実と共にスバルの顔に

<img src="http://d2i6c6y1xqgf7t.cloudfront.net/media/buyersguide/35_main.jpg" width="640" height="480" border="0" alt="スバル インプレッサ|人気中古車完全カタログ" />
2000年(H12年)8月:デビュー
スポーティなセダンとコンパクトなワゴンを用意

「速く、楽しく、安全に」との考え方をベースに開発された2代目が登場。ボディタイプはスポーツワゴンと、WRXと呼ばれるセダンの2種類が設定された。エンジンは2L DOHCのNAとターボで、ワゴンには1.5L SOHCも用意。全車5MTと4ATが設定されており、2Lの4ATはステアリングスイッチでもシフトチェンジ可能なスポーツシフト付きとなっていた。駆動方式は基本的に4WDだが、1.5LのみFFも用意されている。

スバル インプレッサ バケットシート|人気中古車完全カタログ スバル インプレッサ エアバッグ|人気中古車完全カタログ
↑ターボモデルとなるワゴンの20KとWRXのNBには、ホールド性が高いバケットシートが標準装備されている ↑前席エアバッグは標準。サイドエアバッグは、リア中央席3点式シートベルトとセットでオプション設定された
2000年(H12年)10月:グレード追加
フラッグシップモデルSTiシリーズが登場

追加となったSTiは、2Lターボエンジン&高剛性6MTを搭載したハイスペックモデル。ピストン冠面の形状変更で強度や剛性を高めるなど、STi専用として新たに設計されたエンジンを搭載している。組み合わされたトランスミッションは、新開発となる6MT。操作系の剛性を高め、優れた操作感と確実なシフトチェンジを実現している。足回りには高剛性の倒立サスペンションや、ブレンボ製ブレーキシステムなどを搭載。なお、駆動方式は4WDのみの設定となる。

スバル インプレッサ STi インパネ|人気中古車完全カタログ スバル インプレッサ WRX STi|人気中古車完全カタログ
↑ブラック基調のメーターパネルを搭載。夜間点灯するSTiロゴやメタル調塗装により、レーシーな印象となった ↑冷却性能を高める大型エアインテークを採用。スポークタイプのアルミホイールは、WRX STi専用デザインだ
2001年(H13年)9月:一部改良
フロントフェイスの変更と走行性能の向上を実施

ボディタイプによって異なるグリルを採用。また、2Lターボの4AT車に緻密な変速コントロールが可能な制御システムを搭載するなどの変更も行われた。

スバル インプレッサ WRX|人気車購入ガイド ←WRXには、彫りの深い開口部とメッシュグリルが組み合わされた。オーナメントは全車スバルエンブレムに変更
2002年(H14年)11月:マイナーチェンジ
外観を大幅に変更して従来のイメージを一新

バンパーやヘッドランプなど、フロント回りを中心にデザインが変更された。また、セダンからWRXの呼び名が外れ、セダン、ワゴンともターボ車をWRXという名称に変更。NA車は15i、20Sなど排気量を数字で表す名称となったほか、ワゴンのSTiモデルは廃止されている。さらに、WRX STi系はエンジンを改良。最大トルクを40.2kg-mまで引き上げたほか、ツインスクロールターボを採用するなど、優れた動力性能を実現している。

スバル インプレッサ WRX STi インパネ|人気車購入ガイド スバル インプレッサ フロントグリル|人気車購入ガイド スバル インプレッサスポーツワゴン|人気車購入ガイド
↑WRX STi系は赤色LED使用のメーターを搭載。内装色はWRカーを彷彿させるブルーを採用した ↑グリルはNA車とターボ車で異なるデザインに。NA車にはバータイプが採用され、カジュアルな印象を強調する ↑ボリューム感のあるフロントフードが印象的。大型ヘッドライトが精悍なイメージを醸し出す
2003年(H15年)9月:一部改良
装備内容の変更と新グレードの追加

ワゴンの15i-Sと20Sに、フォグランプ一体型バンパーとメッシュグリルを採用。15i-Sには濃色ガラスなどが追加された。

スバル インプレッサ 15i|人気車購入ガイド ←セダンには使い勝手を重視した、15iを追加。専用5ナンバーボディやオートエアコンなどが採用されていた
2004年(H16年)6月:一部改良
よりスポーティに生まれ変わったSTi

STi は高剛性フロントハブユニットを追加するなど、シャーシ性能を向上。さらに、旋回性能の向上や軽量化も図られた。

スバル インプレッサ 15i 専用シート|人気車購入ガイド ←セダン&ワゴンに2トーン専用シートなどを搭載したカジュアルな15iリミテッドを追加
2005年(H17年)6月:マイナーチェンジ
外装の大幅変更に加えSTiの性能をよりアップ

グリルやヘッドライト、フロントバンパーのデザインを変更。また、グレード整理が実施され、セダンは1.5i、WRX、WRX STiシリーズ、ワゴンは1.5i、1.5i-S、WRXに大別された。このほか、STiシリーズの性能が向上。エ ンジンの最大トルクを43kg-mにまで引き上げたほか、6MTに改良を図り、シフトフィーリングも向上している。

スバル インプレッサスポーツワゴン 1.5i内装|人気中古車完全カタログ スバル インプレッサスポーツワゴン|人気中古車完全カタログ
↑ワゴンの1.5iは、内装色に新しくベージュカラーが設定された ↑グリルは航空機の翼がモチーフ。フードにはグリルから伸びるキャラクターラインが入り、立体感が与えられた
2006年(H18年)6月:一部改良
軽快で扱いやすい1.5Lをラインナップ

セダンとワゴンに新グレード、1.5Lを追加。エンジンは新開発で、扱いやすく実用燃費に優れた1.5L DOHC を搭載している。また、WRX STIスペックCを除く全車に、落ち着いた色合いの新色、アーバングレーメタリックを採用。さらに、ワゴンの1.5i、1.5R、WRXには上質な輝きをもつガーネットレッドパールが新設定となった。このほか、WRX STI はフロントピラーとアッパーフレームを繋ぐ補剛材が追加されるなどの変更も実施。

スバル インプレッサ WRX STi リアトルセンLSD|人気中古車完全カタログ スバル インプレッサ 1.5L|人気中古車完全カタログ
↑WRX STI には優れた応答性に加え、扱いやすさと高いスポーツドライブ性能を両立したリアトルセンLSDを採用 ↑1.5Lはマフラーカッターや、UVカットガラスなどを標準装備。内装では本革巻きステアリングなどが奢られた
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
【Car as Art !】メルセデス・ベンツ GLE 450 4MATIC Sports(2020/08/26)
【試乗】新型 三菱 eKクロススペース|外観とは裏腹な、しなやかな乗り心地に好感(2020/08/20)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
2
up
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)
3
down
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
4
up
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
5
down
【試乗】マツダ MAZDA3ファストバックとミニ ミニ ジョン・クーパー・ワークス|和洋ハッチバックに乗って感じた、対極に思えるモデルでも共通点があるのだと(2020/08/11)
6
down
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
7
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる(2020/05/30)
8
up
【試乗】新型 日産 ルークス|競合スーパートールワゴンより確実に高い「質」を用意した1台(2020/08/17)
9
up
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
10
down
【Car as Art !】メルセデス・ベンツ GLE 450 4MATIC Sports(2020/08/26)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027