新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ プリウス【モデル変遷編】 / navi

クルマニュース

トヨタ プリウス【モデル変遷編】 / navi

(2008/06/13)

一部改良やマイナーチェンジを通してより環境にやさしい車に
平成19年4月には生誕10周年を記念して特別仕様車が発売された

<img src="http://d2i6c6y1xqgf7t.cloudfront.net/media/buyersguide/36_main.jpg" width="640" height="480" border="0" alt="トヨタ プリウス|人気中古車完全カタログ" />
2003年(H15年)9月:デビュー
先駆モデルにふさわしい数々のITS装備を搭載

2代目プリウスは「ハイブリッド新時代の先駆け」として登場。出力が大幅に向上したハイブリッドシステムTHS IIを搭載している。グレードは大別すると、スタンダードなSと本革巻きステアリングなどの上級装備を搭載したGの2種類。どちらにも、専用チューンドサスなどを装備したツーリングセレクションが用意されている。インテリジェントパーキングアシストなど、世界初の先進装備を多数満載したのも特徴。モーターのみで走行できるEVドライブモードのほか、S-VSCなども装備する。このS-VSCは、パワステと協調し、操舵トルクアシスト量を制御するもの。オーバーステア時に横滑りを抑制する方向へハンドル操作をしやすくするなど、VSC機能がさらに進化したシステムだ。

トヨタ プリウス インテリジェントパーキングアシスト|人気中古車完全カタログ トヨタ プリウス 空気抵抗|人気中古車完全カタログ トヨタ プリウス 室内空間|人気中古車完全カタログ トヨタ プリウス ツーリングセレクション|人気中古車完全カタログ
↑ステアリングの操舵を支援し、設定した位置まで容易に駐車できるインテリジェントパーキングアシスト機能 ↑前方からの風の流れを下向きに変えるなどで、空気抵抗を低減。走行性能の向上と、低燃費化に大きく貢献する ↑5ドアスタイルにより、室内空間が拡大。前後席ヒップポイント間950mmを実現し、後席の快適性が向上した ↑16インチアルミホイールやフロントフォグランプも標準装備のツーリングセレクション
2004年(H16年)8月:特別仕様車
内外装の質感を高める上級装備を多数採用

ツーリングセレクションをベースとしたプレミアムが登場。インテリジェントパーキングアシストや、ディスチャージヘッドランプなどが奢られていた。

トヨタ プリウス シート|人気車購入ガイド ←アルカンターラシートやダークブラウン×グレーの内装色などは、すべてプレミアム専用の装備
2005年(H17年)11月:マイナーチェンジ
内外装の変更に加えて装備の追加などを実施

グリルやヘッドランプ、リアコンビランプのデザインを変更。内装では、インパネとドアトリムの質感や、メーターの視認性が向上した。また、ボディ各部の補強による剛性向上や、サスチューニングの最適化などにより、操縦性や走行安定性、乗り心地が向上。さらに、Sに間欠リアワイパーなどの装備を省略したスタンダードパッケージが、Gに本革シートなどを搭載したツーリングセレクションレザーパッケージが追加されている。

トヨタ プリウス 本革シート|人気車購入ガイド トヨタ プリウスHDDナビ|人気車購入ガイド トヨタ プリウス フロントスタイル|人気車購入ガイド
↑レザーパッケージの本革シート。なお、GとGツーリングセレクションはアルカンターラシートに変更された ↑新採用のG-BOOK ALPHA 対応HDDナビはレザーパッケージに標準、スタンダードパッケージ以外にオプションで用意 ↑グリルにはメッキパーツを、フロントフェンダーには「HYBRID」エンブレムを追加
2007年(H19年)1月:一部改良
触媒の改良などで環境性能をさらに向上

パーキングブレーキの戻し忘れ警告ブザーを追加設定。また、国土交通省が新たに告示したH17年基準排出ガス75%低減レベルの認定も取得している。

トヨタ プリウス エンジン|人気車購入ガイド ←エンジン制御コンピュータの改良に加え、直下の触媒の性能を向上させるなどで、排出ガス浄化性能をアップ
2007年(H19年)4月:特別仕様車
プリウス生誕10周年を記念して生まれた一台

Sベースの10thアニバーサリーエディションが登場。人気のスマートエントリー&スタートシステムに加え、オリジナルキーボックスなどが採用された。

トヨタ プリウス 10thアニバーサリーエディション インパネ|人気中古車完全カタログ トヨタ プリウス 10thアニバーサリーエディション|人気中古車完全カタログ
↑本革巻きステアリングやインテリジェントパーキングアシスト、HDDナビなども特別装備として採用されている ↑ディスチャージヘッドランプは特別装備。写真は特別設定のライトパープリッシュブルーマイカメタリックだ
2007年(H19年)8月:一部改良
低燃費性能を裏づける新燃費目標基準をクリア

新燃費基準JC08モード走行燃費の認可を取得。同モードで29.6km/L(10・15モード燃費35.5km/L)を実現し、2015年度燃費基準をいち早く達成した。

トヨタ プリウス フロントスタイル|人気車購入ガイド ←1km走行あたりのCO2排出量換算は、JC08モード走行で78g/kmを実現。なお、内外装は特に変更されていない
先代モデルはこんな車!!
トヨタ プリウス(初代)

1.5Lガソリンエンジンと発電機&モーターを搭載し、世界初の量産ハイブリッドカーとして登場。デビュー時は標準車とナビパッケージのみのシンプルなグレード構成だった。H12年にはマイナーチェンジを実施。

トヨタ プリウス 初代モデル|人気車購入ガイド ←初代モデルは4ドアセダンタイプで、短いボンネットが特徴。写真はブラックのバンパーモールが印象的な前期型
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
7
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
8
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027