新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ ハリアー / navi

クルマニュース

トヨタ ハリアー / navi

(2008/07/23)

走行性能にさらなる磨きをかけた
プレミアムSUVのヒットモデル

文:安藤 眞、ユニットクワトロ
トヨタ ハリアー|人気中古車完全カタログ
トヨタ ハリアー

に狙いを定める3つの理由

メタル調パーツを多用し
高級感を演出したインテリア
新設計のプラットフォームや
パーツを一新した足回りが
もたらす高い操縦安定性
流通量が豊富で初期のモデルなら
220万円台から購入可能
CONCEPT
乗用車のコンポーネントを利用し、高い操縦安定性と快適な乗り心地を実現
SUVの市場形成に重要な役割を果たしたハリアー。SUVはピックアップトラックのシャーシにワゴンボディを架装した車が起源で、操縦性能や乗り心地を求めるには限界があった。しかしハリアーは乗用車のコンポーネントを利用し、優れた操縦性能や乗り心地を獲得。品質も上級セダン並みにアップした。
MECHANISM
最上級グレードには電子制御エアサスペンションを標準装備
エンジンは2.4Lの直4と3LのV6の2種類でスタート。駆動方式はFFと4WDがあり、いずれも同じグレードに用意。4WDは機械式センターデフをもつフルタイム方式で、2.4Lはビスカスカップリング式LSD。最上級グレードのAIRSには、車高調整機能付き電子制御エアサスペンションが標準装備されている。
EXTERIOR & INTERIOR
力強さを感じさせる外観と、プレステージ性の高い内装
ハリアーのデザインモチーフは猛禽類。眼光鋭い印象のフロントコンビネーションランプや、塊感のある全体のフォルムは、獲物に襲いかかるハヤブサを思わせるもの。一方、インテリアは質感・装備とも高水準。上級グレードは電動パワーシートが標準装備、オプションで本革シートも用意される。
DRIVING IMPRESSION
走行性能の高さ、軽快さ、パワフル感…。それぞれ異なる持ち味
ゆったりとした動きと快適な乗り心地、優れた静粛性が持ち味。2.4L車は登坂道でややパワー不足を感じるため、軽量のFFモデルを選ぶのも一案。3.5Lは非常にパワフルだが、低回転域ではマイルドな印象のため、扱いづらさは感じられない。3Lモデルはパワフルながら過剰感がなく、バランス的には最良だ。
H15年 2月/デビュー 2種類のエンジンに4ATと5ATの組み合わせ
  • トヨタ ハリアー インテリア|人気中古車完全カタログ
AIRSとパッケージモデルの後席は、4:2:4分割可倒式。中央席のみフォールドダウンさせれば、長尺物の積載も容易だ
2代目ハリアーは、高級セダンを超えるハンドリング性能と先進の安全性を目指したモデルだ。グレードは大別すると、2.4L直4エンジンの240Gと、3LのV6エンジンを搭載した300G、AIRSの3種。全車FFと4WDがあり、AIRS以外には充実装備のLパッケージなども用意された。トランスミッションは2.4Lが4AT、3Lが5AT。安全性の面では、運転席ニーエアバッグを全車標準としたほか、AIRSには衝突被害を軽減するプリクラッシュセーフティシステムがオプションで設定されていた。
H16年 1月/一部改良&特別仕様車 装備内容の見直しと特別仕様車を販売開始
  • トヨタ ハリアー アルカンターラシート|人気中古車完全カタログ
特別仕様車のアルカンターラバージョンは、シートとドアトリム表皮にアルカンターラを採用。専用車検証入れも同素材で作られていた
オプション設定のDVDボイスナビ付きEMV(エレクトロマルチビジョン)がG-BOOK対応モデルに変更された。同時に、240Gと300Gをベースとした特別仕様車、アルカンターラバージョンが登場。音声ガイダンス機能付きカラーバックガイドモニターやパワーバックドア、本革巻き+木目調ステアリングなどが採用されていた。また、同年7月にはインテリジェントAFSをパッケージモデルに標準としたほか、プレミアムLパッケージにパワーバックドアを設定するなど、装備内容の変更も実施。
H17年 3月/グレード追加 動力性能と環境性能を両立したハイブリッド車
  • トヨタ ハリアー 走り|人気中古車完全カタログ
開口部の大きなバンパーは、両サイドに張り出した形状。グリルは横バーを基調とするなど、外装はハイブリッド専用だ
新設定のハイブリッドは、3.3LのV6エンジンと高性能モーターで構成されたハイブリッドシステム、THS IIを搭載。リアモーターで後輪を駆動する電気式4WDシステム、E-Fourとの組み合わせにより、圧倒的な動力性能を与えられたモデルだ。さらに、車両が限界挙動に至る前にエンジンやブレーキなどをバランス良く制御するVDIMも採用し、高い操縦性と走行安定性を実現している。このほか、最高出力211psを発生しながら、10・15モードで17.8km/Lという低燃費を達成したのもトピックだ。
H18年 1月/一部改良 装備を追加したことで安全性と利便性をさらに向上
  • トヨタ ハリアー エンジン|人気中古車完全カタログ
新搭載となる3.5Lエンジンは、高い動力性能と低燃費を両立。最高出力280ps、最大トルク35.3kg-mを発生する
3LのV6エンジンが廃止され、新たに3.5LのV6を搭載。これにより、グレード名も300Gから350Gに変更されている。また、350GのFF車にはVSC&TRCを標準で装備。さらに、全車にオートレベリング機構付きディスチャージヘッドランプを標準装備としたほか、HDDナビをオプション設定するなど、より充実した装備内容となった。
このほか、同年7月にはハイブリッドを一部改良。両側フロントドアにハイブリッドエンブレムの追加や、HDDナビの設定といった変更が行われている。
H19年 1月/一部改良 外観の質感を向上してより魅力的なスタイルに
  • トヨタ ハリアー AIRS エクステリア|人気中古車完全カタログ
  • トヨタ ハリアー ハイブリッド エクステリア|人気中古車完全カタログ
左/AIRSには、新デザインの18インチアルミホイールも採用。よりエレガントかつスポーティな印象となっている 右/ハイブリッドはグリルやホイールのほか、シルバーメタリックのボディ色を色調が明るく、質感の高いものに変更
ハリアーのグリルがスッキリとしたデザインに変更。さらに、ドアアウトサイドハンドルにメッキ処理が施されている。なお、同年8月には、このメッキハンドルはハイブリッドにも採用となった。
H20年 1月/特別仕様車 シックなインテリアと使い勝手の良い装備を採用
  • トヨタ ハリアー エクステリア|人気中古車完全カタログ
240G&350Gベース車は、パワーバックドアやスーパークロームメタリックの18インチアルミホイールなども特別装備
240Gと350G、そしてハイブリッドの各Lパッケージをベースとした、アルカンターラプライムバージョンが登場。本革+アルカンターラの専用コンビシートのほか、ドアトリムには合成皮革を採用し、より高品質な内装を実現している。さらに、アルカンターラ仕様の専用車検証入れやHDDナビ+音声ガイダンス機能付きカラーバックガイドモニター、LEDハイマウントストップランプ付きカラードリアスポイラーも採用。このほか、特別色としてライトブルーマイカメタリックが設定されている。
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
【試乗】ポルシェ 911 カレラ4S|高出力&ラグジュアリーに進む911に安定感をもたらす存在(2020/10/02)
【試乗】新型メルセデス・ベンツ GLA|コンパクトSUVの2代目はよりスタイリッシュに、より高機能に進化(2020/09/30)
【Car as Art !】BMW M550i xDrive Ultimate Edition(2020/09/25)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027