新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 ノート【購入アドバイス&ライバル車比較編】 / navi

クルマニュース

日産 ノート【購入アドバイス&ライバル車比較編】 / navi

(2009/01/14)

車名の“ノート”には「毎日をリズミカルに過ごせる車」という思いが込められた

  • 日産 ノート フロントスタイル|人気中古車完全カタログ
  • 日産 ノート リアスタイル|人気中古車完全カタログ
  • 日産 ノート インパネ|人気中古車完全カタログ
OVERVIEWモデル概要
子供にお金のかかる世代でも買いやすい価格設定に
エンジンを1機種に絞り(後に2機種を追加)、シートアレンジも簡素化してコストダウンを実現。子供にお金のかかる世代でも買いやすい価格とする一方で、ベビーカーの積みやすさや小物の収納しやすさなどにも配慮している。車名の“ノート”には“雑記帳”と同時に“音符”の意味もあり、「毎日をリズミカルに過ごせる車」という思いが込められた。
GRADE VARIATIONSグレードバリエーション
グレード名 トランスミッション ひと言解説
15S/15S FOUR CVT/4AT 前期モデルのベースグレード。人気装備を追加したVパッケージも設定された
15E/15E FOUR CVT/4AT 前期モデルの中間グレード。4WDは後輪をモーターで駆動するe-4WDとなる
15RX CVT 前・後期通じて設定されているスポーティさと上質感を両立した最上級グレード
15X /15X FOUR CVT/4AT 後期モデルのベースグレード。装備を簡略化したFパッケージもある
15G/15G FOUR CVT/4AT Xに撥水加工シートなど快適装備を充実させた中間グレード。後期から設定
15RS CVT 後期から設定されたスポーティグレード。14インチタイヤを標準装備。Uカー流通量は少ない
16X/16RZ 5MT 2008年10月に追加されたスポーティグレード。16RZはユーロサスペンションを採用
BUYER’S GUIDE購入アドバイス
購入時のチェックポイント
前オーナーの使い方を想像して
下見や試乗を行おう
幅広い層に好まれる車で、小さな子供を乗せていたり、運転に慣れていないオーナーに使われていた可能性がある。下見の際には、食べこぼしなどで内装が汚れていないか、ホイールを擦っていないかといった点に注目しよう。リコール情報として発表されているのは、CVTの不具合。対象車両の場合は、整備手帳で対策品と交換されているかをチェックしておけば安心。
狙い目グレード
HDDナビ搭載モデルが見つかりやすいのは
2008年式
マイナーチェンジとなる2008年を境に、中古車相場は大きく上昇する。予算を抑えたい人は、2007年式以前で探したい。特に、デビュー時とほぼ同等の相場である2006年式がオススメだ。グレードは流通量が最も豊富な15S Vパッケージが探しやすい。予算に限りがないというなら、低走行距離車が数多く揃う2008年式を。なかでもオススメは、15XプラスナビHDD。
RIVAL MODELSライバル中古車徹底研究
日産ノートのライバル3モデルをピックアップ。
旧型イストやフィットコルトプラスの現行型など使い勝手に優れたコンパクトカーが揃い踏みだ。
1.トヨタ イスト(旧型)
TOYOTA ist
2.ホンダ フィット(現行型)
HONDA FIT
3.三菱 コルトプラス(現行型)
MITSUBISHI COLT PLUS
トヨタ ist エクステリア|人気中古車完全カタログ ホンダ フィット エクステリア|人気中古車完全カタログ 三菱 コルトプラス エクステリア|人気中古車完全カタログ
トヨタ ist インテリア|人気中古車完全カタログ ホンダ フィット インテリア|人気中古車完全カタログ 三菱 コルトプラス インテリア|人気中古車完全カタログ
SUVライクな外観デザインと
モダンで上質な内装が人気
初代ヴィッツのプラットフォームを流用した5ドアハッチバック。塊感のある外観に、センターメーターやアルミ調パネルを採用した内装が特徴だ。エンジンは1.5Lと1.3Lで、ともに直4DOHC。全車4ATのみの設定で、1.5L車には4WDも用意されている。
広大な室内空間と
クラストップレベルの燃費を誇る
独自のセンタータンクレイアウトを採用し、広大な室内空間を与えられたフィットの2代目。Aピラーを前方に配置した前傾姿勢が、室内の広さや爽快さをイメージづけている。エンジンは新開発の直4SOHCで、24km/Lの好燃費を誇る1.3Lと120psを発生する1.5Lの2機を用意。
ユーティリティ性の高さが光る
コンパクトなステーションワゴン
三菱の主力コンパクトカー、コルトをベースとしたモデル。リアオーバーハングを約300mm延長し、ラゲージスペースを拡大して使い勝手を向上している。エンジンは1.5Lのみの設定で、ターボ搭載モデルも用意(2008年10月の一部改良時に廃止)。
狙い目グレード
1.3F Lエディション
中古車相場が高めの1.5L車よりも
充実装備が安く手に入る1.3L車を

特にパワフルさを求めるのでなければ1.3L車で十分。なかでも1.3F Lエディションは、2005年5月のマイチェンでキーを取り出さずに施錠&解錠ができるスマートドアロックリモコンを標準採用するなど、装備が充実している。後期型は全体の2割未満と少ないが、探す価値は大。
狙い目グレード
G Fパッケージ
人気を裏づける豊富な流通量!
しかし選択肢はそれほど広くない

登場から1年3カ月しかたっていないにもかかわらず、流通量は豊富。1.3Lのベーシックグレード、Gがその約7割を占めるため、他グレードは少々探しにくそうだ。Fパッケージは、電動格納式ドアミラーやセキュリティアラームなどがセットになっていて買い得感が高い。
狙い目グレード
1.5M
流通量が際立って少ないだけに
探すのには根気が必要そう

1.5Mは2005年11月から加わり、2005年11月以降はベリーに名称変更したグレード。どちらも全体的に物件数が少ない中では比較的探しやすい。特に1.5Mベースの特別仕様車、リラックスエディションはオートエアコンなど装備が充実している。
文:安藤 眞、ユニットクワトロ
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる(2020/05/30)
【試乗】新型 アルピーヌ A110S │腕自慢に乗ってほしい! 本場アルプスで鍛えられた、超ストイックなリアルスポーツカー(2020/05/22)
【試乗】新型 BMW X7|500km以上の道のりでも駆けぬける歓びが絶えず湧き上がるラグジュアリーSUV(2020/05/18)
【試乗】ポルシェ パナメーラスポーツツーリスモ GTS│ワゴンながらその名に恥じない運動性能の高さがたまらない(2020/05/14)
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
3
keep
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
4
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる(2020/05/30)
6
keep
【試乗】新型トヨタ グランエース│後席が快適なことはもちろんドライバーにも気を利かせたモデル(2020/04/12)
7
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
8
down
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
up
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)
10
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027