新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 キューブ(旧型)【概要&変遷編】 / navi

クルマニュース

日産 キューブ(旧型)【概要&変遷編】 / navi

(2009/02/04)

リビングのような室内空間を実現したコンパクトハイトワゴンの先駆モデル

OVERVIEWモデル概要
キュービックボディに広大な室内空間をもつ人気モデル
コンパクトカーのハイトワゴン市場に一番乗りして大人気となったのが、初代キューブ。その後を継いで、2002年10月に登場。コンセプトは「マジカルボックス」で、想像力次第で自由に使える不思議な箱という意味が込められている。極端なキュービックボディと、それが生み出す広い室内空間が大きな特徴だった。
MECHANISMメカニズム
2種類のエンジンと、3種類のトランスミッションを用意
3代目マーチと同じく、日産/ルノーグループのBプラットフォームを採用。搭載エンジンは1.4Lの直4DOHCの1機種でスタートし、2005年5月に1.5Lの新エンジンが追加。トランスミッションは4ATとCVTの2本立てで、基本は1.4Lが4AT、1.5LがCVTだが、前期モデルには1.4L+6速マニュアルモード付きCVTという組み合わせもあった。駆動方式はFFを基本として、電気モーターで後輪を駆動するe-4WDも設定されている。
EXTERIOR & INTERIOR内外装
左右で異なるリアデザインが個性的! 利便性の高さも魅力
キューブ(立方体)という名前通り角張ったフォルムで存在感は満点。犬の豆芝やベルギーワッフルをモチーフにするなど、ディテールまで遊び心に富む。リア回りは左右非対称デザインで、左側にクォーターウインドウを設けて斜め後方視界を確保する一方、右側はパネルで覆い、内側にジャケットなどを掛けられるスペースが設けられている。また、室内には収納スペースが22カ所(前期型)も用意され、さらにシートがフルフラットになるなど、利便性も美点だ。
DRIVING IMPRESSIONドライブフィール
視認性の高さと取り回しやすさで、運転のしやすさは◎
外観からイメージするより乗り心地は硬質で、シャキッとした印象。これは背の高いボディのロールを抑え、安心して走らせるためのセッティングだ。1.4L、1.5Lともに低速トルクを生かして走る設定で、設計年度の新しさもあり、1.5Lのほうが排気量の差以上のアドバンテージを感じる。10・15モード燃費も1.5Lのほうが上回っている。四角いボディは車両感覚が把握しやすく、最小回転半径も4.4mと軽自動車並みで初心者ドライバーにも好適だ。
2002年 10月/デビュー 装備の充実した順に、EX、SX、BXという3グレードを設定
日産 キューブ ライダー|人気中古車完全カタログ
SXをベースとした特別仕様車、ライダーも登場。バンパーやグリルなどを専用デザインとしたほか、本革巻きステアリングや15インチ光輝アルミロードホイールなどが採用されていた
1.4L直4DOHCエンジン搭載の2代目キューブが登場した。駆動方式はFFが基本だが、SXとEXには4WDも設定。ミッションは4ATが中心で、SXとEXのFF車には6速マニュアルモード付きCVTも用意されていた。
2003年 5月/特別仕様車 日産の創立70周年を記念して生まれたアニバーサリーモデル
日産 キューブ 除菌機能付きプラズマクラスターイオンエアコン|人気中古車完全カタログ
同年10月には、70周年記念第2弾となる70th−IIも登場。上記の装備に加え、除菌機能付きプラズマクラスターイオンエアコンや専用フルカラーフロントバンパーなどが採用されていた
SXをベースとした70thが登場。従来はオプションとなるオートライトシステムやフロントフォグランプなどが、特別装備として奢られていた。
2005年 5月/マイナーチェンジ&特別仕様車 エンジンの追加と内外装のデザイン変更を実施
日産 キューブ フロントスタイル|人気中古車完全カタログ
ヘッドランプやフロントバンパーなどのデザインが変更され、グレードごとに異なる顔つきとなった。写真はスポーティグレードのRS
1.5Lエンジンが追加され、ミッションは6速MTモードの付いていないCVTに統一。グレードも見直され、1.4Lには14Sと14RS、1.5Lには15Mと15RXが設定された。
2006年 12月/マイナーチェンジ より充実した装備をもつ最上級グレード、15Eが登場
日産 キューブ フロントスタイル|人気中古車完全カタログ
RSとRXを除く全車のヘッドランプとグリルは、デザイン変更よってより親しみやすい顔つきとなった。また、全車のリアコンビランプはLED方式に変更されている
4WDの設定が14Sのみとなったほか、本革巻きステアリングなどを装備する15Eを新たに追加。また、1.5L車は全車のエンジン+CVTの効率を高めたことで燃費が向上し、H22年度燃費基準+20%を達成している。
2007年 6月/特別仕様車 フロントフォグランプなどの特別装備を採用した2モデル
日産 キューブ HDDナビ|人気中古車完全カタログ
カガヤキエディションと同時に登場したプラスナビHDDには、専用のHDDナビや本革巻きステアリングなどを装備。ナビはタッチパネル式で、30GBの大容量HDDが搭載されている
バイキセノンヘッドランプなどを搭載したカガヤキエディションが登場。ベースは14Sと15Mで、CD一体AM/FMラジオなども奢られていた。
2008年 2月/特別仕様車 日本の四季をモチーフとした特別仕様車、アートルーム
日産 キューブ インテリア|人気中古車完全カタログ
アートルームには、ドアトリムクロスに春夏秋冬をイメージさせる4枚の異なった柄を採用。ホワイトグレーの専用本革シートを組み合わせ、よりプレミアムなインテリアを実現
アートルームは15Mがベース。同年5月には、14Sと15Mに本革巻きステアリングなどをもつ期間限定車、プラスナビHDD SPも登場している。
SPECIFICATIONS代表グレードスペック
  2002年10月(デビュー時) 2005年5月(MC時)
グレード EX SX 14S 15M
駆動方式 FF【4WD】 FF【4WD】 FF FF
トランスミッション CVT/4AT【4AT】 CVT/4AT【4AT】 4AT CVT
全長×全幅×全高mm 3730×1670×1640【1650】 3730×1670×1640【1650】 3730×1670×1640 3730×1670×1640
ホイールベースmm 2430 2430 2430 2430
車両重量kg 1080/1070【1140】 1070/1060【1130】 1070 1100
乗車定員人 5 5 5 5
エンジン種類 直4DOHC 直4DOHC 直4DOHC 直4DOHC
総排気量cc 1386 1386 1386 1498
最高出力
kW(ps)rpm
72(98)
[71(97)]/5600
72(98)
[71(97)]/5600
72(98)/5600 80(109)/6000
最大トルク
N・m(kg-m)/rpm
137(14.0)
[136(13.9)]/3200
137(14.0)
[136(13.9)]/3200
137(14.0)/3200 148(15.1)/4400
10・15モード燃費km/L 17.2/16.4【15.8】 17.2/16.4【15.8】 16.4 18.0
文:安藤 眞、ユニットクワトロ
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027