新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 キューブ (旧型)【購入アドバイス&ライバル車比較編】 / navi

クルマニュース

日産 キューブ (旧型)【購入アドバイス&ライバル車比較編】 / navi

(2009/02/10)

スクエアなフォルムで一世を風靡した2代目キューブ

  • 日産 キューブ フロントスタイル|人気中古車完全カタログ
  • 日産 キューブ リアスタイル|人気中古車完全カタログ
  • 日産 キューブ インパネ|人気中古車完全カタログ
OVERVIEWモデル概要
“癒し”を求める時代の雰囲気を巧みに取り入れた
開発のキーワードは「マイルーム」。“癒し”を求める時代の雰囲気を巧みに取り入れ、他車と比較したり性能を誇ったりするのではなく、自分の部屋の延長のようにリラックスできることを狙いとしている。220mmのスライド量をもつリアシートを最後端にセットすれば、リビングのような広さが満喫可能。その“闘わないコンセプト”が性別や世代を問わずに幅広い層から支持され、人気商品となった。
GRADE VARIATIONSグレードバリエーション
グレード名 トランスミッション ひと言解説
BX 4AT 前期モデルに設定の廉価グレード。4WD車も6速マニュアルモード付きCVTも唯一、設定されていない
SX CVT/4AT 前期モデルのベーシックグレード。UVカット断熱ガラスやインテリジェントキーはオプションで用意されている
EX CVT/4AT 前期モデルの最上級グレード。UVカット機能付きプライバシーガラスやインテリジェントキーを標準装備する
14S 4AT 中〜後期に設定された、1.4L車の下位グレード。この4WDモデル、14S FOURも同時期に併売されている
14RS 4AT 中〜後期に設定された、1.4L車の上位グレード。同時に登場した14RS FOURは中期のみの設定だ
15M CVT 中〜後期に設定された、1.5L車の中堅グレード。オートライトシステムや本革巻きステアリングなどはオプション
15E CVT 後期より登場した最上級グレード。本革巻きステアリングや撥水加工のシルキースエードシートを唯一、装備する
BUYER’S GUIDE購入アドバイス
購入時のチェックポイント
内外装はもちろん、実際にエンジンを
かけてのチェックも必須
ユーザー層はさまざま。なかにはメンテナンスに配慮されずに雑な扱いを受けていた物件もあるので、外装なら擦りキズ、内装ならシートやラゲージのヤレ具合をしっかり確認しよう。可能なら試乗を、無理でもせめてエンジンをかけて異音のチェックなどを行いたい。リコール情報では、2005年5月から11月に生産された車両のCVTの不具合。対象車両は要注意だ。
狙い目グレード
低走行距離の良質なUカーが
数多く揃う2008年式
キューブの相場は、年式が高まるにつれて徐々にアップするタイプ。予算に限りがあるなら2005年以前の前期型が狙い目。特にSXは流通量が多く、どの年式も探しやすい。予算を気にしないなら、2008年式がオススメ。フルモデルチェンジにより流通が活性化しており、走行距離の少ない物件が多数集まっている。なお、中期型は流通量が少なく、14S以外は探しにくそう。
RIVAL MODELSライバル中古車徹底研究
日産キューブのライバル3モデルをピックアップ。
旧型bBやモビリオスパイクコルトなどユーティリティ性に優れたハッチバックが揃い踏みだ。
1.トヨタ bB(旧型)
TOYOTA bB
2.ホンダ モビリオスパイク
(絶版)
HONDA MOBILIO SPIKE
3.三菱 コルト(現行型)
MITSUBISHI COLT
トヨタ bB エクステリア|人気中古車完全カタログ ホンダ モビリオスパイク エクステリア|人気中古車完全カタログ 三菱 コルト エクステリア|人気中古車完全カタログ
トヨタ bB インテリア|人気中古車完全カタログ ホンダ モビリオスパイク インテリア|人気中古車完全カタログ 三菱 コルト インテリア|人気中古車完全カタログ
「未知の可能性」を秘めた
やんちゃなコンパクトハッチ
初代ヴィッツのプラットフォームを流用した5人乗りハッチバックで、未知の可能性を秘めた箱「ブラックボックス」が車名の由来。エンジンは1.3Lと1.5Lの直4DOHCで、トランスミッションは全車コラム式4AT。駆動方式はFFを基本としており、1.5Lには4WDも設定されている。
フィット、モビリオに続く
スモールマックスシリーズ3弾
ベースとなったモビリオと同じセンタータンクレイアウトを採用し、低床かつ広い室内空間を実現している。エンジンは1.5Lの直4SOHCで、全車CVTを搭載。最大の特徴は広大なラゲージスペースで、2名乗車時で1045Lとクラストップレベルの大容量を確保している。
3種類のエンジンを用意した
ラインナップ豊富なコンパクト
ワンモーションフォルムが特徴で、立体駐車場に収まる全高ながら、シート位置を高めとして乗降性を向上。1.3Lと1.5Lの直4DOHC+CVTでスタートしたが、2004年10月に1.5Lターボ+スポーツモード付きCVT車が追加。駆動方式はFFが中心で、一部に4WDも用意する。
狙い目グレード
1.5Z Xバージョン
エアロパーツやフォグランプなどの
充実装備がうれしい最上級グレード

2003年4月以降の後期型でもUカー相場は70万〜130万円程度で、キューブの後期型とほぼ同じ。経年によるデメリットも考慮すれば、後期型に狙いを絞りたいところだ。なかでも1.5Z Xバージョンは、流通量が豊富な上に本革巻きステアリングなどを装備していて満足度が高い。
狙い目グレード
1.5 Wタイプ
利便性の高さを重視するなら
前期型の最上級グレードが◎!

2005年12月以降の後期型は、相場が110万〜150万円と割と高め。前期型なら50万〜130万円と低めな上に、左側パワースライドドアを全車標準とした点も好印象だ。特にオススメはWタイプ。流通量は決して多くないが、右側イージードアクローザーを採用した点は見逃せない。
狙い目グレード
1.3 エレガンス
流通量が豊富な1.3Lなら
選択肢も広くて探しやすい

ターボモデルのラリーアート系が相場を120万円以上に引き上げているが、実は他グレードの相場は100万円以下がほとんど。2004年10月以降の後期型でも、費用はキューブより低く抑えられそうだ。ナビ搭載の特別仕様車も数多く登場しているので、こちらを狙うのもオススメ。
文:安藤 眞、ユニットクワトロ
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデスAMG GT 4ドアクーペ│スポーツカーのパフォーマンスと快適な移動空間を共存させた走り(2019/10/15)
【試乗】新型 アウディ RS4アバント│単なる移動時間を、最高のひとときへと変えてくれるモデルだ(2019/10/14)
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
【試乗】新型 シトロエン C3エアクロスSUV/C5エアクロスSUV│守り抜く哲学を体現する車(2019/10/06)
【新型】BMW Z4|BMWのオープンスポーツが約2年ぶりに復活(2019/09/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027