新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ パッソ(現行型)【購入アドバイス&ライバル車比較編】 / navi

クルマニュース

トヨタ パッソ(現行型)【購入アドバイス&ライバル車比較編】 / navi

(2009/02/25)

ユニバーサルデザインにこだわって開発されたパッソ

  • トヨタ パッソ フロントスタイル|人気中古車完全カタログ
  • トヨタ パッソ リアスタイル|人気中古車完全カタログ
  • トヨタ パッソ インパネ|人気中古車完全カタログ
OVERVIEWモデル概要
女性全般がターゲットユーザー
ターゲットユーザーは女性全般で、“ユニバーサルデザイン(体格や身体能力にかかわらず、誰でも使いやすいこと)”にこだわって開発。一方、男性向けにスポーティな内外装を与えたレーシーというグレードが、2004年12月に追加されている。なお、開発はダイハツと共同で行われており、ダイハツ ブーンとは双子車という関係だ。
GRADE VARIATIONSグレードバリエーション
グレード名 トランスミッション ひと言解説
1.0X 4AT デビュー当時からあるベーシックグレード。FF車にはV/Fパッケージが用意されている。4WD車の設定もあり
1.0G 4AT デビュー当時からある1L車の上級グレード。駆動方式は4WDのみとなる。全体的に流通量はかなり少ない
1.3G 4AT デビュー当時からある最上級グレード。FF車のみの設定で、パッケージモデルはFのみとなる
1.3レーシー 4AT 2004年12月より追加されたスポーティグレード。エアロパーツや専用チューニングサスなどを装備する
1.0レーシー 4AT 2006年12月より設定された、1Lのスポーティグレード。流通量はかなり少なく、探すのは難しそうだ
BUYER’S GUIDE購入アドバイス
購入時のチェックポイント
足として使われていた物件は
内外装の隅々までチェック!
酷使されていた物件は多くはないが、日常的に使われる中でついた細かなキズなどには十分注意しよう。小さな子供を乗せていたことも想定し、シートの隙間などにゴミが溜まっていないかもチェック。 2004年5月~2006年5月に生産された4WD車の一部は後輪の車速センサー取り付け部に不具合があるので、該当車両は整備手帳で対策が行われているか確認しよう。
狙い目グレード
Fパッケージの充実装備なら
前期型でも十分満足
流通量が豊富な1.0Xは、どの年式でも比較的容易に見つかる。しかし、収納スペースがかなり省かれるので、どうせならキーフリーシステムを装備するFパッケージを狙おう。2006年12月以前の前期型はジュニアシートを装備するので、ファミリィ層にもオススメ。後期になるとFパッケージの流通量はかなり減るが、装備類は充実していて満足度は高い。
RIVAL MODELSライバル中古車徹底研究
トヨタ パッソのライバル3モデルをピックアップ。
旧型ヴィッツ、現行のマーチムーヴなど使い勝手の良いコンパクト&軽自動車が揃い踏みだ。
1.トヨタ ヴィッツ(旧型)
TOYOTA VITZ
2.日産 マーチ(現行型)
NISSAN MARCH
3.ダイハツ ムーヴ/
ムーヴカスタム(現行型)
DAIHATSU MOVE/
MOVE CUSTOM
トヨタ ヴィッツ エクステリア|人気中古車完全カタログ 日産 マーチ エクステリア|人気中古車完全カタログ ダイハツ ムーブ/ムーブカスタム エクステリア|人気中古車完全カタログ
トヨタ ヴィッツ インテリア|人気中古車完全カタログ 日産 マーチ インテリア|人気中古車完全カタログ ダイハツ ムーブ/ムーブカスタム インテリア|人気中古車完全カタログ
新時代コンパクトカーブームを
牽引した先駆車モデル
基本コンポーネントをすべて新設計とした世界戦略モデル。デビュー時は1L直4に4ATもしくは5MTの組み合わせのみだったが、1999年8月に1.3L直4、2000年10月に1.5L直4を追加。2002年12月のマイチェンでは、新開発1.3L直4+CVTが投入された。
オリジナリティあふれる外観と
豊富なラインナップが特徴的
3代目を数え、プラットフォームなどはルノー ルーテシアと共用。エンジンはすべて直4DOHCで、1L、1.2L、1.4Lの3機種でデビュー。後に1Lは廃止されたが、2005年8月のマイチェンで1.5Lが投入され、CVTも追加。1.5Lに搭載された。
躍動感あふれるフォルムと
広々とした居住空間を完備
先代からの「ビッグキャビン&コンパクトノーズ」を継承しながら、流麗なシルエットに生まれ変わった4代目モデル。新開発のエンジンは、直3DOHCのNAとターボの2種類で、NAには5MT、4AT、CVTが、ターボには4ATとCVTが用意されていた。
狙い目グレード
1.3U Lパッケージ
新開発1.3Lエンジン+CVTで
優れた燃費性能を実現した一台

2002年12月以降の後期型は40万~110万円と、パッソとほぼ同じ中古車相場。流通量は減るが、経年劣化も考慮すれば2003年式以降が正解。特に、新設計の1.3Lエンジンを搭載したUは、10・15モードで23.5km/Lと低燃費。Lパッケージなら流通量も比較的多くて選びやすい。
狙い目グレード
12S
装備が奢られた特別仕様車を
数多く揃えた量販グレード

12Sは、2005年8月以降の中期より登場したグレード。流通量が多く探しやすいのはもちろん、ナビ搭載のプラスナビHDDや消臭天井などをもつ25thハピネスなど、充実装備の特別仕様車も豊富で買い得感が高い。中古車相場も50万~120万円と、パッソに近い価格帯となる。
狙い目グレード
660カスタムXリミテッド
キーフリーシステムなどを
標準で装備したCVT搭載モデル

全体の半数以上を占めるカスタム系は、スポーティな内外装が魅力。カスタムXが最も豊富だが、どうせなら次いで多いカスタムXリミテッドを狙いたい。NA+CVTによる低燃費は見逃せないポイントだ。2007年式なら100万円以下でも探せるので、予算オーバーの心配もない。
文:安藤 眞、ユニットクワトロ
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
down
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
keep
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
keep
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027